2010 年 5 月 29 日

雑記100529_SAL臨戦



明日はみのりん武道館ライブなのだよ!
ついに自作電池式UOを最大限に活躍させることができますね(*´д`*)ハァハァ

こんばんは、montaです。

ただし、前回SG-305で作成したものは全長26.5cmでランティスの「サイリウムは25cm以下までとする」規約に違反してしまいます><;

そ・こ・で、


SG-305より短いSG-309(全長8cm)を新たに注文しました。
これでハイパワーLEDライトが4本になりましたねw
やったね!montan!社会人パワーだね!




中の人こと藤田咲さんがナレーションをやっていたので。
しっかし、メガネ装備のミクさんカワユスなぁ…(;´Д`)



その他、届いたもの、もらったもの、買ってきたもの。


FF13 Original SoundTrack PLUS
FF9以来の「サントラ PLUS」です。
※「サントラ PLUS」:CDの収録時間の都合上OSTに入りきらなかった曲や初期プロモ曲や試作曲を詰め込んだアルバム。アレンジアルバムではないです。

前奏が長い「閃光」やアメリカ語verの「コクーンdeチョコボ」、ファングのテーマのプロトタイプである「M181 Shugeki2 Prototype」、ラスボス戦(生誕のレクイエム)のプロトタイプである「M106 Last Battle Prototype+」などが収録されています。
Shugeki2はFF10の「襲撃」と似たような構成の曲ということでShugeki2と名付けられたそうです。
Shugeki2 PrototypeもLast Battle Prototype+も本編で採用されたバージョンとは全く異なり、テンポの速いピアノが炸裂していて従来の浜渦氏らしい曲だと思うんですけどね。

ピアノと言えばFF13のピアコレも出るそうで、そちらの方が期待大です。



破のフィルム。
……これはミサト with ペンペン??
あまり嬉しくないサービスショットでございますね。


GX-R1X。
会社でいらないって言うからもらいました(゚∀゚)
実売5000円。調べたところによると一時期amazonにて2500円で売っていたみたいです。
ただ、いくらONKYOとは言え、出力が3W + 3Wでは心細い。
それに、使う使わないは別としてイヤホン出力端子が付いていないのもマイナス。



『もっと知りたい!オンナのコのひとりえっち』
『聖天使ユミエル エンドレスフィード』


オンナのコのひとりえっちは、今日のアキバblogの記事をアキバに居るときに偶然見て、ついつい学術的研究意欲に支配されてしまい、急いでメロンに走りました!
あ、これは男女の思考性、生理現象の違いを知るための学術参考書として買ったわけで、決してイヤらしい目的で買ったわけではないのでお間違えのないように( ´∀`)


ユミエルさんの方もイヤらしい目的で買ったのではなく、単に「白ぅ~凪ぃ」さんの絵が好きなので買いました。はい。
二次元ドリームノベルズ刊、黒井先生のユミエル(新装版)の挿絵を担当されていた白ぅ~凪ぃさんが、ご本人の手でコミカライズしたものです。
ゲーム版の方も、白ぅ~凪ぃさんが描いていれば売り上げが違っただろうに……。

なお、「白ぅ~凪ぃ」さんとファンタスティックな作風がステキな「白凪マサ」さんは全くの別人なのでご注意ください。

このサイトは休日のアキバで混んでいない飲食店を探すのが無理なmontaがお送りしております。


Filed under: 日記 — monta @ 21:20

2010 年 5 月 26 日

雑記100526_タワレコで天使ちゃん買ってきた



ポスターも天使ちゃんだったらあとプラス2枚は買っていたのにね!
尿漏れしやすいゆいにゃんでも可。

それにしてもタワレコ店員のお姉ちゃん、レジ前2番目に並んでいるmontaを見るなり速やかにバックヤードからポスターを持ってきたぞ……。
どんだけ訓練されているんですか><;


さて、巷で話題の破の配達状況はと言うと……

最新の配送状況: 堺市堺区 大阪府
お近くの配達店まで輸送中です


『お、大阪ァ!?』

さっすがamazon様ですね。
堺に新たな倉庫を作ったのは、西日本方面への効率的な物流を実現するため以外に、トラックを西から東へ無駄に走らせてトラフィックとCO2を増加させる狙いがあったのですね!

別にマイナージャンルの商品で市川に在庫がないものが堺から発送される分には全く構わないのですが、EVAのように大量出荷が判りきっている商品なら、初めから市川を埋め尽くすぐらいに入荷しておいてよという気持ちにもなりますよね。

発売日には届きそうなのが唯一の救いです。
皆さんはもう届きましたか?


Filed under: 日記 — monta @ 01:05

2010 年 5 月 23 日

TEAM Entertainment Live Act 2010 セットリスト



土日連続でお台場に行くなんてmontaも随分とリア充になったものです。
あ、リア充様はサイリウムなんて持っていませんでしたね(笑)


一部失念があるかも知れないセットリスト。[ ]内は出典

・片霧烈火 – 在りし世界の君×機械ヶ蝶の譚 [12:12:24]
・片霧烈火 – 悪意の穴を見た男 [キネマ・イン・ザ・ホール]

・真理恵 – Clover Heart’s [Clover Heart’s OP]
・真理恵 – Your Lips [キスと魔王と紅茶 OP]

・山本美禰子 – Falling, The Star Light [ロロナのアトリエ OP]
・山本美禰子 – Pilgrimage [トトリのアトリエ OP]

■yorlga メドレーステージ(みとせのりこ・弘田佳孝)
 ・珠ノ舟 ~ 桜散ル夜~ハナチルヤ~ ~ 夢ヲ買イマス ~ 異界の底に棲むモノは ~ 狐-キツネツキ-月
  (Thanks! よもぎさん)

■薄桜鬼ステージ
 ・吉岡亜衣加 – 十六夜涙 [アニメ版 OP]
 ・吉岡亜衣加 – 散らない花 [DS版 OP]
 ・mao – 君ノ記憶 [アニメ版 ED]
 ・吉岡亜衣加 – 想い出はそばに [PSP版 OP]
 ・吉岡亜衣加 – はらり [PS2版 OP]

・mao – S.Y.K [新説西遊記 OP2]
・mao – Dia [トトリのアトリエ ED]

・arcane(MANYO、Annabel、やなぎなぎ) – バルバロイ [西征のアストライア]
・arcane(MANYO、Annabel、やなぎなぎ) – 流れる空に [西征のアストライア]

・eufonius – この声が届いたら [canvas3 OP]
・eufonius – ディヴィニティ [メイプルストーリー テーマソング]

■アルトネリコ ヒュムノスコンサート ステージ
 ・霜月はるか – EXEC_ViiBaCi_MjiiRa/. [AT3]
 ・東川遥 – EXEC_Z/. [AT3]
 ・片霧烈火 – METHOD_HYMMELI/. [AT3]
 ・みとせのりこ – XaaaCi. [AT3]
 ・みとせのりこ – EXEC_SPHILIA/. [AT2]
 ・全員(リードボーカル:みとせのりこ) – EXEC_RIG=VEDA/. [AT1]

・Rita -ほんとにほしい魔法の呪文 [スズノネセブン! OP]
・Rita -mighty! [Signal Heart OP]

・茶太 – なないろの世界 [メイプルストーリー テーマソング]
・茶太 – Bravery~辿り着きたい君へ~ [グローランサーVI OP]

・JIMANG – That’s”IRONMAN SHOW” [Eros]
・JIMANG – ハレルヤ~Bang Bang Body Line~ [Eros]

・霜月はるか – 消えない欠片 [グリオットの眠り姫]
・霜月はるか – schwarzweiβ~霧の向こうに繋がる世界~ [イリスのアトリエ グランファンタズム OP]
・霜月はるか – 導きのハーモニー [導きのハーモニー]

例によって細かいレポートは他サイト様を廻ってくださいね。
montaの個人的などうでもいい感想

・席はほぼ満席。

・Zepp Tokyoなのに椅子が用意してあり全席指定なのが新鮮。
 2007年の時は5時間も立ちっぱなしで大不評でしたからね。
 盛り上がる曲では立ち、バラードは座って聴くことができ結果的にメリハリのあるライブだったと思います。
 
・花はハイクオソフト、イノグレ、milktub、エスクード、エスプリズム、サーカス、エレガ、ニトロプラス、バンナム、ガスト、クラフトスケープ、アニブロなど
 
・薄桜鬼ステージはオトコの子がほとんど座っているのに対して、女性の方々は逞しかったです。
 つか、薄桜鬼ってこんなに人気あるんですね。
 こりゃアイディアファクトリーがオトメイトブランドに力を入れるはずだわ……。
 
・ガストとアイディアファクトリーはゲーム内の映像を提供しまくり
 バックのスクリーンにトトリやロロナやアルトネリコや薄桜鬼の映像が!

・MANYOさんがイケメン

・菊地創さんもイケメン

・JIMANGはJIMANG。登場時も退場時も歓声が絶えない。一番人気でしたよw

・やなぎなぎさん(※別ハンドル:ガゼル、nagi 「君の知らない物語」で有名ですよね)をリアルで初めて拝見しましたが、可愛い過ぎてこれは卑怯だなぁとw

・キリセカの間奏でシモツキンがエグザイルのクネクネ動くウェーブだかダンスだかをやっていてワロスw

・導きのハーモニーの合唱はソロコンサートよりは改善できていました。
 みんな立っていたので歌いやすかったのでしょう。
 大団円な感じになり、アンコールさせない流れに無理矢理持って行けましたからね(苦笑)
 
・そろそろレーベルの垣根を超えた「本当の」ヒュムノスライブを見たいですね。
 

ではでは。


Filed under: リアルレポート,日記 — monta @ 23:59

2010 年 5 月 22 日

わふわふにされてやった。KSL2010



『KSL Live World 2010 ― way to the Kud-Wafter ―』の22日昼の部に参加してきましたよ。

こんにちは、montaです。

例によって詳細なレポートは他サイト様や、商業ニュースサイト様を廻ってくださいね。

とりあえずセットリストまとめ。(転載)

01.one’s future:鈴田美夜子
02.
  21  「猫と硝子と円い月」:民安ともえ
  22-昼「鈴の密かな恋の唄 -my style remix-」:民安ともえ
  22-夜「Mission:Love sniper」:民安ともえ
03.raison:すずきけいこ
04.Alicemagic -Rockstar Ver-:Rita
05.Little Busters! -Little Jumper Ver.-:Rita
06.メグメル:riya (21日:茶太)
07.オーバー:riya (21日:茶太)
08.影二つ -MintJam Ver-:茶太
09.Light Colors:Lia
10.
  21  「BirthdaySong,Requiem」:Lia
  22-昼「Hanabi」:Lia
  22-夜「Farewell song」:Lia
11.karma:Lia
12.Brave Song:多田葵
13.Thousand Enemies:LiSA
14.Crow Song:LiSA
15.Alchmy:LiSA
16.My Song:marina
17.Highest Life:麻枝 准
18.時を刻む唄:Lia
19.My Soul’ Your Beats!:Lia

-Encore-
20.鳥の詩:Lia
21.だんご大家族:茶太
22.one’s future:鈴田美夜子

・one’s futureは脳がトロけそうな曲で昨日までは好きではなかったのに、今ではクセになってます(*´д`*)ハァハァ

・raisonのイントロかっこよす。
 佳奈多のキャラソンで、原曲Will&Wishの作曲者の折戸さん曰く、
  「まにょさんが格好良くアレンジしてくださいました」とのこと。
 まにょさんはソララドでもシモツキンでもそうですがホント良い仕事をします。

・全鍵厨が夢にまで見た生riya(昨日21日の公演は欠席で茶太りんがカバー)
 eufoniusとしての参加で相方の菊池創さんも居ましたよ!
 今までは「大人の事情」で出演できなかったとのことです。一体何が……。
 何はともあれやっとriyaさんご本人によるメグメルとオーバーが聴けたわけです(これまでのライブでは茶太りんがカバーしてた)
 montaもeufoniusのライブを生で聴いたのはこれが初めてです。あの浮遊感のある歌声はライブでも健在。 
 (eufoniusは滅多にライブをやらない。大学の文化祭やtrue tearsイベントやTBSアニメフェスタぐらい。
  eufonius主体となってライブしたことはなかったはず)

・Liaは別格
 まず会場の空気が違うわけですよ。
 HanabiとKarmaなんて会場のサイリウムが全消灯して皆聴き入るレベルw (一部空気が読めない人が少数いましたが)
 HanabiもKarmaもボーカルメインで伴奏は少なめなため、必然的に声が目立ち誤魔化しの効かない曲なのですが、
 Liaさんの場合は逆にその超安定した美声を会場に響かせまくっていましたよ。
 
 Hanabi:ライブでは初出し。このKSL2010でも22日昼公演のみ披露。途中のセミの鳴き声も再現。
 ご存知の方も多いと思われますが、Hanabiはリトバスの棗鈴シナリオのベースとなった曲です。
 増えては困る猫ばかり拾っていたんですよ。
 Liaさん曰く、「Hanabiは麻枝さんのご両親も大好きな曲です」とのことです。
 
 karma:Liaさんの「dearly」というアルバムにのみ収録されているKey+Lia曲(作詞作曲:麻枝 准 Vo:Lia)。
 何故「LIA*COLLECTION ALBUM 」に収録しなかったのか永遠の謎。
 
 
 なんちゅう歌声をしてるんや、Liaさんは……(´;ω;`)
 こんな転調だらけの難しい曲を完璧に歌い上げられるのはLiaさんしか居ません。
 収録当日に、わざわざ麻枝さんが大阪からLiaさんのいる東京まで来たとのこと。
 しかも、コーヒーを出しても、
 
  だーまえ「いや、今日は水だけしか飲まないんで」
 
 と断っていたとのことです。
 何でも、「カフェインなどを摂らないでピュアな心のまま収録に立ち会いたいから」という理由だそうで。
 それぐらい思い入れがある曲ってことですね。
 カッコよすぎるぞ、だーまえ! カフェイン漬けのmontaには全く持って耳が痛い話です。
 
 さて、「karma」は麻枝ワールド全開でストーリー性の高いKey+Lia曲の中でも特に起承転結が判りやすい曲です。
 具体的に言うと涙腺がヤバイ。ごとP氏のイラストをベースにしたPVまで作られてもう決壊ですよw



・男女比 9:1ぐらい
・民安さんの鈴コスが可愛い
・LiSAさんがライブ慣れしていて、盛り上げ方が上手い
・MCの折戸さんがよく噛むw
・だーまえ曰く「ABの8話は意図して盛り上がらない繋ぎ回。9話から盛り上がる」
・だーまえが直井文人のモノマネで甲高い声で「音無さん!」
・どのコールよりも「だーまえ!だーまえ!」コールが一番大きいw



web拍手バスターズ
モバイル用の画面でもサムネイルを表示して頂くことは出来ませんか?

はい、というわけで対応させていただきました。







ただ、わざわざケータイ用のサムネイル画像を作っているわけではなく、PCで見ているのと同じサムネイル画像(300×220ぐらい)が問答無用で大量に表示されるのでパケット定額に入っていない場合は大変なことになります。
ご注意ください。


Filed under: リアルレポート,日記 — monta @ 23:59
1 / 41234