2008 年 2 月 29 日

会社説明会080229


今日は企業向けのIT系教育を請け負う某社の説明会に品川まで行ってきました。

こんにちは、montaです。

正直、教育関係は私が講師として教えるのはカンベンですが、その会社は教育以外にドキュメント類を書く仕事もあるというのでどんなものかと思いお邪魔した次第であります。
つまり、ここもテクニカルライティング関係です。(こっちは親会社がF)


で、説明によると「会社の利益の8割は教育関係(講師・コンサル)、ドキュメント関係の利益は微々たるものですよww そっち方面で期待して入ってきた人たちサーセンww」

といった感じでした\(^o^)/
いや、そっち方面の仕事が無いわけではないのですが、やはり利益を生まない事業部は社内でも冷遇されそうなのが心配で……

それはそうと、品川駅の東口って初めて行ったのですがインテリジェントビル萌え族のmontaには辛抱堪らないモノでした(*´д`*)


このサイトは深夜販売の列に並ばないmontaがお送りしております。


Filed under: 日記 — monta @ 23:59

2008 年 2 月 28 日

ソニーイヤホン(not カナル)の最高峰モデル『MDR-E888』



唐突ですが、MDR-E888を手に入れました。


こんにちは、montaです。


MDR-E888と言えばソニーが90年代から販売しているイヤホンのベストセラーモデルです。
定価は8400円。現在でもソニーの普通のイヤホンタイプの中では一番高いモデルとなっております。(カナル型だとさらに上が登場しています)

主な仕様
形式:オープンエア型ダイナミック
ドライバユニット:直径16mmドーム型
音響回路:S.A.T.T.C方式
最大入力:50mW
インピーダンス:16Ω(1kHz時)
音圧感度:108dB/mW
再生周波数:8~27000Hz


付属のケースが大きすぎて携帯には不向き。


最高機種といっても外見は特別凝ったものでもないです。

肝心の音質です。
真っ先に感じたのは「低域がイヤホンにしては豊富でヘッドホンみたいな音を出すなぁ……」ということです。
事前に「フラットな傾向」と聞いていたのですが、このE888をフラットとするならmontaがお気に入りのATH-CM700は極端なハイ寄りイヤホンということになりますね。
解像度が高いのは低音から高音まで共通。もっとボーカル(中音域)を聞きたい時に、にぎやかな低音が出張ってきて邪魔な感じですw

聞く曲のジャンルによって使い分けることにします。


入力デバイスの新製品(2008年3月1日) – Novint Technologies Falcon

≫3Dオブジェクトを触り、感触を体感することもできるユニークなゲーム用3D入力デバイス。

磁力による吸着や、ヤスリのザラザラ感、ゴムの弾力、果ては「ハチミツの中に腕を突っ込む感覚」まで体感可能。


(*´д`*)


このサイトはプレゼント選びが楽しくて仕方ないmontaがお送りしております。


Filed under: Audio & Visual,日記 — monta @ 23:59

2008 年 2 月 27 日

一次面接&説明会080227


今日の午前は志望度の高いテクニカルライティング系の会社の一次面接でした。


面接官4人に対してこちらは1人という構図は初です。
質問の意図を考えてコチラの意見は言えたと思うのですが、『会社が求める人材像』と合っているかは別問題なのですよね……。
面接官が物腰の落ち着いた40台以上の人ばかりでしたし、社風も静かに正確に業務を遂行する感じなのを考えると、いささか力み過ぎな解答をしてしまったように感じます。(こんなに力んでいるのは御社が第1志望なのだからですよ!)ということが伝わればいいのですが…。

「この会社に入ってやってみたいことは?」の問いに対して事前に2つも意見を用意していて熱く語ってしまったのをプラスとしてくれるか、マイナスとしてくれるかは社風次第。ちなみにグループディスカッションだと1人で長く語ってしまうとマイナスにされます。


午後は新宿まで移動して某電話会社の子会社の説明会にお邪魔しました。
子会社なので、某データ、某コミュニケーションズ、某東日本、某西日本、某携帯電話会社などと同親等の位置にありますねw
ただ、この会社は親の某電話会社の研究所と関わりが深く、研究所で開発された技術を商用に応用・転化させるのが主な業務としています。
社名がカッコイイですw

説明会は13時から16時ぐらいまででした。
驚いたのは相席(1つのテーブルに5人ぐらいが腰掛ける)の1人の態度がとてつもなく悪かったことです。
説明会が始まってもテーブルの上にペットボトルを出しっぱなし(大人数ならともかく50人に満たない説明会でそれは命取りでは?)、椅子にもたれかかって右肩をだらりと下げながら説明会を聞いたり、と思ったら机に肘を付いて顔を支えたり等、『いくら何でもフリーダムすぎる……』と思ってしまいました。
一瞬「彼は学生に見えて実は会社が用意したサクラで、彼を注意するともれなく加点!」みたいな裏イベントが進行中なのかと思い、他のテーブルを見たらどこも普通だったので違ったようです(´ー` )

でも実際はこういう人間が面接だと、やけに強くて受かってしまったりするから就活は判らない……(‘A`)

帰りにせっかくなので新宿とらのあなとソフマップに寄って面白そうな追いコン用プレゼントを買っておきました。

帰宅すると某専門出版社から『エントリシート通過のお知らせ』メールが!!
これには驚きましたよ!
専門雑誌、専門系のWebサイトばかりとは言え、仮にも超大手出版社。講談社、小学館、集英社には遠く及ばなくとも志望する人間の数はそこらの企業より遙かに多いことには変わり有りません!
無論その志望する人間の中には「自己PRのキャッチコピーならお任せ!」「自分、リア充なんで体験談には困りませんwww」等の文系の人が数多くいるはずなのにそれらを半分以上蹴散らして理系の私がエントリーシート通過できるなんて……(ノД`)

ESで書いたことと言えば、「貴社が以前発行されていた某キャラクターズ!は良い雑誌でした」「Webサイトの情報量が多すぎて激しく見にくい&読み込みに時間がかかるのでレイアウトを再考した方がいい」「読み手と広告主とのマッチングを考えて○○の記事を執筆する」
ぐらいでした。
恐らく最後の「マッチング」が決め手だったと思います。
「出版社に入れば自分の好きなことが書ける!!」と思っている人は大間違いです。紙の出版であろうとWeb出版であろうと「スポンサーが付かないとやっていけない」のですよ。
上手くスポンサーが付く記事を書けなければ話にならないのです。
これが現実です。

つまり、自由に好き勝手に書きたいのならこのblogを続ければ良いだけのことなのですよね…。わざわざ激務の編集・制作に行かなくとも良いわけで……。

web拍手マッチング
最近BabyPrincessの更新が待ち遠しくてしようが無いんですが病気なんでしょうか?

( ´ー`)ふぅ……


このサイトはその出版社の次の選考がグループディスカッションと聞いて「つまり周りはリア充ばかりですか! ><;」と怖じ気づくmontaがお送りしております。


Filed under: 日記 — monta @ 23:59

2008 年 2 月 26 日

WF08Wで持って帰ってきたモノ


さて、今回も残念なことに完成品ばかりです。

こんにちは、montaです。


いや、ガレキでも欲しいモノはあるのですけどね。でも自分で完成させることができないのでどうにも躊躇してしまいます。
たけ。氏が「塗ってあげても良くてよ?」と言っているのですがどうにも時間がかかりそうで申し訳ない。ご自身も積みガレキがあるとかないとか…w


リボルテック グレンラガン ワンフェス限定コアドリルクリアver.


ワンフェス&通販限定 こなたコスプレver. figma

どちらも可動フィギュアです。
個数限定なので買えるのは始発組がギリギリ。
montaはグレンラガン列に行っていたのでこなたは仲間内の人にお願いして買ってきてもらいました。
なるほど、ディーラーパスが高騰するわけだ……。



MG クロスボーンガンダム Ver.Ka 1500円
ウイングのアーリータイプver.kaも2200円ぐらいで売っていた気がします。アーリータイプは配色がにぎやかすぎて落ち着かない。


1/6スケールの長門バニー 3000円
さすがに1/6かつ直立姿勢なのでデカイですね(;´Д`)
ホントは部活の追いコン用のプレゼントにしようと思ったのですが、買ってから「あれ?長門って俺の許嫁なのだからプレゼントに出すなんてトンでもなくね?自分で大事に使うべきじゃね?」という天の囁きが聞こえてしまったのでプレゼントには回しません( ´∀`)


式神の城のニーギ・ゴージャスブルー 500円。
こんなキャラ知っている人の方が少ないだろ……。
ボーイッシュな感じがお気に入りなのです。


ちびママより「榊原ユキエ&奈波奈々」2700円 ちなみに定価は7800円
「これ、ロリ過ぎて強烈だなぁww」と思ったので追いコン用のプレゼントとして即採用となりました( ´∀`)


あ、ロリ分を中和するために熟女のみずほ先生もお付けすることにしました( ´ー`) ちなみにこれも会場で1000円で売っていたものです。俺が前にレビューしたものを流用しているわけではないのでご安心をw

これだけのフィギュアを宅急便に預けないで自分で持って帰るのですから、当然、

1人だけアフォみたいに荷物が大きかったですw
アソビットのデカイ袋を持参して正解でした( ´∀`) 持ってて良かった!アソビット!


これはymknが買っていたWSC販売枠の間崎祐介氏(桜前線)作のローゼンメイデンシリーズ。定価は1万3000円。
ヤフオクでいくらになっているかはご想像にお任せします。


このサイトはまだドールには手を出していないmontaがお送りしております。


Filed under: フィギュア,日記 — monta @ 23:59
1 / 812345...最後 »