2008 年 2 月 3 日

何故これほどの才能の持ち主が目立たないのか不思議でなりません


2月1日(金曜日)からとらのあなにて、

伊藤ベン氏のC73本『The Another Concept Art』が専売されるというので買ってきました。(買ったのは当日金曜です)


こんにちは、montaです。


montaが尊敬するイラストレーターの中でも伊藤ベン氏は特に別格です。
作品を見ていただければ凄さが判ると思います。


「萌え」も


「西洋ファンタジー風クリーチャーデザイン」も


「オッサン」も
何を描かせても上手いのです。実はここにさらにメカも加わったりしますw

その西洋風の画風にはタクティクスオウガやFFタクティクス、FF12キャラデザでお馴染みの吉田明彦(参考画像)の影響が見られます。(実際、ベイグラントストーリーのリスペクト本も出しています)、

ヴァルキリープロファイルのキャラデザである吉成鋼、吉成曜ご兄弟の画風の影響も垣間見られます。
(※吉成ご兄弟の本職はアニメーターです。大胆なレイアウト、魅せる動きには定評があります。吉成曜氏は最近ではグレンラガンで活躍していましたね)

これほど作風が多岐に渡り、さらに完成レベルも恐ろしくハイレベルだというのに、意外なことに商業でのお仕事はややマイナーなラノベの挿絵だけというのが解せません。勿体ないです。(「イリーガル・テクニカ」、「鋼鉄の白兎騎士団」ファンの皆さん、すみません。)

同人ではとらのあなで1人1部制限されるほど大手なのですが、今イチ話題に出にくいと思います。
これほどの実力があるのなら、もっとメジャーでも良いと思うのですが。

montaは伊藤ベン先生を応援しています。


あと、

ナルキッソス サイドストーリーも買いました(*´д`*)
以前にも紹介したと思いますが、ナルキッソスはステージ☆ななが無償で公開しているサウンドノベルです。
↑の本はその名のとおり、サイドストーリーです。


バルク品よりも安い容量500GBの外付けHDD

うへぇ……祖父とヨドバシ探してもう無かったから涙目で帰ったというのにまさかヤマダで売っていたとは……
そろそろ500GBのHDDを増設したいのですよ。
Vista SP1がリリースされたらVistaと一緒に買うことにしますね( ´∀`)


TiMidity++ windows synthesizer(TWSYNTH)

TiMidity++というのはサウンドブラスターのサウンドフォント(各楽器の音色が収録されたもの)を利用するソフトウェアMIDI音源です。
確か以前は単に鳴らすだけでも、初めに自分でサウンドフォントを用意してコンフィグファイルを書き換える必要があったので、ちょっと導入するのが面倒なソフトの代表格だった気がしたのですが、いつの間にか簡単にセットアップできるようになっていました。
Windowsなら「TiMidity-CVS070310_setup_JPN.exe」(21.2 MB)をダウンロードすればおkです。
たぶん、GM、GS、XG何でもそれっぽく鳴らせると思います。

『XP標準の「Microsoft GS Wavetable SW Synth」の薄っぺらい音が我慢できない!かといって、S-YXG50を用意するのも面倒だ。MidRadio Playerはプレイヤーが使いづらい!』なんて人は是非導入することをオススメします。

まぁ、今時、MIDIファイルをダウンロードすることもめっきり減りましたが……。


このサイトはTMIDI Playerで鍵盤を表示させるのが好きだったmontaがお送りしております。


Filed under: 日記 — monta @ 23:59