2012 年 5 月 31 日

CECH-ZKB1JPは何故回収されないのか



昨年6月30日に

BTキーボード:「CECH-ZKB1JP」(SONY) レビュー

というレビュー記事を書きました。
CECH-ZKB1JPはBluetooth接続のコンパクトキーボードで、スティックポインタもあり、さらにデザインもカッコ良いとあって期待値が高かった製品ですが実際に発売されたものは散々なデキでした。
特に『キーの取りこぼしが頻繁にあり、まともにタイピングができない』という大問題があったため、常用にとても耐えられる代物ではありません。montaも常用は諦めて押入れ行きにするほどです。

当然、他の購入者達の評価も最悪で、



kakaku.com、coneco、amazonもしょっぱい星の数となっております。
これだけ多くの人がキーの取りこぼしを指摘しているのなら、もう「個体差レベルの話」ではなく、「製品設計レベルの話」だということが半ば確定したようなものです。要は欠陥品ということですね。

このように発売当初は核地雷という印象しかないCECH-ZKB1JPでしたが、実は昨年8~9月ぐらいから「キーの取りこぼしが改善されたモデルが出回っている(交換してもらえる)」という情報が密かに流れ始めました。
しかし、SCEの公式サイトにもサポートセンターにも一切交換告知が出ていません。
普通に考えて全品回収(トータルリコール)が妥当な対応です。
monta的には「仮にキーの取りこぼしが直っても、キータッチが合わないので常用で使う気はない」状況でしたので、せっかくだからSCEから交換告知が出るまで待ってみることにしました。誠意ある対応ができる企業なら不良品の交換を告知するはずですしね^^

~月日は流れ2012年5月末~

発売から11ヶ月経過しましたが、未だにSCEのサイトには交換告知がありません。
これは結局「だんまりを決め込む」という姿勢ですね。
さすがにこのまま交換しないと保証期間が過ぎてしまうので、SCEのサポートセンターにメールをしました。
経過は次の通りです。

■2012-05-23:montaからメール

■2012-05-23:SCEからメール
 このたびは、ワイヤレスキーボードが正常にご利用いただけず、
 ご不便をおかけし申し訳ございません。

 お知らせいただいた症状につきまして、恐れ入りますが
 ペアリングの際、取扱説明書に記載の方法でおこなって
 いただいているか、念のためにご確認ください。

 ご確認いただいても改善しない場合、当社にて拝見
 させていただきたいと思います。お手数ですが、下記
 プレイステーションクリニックへご送付ください。
 *送料は着払いで結構です。
 *1週間から10日ほどでお返しできる予定です。

■2012-05-24:montaからクロネコ着払いで発送

■2012-05-25:PSクリニック(岩手県)に到着

■2012-05-26:PSクリニックから交換品を発送

■2012-05-27:monta宅に到着

同梱されていた紙には、

『お預かりした「ワイヤレスキーボード」を検証いたしました結果、当社で明確に不具合と判断できる症状は確認できませんでしたが、弊社にて動作確認済の製品を提供させていただきます。こちらでお試しください。』

と書かれておりました。
なるほど、これだけ交換の手際が良すぎるのに(検証をしたとは思えない速さ)、不具合ではないと言いますか。

返ってきた箱を見ると、バーコードの近くに白い●シールが貼られていました。事前情報通り、修正ロットの印ですね。
初期ロットのシリアルナンバーが送られてきたら、問答無用で修正ロットと交換しているようにしか見えませんね。
未だにSCEの姿勢には疑問符が付きますが、CECH-ZKB1JPの初期ロットをお持ちの方はお早めに交換されることをオススメします。

あ、

保証期間が伸びました。やったね!montan!

なお、小型で安価なBluetoothキーボードなら、

2000円以下で買えるNintendo Wireless Keyboardをオススメします。
当blogでも取り上げています。


PS Vitaで公式アニメなど「ニコニコチャンネル」視聴可能に -AV Watch


なんという神アプリ……。


これでVITAの有機ELを使って手軽にアニメが見られるわけですよ!
孤独飯も良いですが、BGV的にアニメが流れていてもステキだと思います。

このサイトは今期最高のOPはZETMANしか有り得ないと思っているmontaがお送りしております。


Filed under: 入力デバイスマニアックス,日記 — monta @ 23:51

2012 年 5 月 27 日

雑記120527_supage



『SUPER GAMESONG LIVE 2012』に行って参りましたよ。

こんばんは、予想外に高まったmontaです。

当初は参加タイトルを見て、

「ゲームソングと言いつつラインナップには美少女ゲームしかないわけだけど、これでゲーソン全体の顔をしちゃっていいの?」と疑問に思っていました。
ボーカルに拘っているゲームはコンシューマに一杯あるじゃないですか。ペルソナとか塊魂とかニーアとかガストゲーとかドリームクラブとか、その辺りをフィーチャーしないのは如何なものかと。
.hackとサクラ大戦が無かったら『B.G.M Festival』との差別化ができませんよね。

……と言った小難しいコダワリはどうでも良いとして、個人的にはCeuiさんが、

8分半もある「Travelling August」(オーガスト10周年記念メドレー)を歌ってくださったので100点です。
ゆいにゃんが間違いなくEternal Destinyを歌うと予想されていたので、数十秒被っているTravelling Augustは歌わないんじゃないかなと思ってました。普通にユースティアのAsphodelusを歌うものかとw

他にはLieN(三谷朋世)さんの生歌が初めて聴けたのが収穫でした。.hackの「やさしい両手」が大好きなので、座って聴き入っていましたよ。(※今日歌ったのはアレンジ版のDeepest Memoriesです)

あとは全体的にセットリストの順番が練られていたのが良かったですね。
同じメーカーの曲同士をまとめるのはもちろん、サイリウムの色まで合わせてくるのには感心しました。(例:彩音「Lunatic Tears…」→ミンゴス「シャングリラ」 共に赤)
選曲も第一回目ということで皆が知っている曲ばかりでしたので、そりゃ盛り上がりますよね。(逆に言えば二回目以降は曲のタマがないのですが)

アニサマの前哨戦としてはコレ以上ない良いライブでした。
もっとも、本家のアニサマはもはや

「スーパー声優ソングライブ」と言っても過言ではない事態になっていますけどね……(涙)

このサイトは二階最前列で高まっていたmontaがお送りしております。


Filed under: 日記 — monta @ 03:27

2012 年 5 月 24 日

hontoに百合姫



天下の大日本印刷様がはじめたブックストア「honto」にてコミック百合姫が105円で配信されていたので購入してみました。

こんばんは、電子書籍は二次元ドリームノベルズのPDFしか買ったことがないmontaです。

なんで今さら6ヶ月も前の2012年1月号が配信されるのか頭を抱える所存ですが、キャンペーン価格で安いので許しましょう。
逆に言うとキャンペーン価格ではない正規価格で6ヶ月前の雑誌を配信したところで、どれほど需要があるのか分かりませんね。
さすがに2クール以上も前だと、例えば誌面に「ゆるゆり第二期いよいよ放送開始!」と書かれていてもリアルワールドでは放送終了している場合があるわけです。なんとかして欲しいものですね。
価格がお手頃であれば配信が6ヶ月遅れであっても、既に本誌を買った人がコレクション目的で再度電子書籍版を買うという現象が起きるかも知れません。


ダウンロードするにはhontoのアプリをインストールし、会員登録を済ませる必要があります。
※PCからでもブラウザ上で読めます。
なお、ダウンロード期間があるので注意してください。百合姫の場合、1年間のみダウンロードが有効です。
※1度ダウンロードして保存さえすれば1年後でも読めますが、端末を変えた場合にはその限りではありません。前世紀の仕様ですね。


表示はこんな感じです。
本誌冒頭のプレゼントキャンペーンページなど抜け落ちている部分があるのでご注意ください。
montaのGalaxy Nexusは4.7インチ有機ELディスプレイなので黒色や赤色の発色が非常によく映えてキレイです。(GNやVITAでゴスロリや調教系のCGを表示させると最高なのですが、それはまた別のお話)
また、GNはペンタイル配列とは言え擬似1280×720の解像度を持つので、文字を読むのにも苦になりませんでした。

というわけで百合姫がどんな雑誌か知りたい人や、105円が有り余っている人はダウンロードしてみることをオススメします。
※2012年1月号にゆるゆりは掲載されていないので注意してください。


Filed under: 日記 — monta @ 23:59

2012 年 5 月 19 日

雑記120519_チョコの消費が増えるな。


■最近買ったものを淡々と紹介

百合姫7月号となもりSPECIAL2でございます。
とらで2冊同時に買うとクリアファイルがもらえました☆

今回の表紙には隠し鬱要素がないのですが、

背表紙に、
「私、間違ってる…? みんなは、もっと間違ってるかもよ。」と書いてありました。
これってヒトラーの「私は間違っているが世間はもっと間違っている」のもじりじゃないですかね?
まぁ、このネタを深く掘り下げるとゲシュタポにマークされるので止めておきましょう。




「恋と選挙とチョコレート」の「チョコレートセット」です。
元は2010年にspriteから発売された成人男性向け恋愛ゲームですが、この度7月からアニメが放映されるようです。
メインキャスト陣を名前が違う人に丸ごと入れ替えてしまうなんで酷いことしますよね!

さて、何でmontaがこれを買ったかと言うと答えは以下にあります。

Ceuiオフィシャルブログ:恋チョコイベントの出演が決定しました!!

EDテーマを歌うCeuiさんが恋チョコ放映直前イベントに参加されると聞いたら、これはmontaも行くしかないでしょう。
(※montaは熱心はCeuiファン。SuperGameSongLiveもCeuiさんが出るから行く)

そしてそのイベントに参加するために必要なのが上に挙げた「チョコレートセット」に封入される応募ハガキなのです。
この応募ハガキとタオルとポストカードとチョコレートがセットになって2000円と大変お求めやすくなっております。

ちなみにチョコレートセットはキャラクターごとに全5種類存在しています。

montaは原作を未プレイでキャラの素性もよく知らなかったので、とりあえず普遍的な需要がありそうな森下未散(みちる)ちゃんを選んでおきました( ´∀`)
髪をセットするのに時間がかかりそうです。
それにしても何で皆さん臨海地域の駅の名前なんでしょう?ミラクルトレインなんですかね?w


チョコレートはもちろん本物です。
そろそろアニメイトの店頭で溶け始めそうなのでお早めに購入することをオススメしますw

このサイトは抱き枕カバーが欲しくなってきたmontaがお送りしております。


Filed under: 日記 — monta @ 21:48
1 / 3123