2009 年 12 月 13 日

Ceui ワンマンフリーライブ「~今歩き出す君へ~」レポート



montaが最も注力させていただいているアーティストの1人であるCeui(セイ)さんのファーストワンマンライブが先日12月12日にありました。
オフィシャルサイトのタイトル案内では「~僕のセイ(声)あなたのセイ(声)聞かせて下さい!~」になっていましたが、そちらは配布されたアンケートのタイトルだったみたいです。

会場はラゾーナ川崎内にあるナムコワンダーパーク ヒーローズベースです。

入場料は無料

『え、ホントに無料でいいの?オタをわざわざ富士山麓なんていう絶景だけど超僻地に集める鬼畜ランティスが?』
と思いましたがここは有り難く享受させていただきましょう。

会場の規模としてはナムコのゲームセンター内の一角にある小規模なものでしたが、観客の数は椅子席が約60席強(全部埋まる)、立ち見客が約30名の計100名近い人数が居たと思います。つまり会場規模からすれば満員御礼状態なわけです。14時半(開演30分前)には全席埋まってましたし。

ランティスさんにはCDの売り上げ枚数からライブに来る人数が判るノウハウでもあるのでしょうか?w
入場料無料で事前登録も必要なしなので、そんなノウハウが無ければこんなピンポイントな規模の会場を選べませんよね。
ちなみに男女比は9.5:0.5ぐらいです><; Ceuiさんの美声、儚げで端麗な容姿とは真逆に会場は猛者共でむさ苦しいわけです><;
タイアップ作品が野郎向けタイトルばかりなので仕方ないのかなぁ……。シモツキンだと6:4ぐらいにまでなるのですが。
もっと色々な人に知ってもらいたい逸材ですよ。ランティスは大事に育てるべきだと思います!

セットリスト

1:brilliant world (テイルズオブジアビス イメージアルバムより)
2:Frozen Tear (1stアルバム Glassy Heavenより)
3:光と闇と時の果て (ムント様ED)
4:espacio (そらかけ後期ED)
5:あの空に (新曲)
6:mellow melody (sola ED)

全部込みで30分ぐらいでした。
montaにとってCeuiさんの曲は捨て曲なしの全て当たり曲ですので、どの曲が来ようと何ら問題はなかったのですが、このセトリは特に神。

スローテンポなバラードにCeuiさんの優しい歌声を乗せ幻想的な世界へと誘う「brilliant world」、「光と闇と時の果て」
作曲家:小高光太郎のインストの良さが凝縮しているアップテンポな「Frozen Tear」、「espacio 」
作詞家としてのCeuiの新たな一面が見られる「あの空に」(2006年に亡くなられた父へと宛てた歌だそうです。詞の情景が浮かんで来てこっちまで涙もろくなるから止めてください><;)
そしてsolaのEDが印象的過ぎてひたすら頭の中に夕焼け雲が広がる「mellow melody」 綺麗過ぎて寂しさすら感じてしまう曲です。

で、どの曲ももちろん口パクではなく生歌なのですが、予想以上に生声が良いんですよ。
途中、緊張で声が震えていた部分や、新曲で1カ所歌詞の間違えはありましたが、全体で言えば、キーの高い部分も安定して出せていてライブでも全く問題ないということが改めてわかりました。(7月のTLP Vol.6の時点で認識済み)

あと、会場のナムコさんがポスター作成&展示、バックのスクリーンで流れるPV映像作成(歌詞も込みで)などかなり頑張っていてくれたようです。
ナムコGJ!
ジアビズのイメージソングでしか接点はないのに(それもコンシューマ部門)、この力の入れ具合!
絶対、内部に個人的なCeuiファンがいるとしか思えませんw

最後にこれ重要

  『Ceuiさんが可愛すぎて直視できない……。』

いや、綺麗すぎると言った方が適切ですか。
天は二物を与えずがホントかどうかは別として、声が抜群に良いファンタジー系のボーカリストで顔、容姿までパーフェクトな人ってそうそう居ないんですよ。
「空を見上げる少女の瞳に映る世界」ってちゃんと全部間違えずに言うだけでも可愛い。
これは反則過ぎます><;
(Ceuiさんの)blogでいつも応援しているファンを気遣ったりなど、とてもファン思いなのも好感度大です。


ライブの途中で案内が。
「これから物販で何かご購入されたお客さまは、もれなくCeui直筆のサインと、Ceuiと握手とCeuiと並んでのツーショット撮影ができます」

monta:(なんだ、ただの神イベントだったのか)

書いていただいたサインはこれです。Sクラスの扱いでコレクションルームに所蔵予定です。

『ろ、ローマ字小文字でmontaでお願いします』と言って書いてもらいましたよ(゚∀゚)
単純なハンドルネームで良かったです。
『「†殺戮の堕テン使モンタニャール†」でお願いします、あ、両端に十字架を忘れないように。天使のてんはカタカナで!』とかなら死んでました。

写真は係の人にケータイやらデジカメを渡して撮ってもらう仕様です。
オタばっかりなのにカメラがケータイだけの人って結構多いんですね。
デジカメ持って行って良かったです。

あぁ、こんなにも幸せな気分になれたのは初めてです(*´д`*)

詳しい写真はCeuiさんご自身のblog「Ceui’s Diary:Ceuiワンマンライブ!!!!!」をご覧ください。

monta@siteはCeuiさんを応援しています☆


せっかく川崎に来たのでラゾーナ川崎を中心にLX3の評価撮影。

※注意:一部を除き1984×1116ピクセル(1/2倍)


フヒヒヒ、高層ビルと夕闇フェチでスミマセンw
この時間に手持ちかつISO100でぶれずに撮れるなんて!
端が流れることもないです。
恐ろしいレンズを持ったカメラです。>>LX3
16:9で撮れるので壁紙を探す or 作る手間も省けますね。


Filed under: Picture,リアルレポート,日記 — monta @ 17:10

3 Comments »

  1. おかえりなさい。
    ライヴは楽しく堪能できた模様で良かったですね。
    直筆サインと握手と写真撮影とは羨ましいです。
    私もゴトゥーザ様の直筆サインだけでも欲しいですよ。
    川崎は私の担当・・・いえいえ、何でも。(^^;

    Comment by 3番シューター — 2009 年 12 月 14 日 @ 01:28

  2. カメラはあまり詳しくないですが、すごい綺麗な写真ですね!
    暗いのに全然ノイズがないや。

    てかtwitterのグアム行ってくる!は冗談だと思ってたw

    Comment by zabuton — 2009 年 12 月 14 日 @ 16:52

  3. >>3番シューターさん

    メール見ました。
    というわけで今度飲み会しましょう。何日目かはまた後で(笑)

    >>zabutonさん

    LX3は明るいレンズを持ってて、さらにノイズリダクション処理も優秀ですからね。
    ちょっとシャープさに欠けるのがトレードオフですが。
    グアム行ったのは本当ですw ちょっと自分探しの旅に( ´∀`)

    Comment by monta — 2009 年 12 月 16 日 @ 07:31

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。