2013 年 6 月 9 日

OHPフィルムでペンライトをデコレーションする


[最終更新:2014.12.29 PM21:30]

自分だけのペンライトフィルム、シートを作ってみましょう。
方法は簡単で、

このように透明なOHPフィルムに印刷するだけです。


――STEP1:準備――
■必須なもの

・A4サイズのOHPフィルム

インクジェットプリンタ用のOHPフィルムを用意してください。
amazonでは10枚980円で売っています。



・インクジェットプリンタ

安価な機種でも構いません。montaはCanonのiP2700を愛用しています。


iP2700は実売4000円を切っていて「交換用インクを買うより本体を買い換えた方が安い」というエコ全否定なプリンタです。(プリンタ業界のビジネスモデルを否定するわけではありませんが、せめて本体よりインクを安くするべきでは……)

■購入を推奨
・染料系のブラックインク

インクジェットプリンタのインクには染料系と顔料系があるのですが、OHPフィルムの場合は染料系が適しています。(後述で比較しているので参照してください)
お手持ちのプリンタのブラックインクがどちらのタイプかお調べください。
iP2700の純正ブラックインク(BC-310)は顔料系なので、非純正の染料系インクを1670円で購入しました。


――STEP2:レイアウトデザイン――

ペンライトを何の用途で使うかにもよりますが、今回は、

入手困難な「ラブライブレード!」を真似して作ります。
まずは「ラブライブ!」のロゴデータを用意しましょう。
【方法1:透過PNGデータを探す】


「ラブライブ!Official Web Site」のロゴ(http://www.lovelive-anime.jp/img/top/title.png)は、

透過PNGとなっているので加工が容易です。
なお、印刷に耐えうるサイズの透過PNGデータが見つからなかった場合は別の方法を検討します。

【方法2:ベースとなったフォントデータから組み立てる】

ラブライブ!のフォントは、

「ネオプラスR」という890円の有料フォントですので、コレを使ってロゴを組み立てる方法があります。
ただし、この方法はロゴが既存のフォントのみで構成されている場合にのみ有効です。
フォントをアレンジして使っていたり、フォント以外の図形を使っているロゴには使えません。

【方法3:自分でトレースする】


PhotoshopのパスツールやIllustrator、InkScape(フリーソフト)などを使ってロゴデータを忠実にベクトルデータへ変換します。
この方法の利点は次の通りです。
・自力で目視してトレースするため、時間さえ掛ければ全てのロゴに有効
・一度ベクトルデータを起こせば無劣化で拡大縮小が可能

上記の方法1~3を上手く組み合わせることで時間短縮&高品質なロゴを再現することができます。
今回montaはPhotoshopでラブライブのロゴをトレースしています。


【※ロゴデータ、版権画像の取扱いについて※】

作品のロゴデータは著作物であり、商標である場合もあります。
つまり、「権利の塊」ですので他者が勝手に改変・使用すると同一性保持権の侵害で罰せられる恐れがあります。
個人的な使用を目的として印字する場合はグレーな線引になりますが、自作したフィルムを第三者に配布する場合は完全にアウトです。ご注意ください。

ロゴデータが用意できましたら用紙にレイアウトしていきます。
Photoshopなどで使用できるテンプレート用PSDファイル(ガイド付き)、PNGファイルを用意しておきましたのでご自由にお使いください。A4 300dpiを想定しています。
ダウンロード:template_140201.zip
なお、プリンタの機種によっては印刷範囲外の余白に食い込んでしまったり、実寸よりもサイズが上下する場合がございます。
必ずOHP用紙に印刷する前にコピー用紙で実験してください。

■キングブレード用フィルム

キンブレの場合は横143mm、縦88~90mmで純正フィルムと同等になります。
A4の場合、最大4つまで同時に印刷可能です。

■ターンオン用フィルム

ターンオンのネオンスティック、サンダーの場合は横158mm、縦76mmで純正フィルムと同等になります。
右端10mmは本体内に隠れてしまうのでレイアウトする際はセンタリングに注意しましょう。
A4の場合、最大3つまで同時に印刷可能です。

montaはレイアウトツールにPhotoshop CS4を使用していますが、フリーソフトではGIMPFireAlpaca[ファイア アルパカ]などがレイヤーに対応しているので便利です。

ただしFireAlpacaは文字の縦書きに対応していないので、縦書きしたい場合はKanchi TextRenderを組み合わせてください。

Kanchi TextRenderで透過PNGとして保存後、FireAlpacaに読み込ませます。
また、FireAlpacaの印刷機能は貧弱でA4横用紙に印刷できないため印刷は別ツールをご使用ください。

意外な方法としてエクセルでレイアウトする方法もあります。詳しくは「Declineの戯言」様をご覧ください。

――STEP3:試し刷り――

OHPフィルムは1枚100円と高価ですので、事前にコピー用紙に印刷して寸法をチェックしておきましょう。

カラフルサンダーに挿入してみました。


コピー用紙でも意外と良い感じに発色しますね。
用紙の質が低いので表面がザラザラとしていますが、もっとランクの高い上質紙であればキレイになりそうです。


フィルムが重なる部分はジャストフィットではなく、取り出しやすさを考慮してあえて余るようにしています。
最初は余るように作っておいて、気になるようでしたらギリギリまでカットすると良いですね。

――STEP4:OHPフィルムに印刷――


黒一色で印刷したい場合、プリンタの設定を「ブラックインクのみ使用」に変更してください。
メーカー、機種によって設定箇所が異なりますが、Canon iP2700の場合、

「インクカートリッジ設定」でブラックインクのみを使ってもらえるようになります。


なお、用紙設定はOHP用紙や光沢紙にしたいところですが、iP2700は普通紙以外だと必ずカラーインクで印刷する仕様なのであえて普通紙設定にしています。

さて、ここで顔料系インクと染料系インクの違いを確認してみましょう。

上から染料系ブラックのみ、染料系カラーインク(シアン、マゼンタ、イエロー)で合成、顔料系ブラックのみで印刷したものです。
染料系ブラックが最も黒く見えますよね。
なぜ違いが出るかは実際の印刷結果を見れば分かります。

染料系のブラックはOHPフィルム(インクジェット用)の奥まで浸透するため、キレイな黒色として発色できるのです。


OHPフィルムを外側、内側にシャイニングホワイトなどを詰めて完成です。

――作例――

■黒一色で作ったラブライブレード!もどき

黒なのでどの色でもハッキリと視認できます。

■ピンク色で作ったラブライブレード!もどき

ピンクは透過しやすく、光源の色によっては見えづらくなります。

■アニサマ2013 FLAG NINEペンライト

旗が波打っている部分はトレースして黒塗りしています。

■田村ゆかり LOVE LIVE 2013*Cute’n Cute’n Heart*公式ペンライトもどき

ロゴを完全トレースしています。所要時間は6時間ほどです。

両サイドに配置した草花は、Photoshop用ブラシファイルBrushes Pack 003 by ~Atenaispdを使用しました。
ベースにしているペンライトはサンダーのフレンチローズになります。

■ラブライブレード単色版

ベースとなったのはブシロードスリーブコレクションの画像で、パスツールで丁寧にキャラを切抜いた後、RチャンネルのみInkScapeでベクトル化しました。


全員分の作業時間としては計7時間ほどかかっています
※Rチャンネルのみを抽出した理由


衣装に赤系統が多めで白黒にした際に影の境界がわかりづらくなってしまうため、赤色をあえて抜きました。

Rチャンネルを抽出するにはIrfanViewというフリーソフトを使用し、メニューの「画像」→「チャンネルの表示」→「赤(R)」をチェックしてください。その後BMPやPNG形式で保存します。


InkScapeではメニューの「パス」→「ビットマップをトレース」→小窓が開くので「明るさの境界 しきい値0.800ぐらい」でOKをします。

ベクトルデータが抽出できたら元画像をDeleteキーで削除し、ベクトルデータを「Encapsulated Post Script(*.eps)」形式で保存し、Photoshopでラスタライズします。
※Photoshopを使用しない場合は「ビットマップにエクスポート」機能をご利用ください。※実際には透過PNGになります。

■ごらくブレード単色版

2期のメインビジュアルをInkScapeの「ビットマップをトレース」ツールを利用して二値化トレースしています。

トレース後はベクトルデータになりますのでEPS形式で保存後、Photoshopで展開することができます。


■ことほのうみブレードforキンブレiLite

キンブレiLiteも小さいサイズですがフィルム交換できます。

■μ’s Go→Go! LoveLive! 2015 ~Dream Sensation!

物販ページのロゴを加工しました。

他、質問がありましたらコメント欄かTwitter(@monta_at_site)へどうぞ。


17 Comments »

  1. ライブビューイング組でラブライブレードが買えないので,参考にさせて頂きました.ありがとうございます.

    Comment by takapon — 2013 年 6 月 12 日 @ 15:35

  2. ターンオン向けのテンプレを作ってみました
    http://www1.axfc.net/uploader/so/2937128.zip

    Comment by mia — 2013 年 6 月 16 日 @ 19:03

  3. miaさん、大変すばらしいものを作っていただき、ありがとうございます。
    後ほどキンブレ用のテンプレと合わせて掲載させていただきます。

    Comment by monta — 2013 年 6 月 18 日 @ 01:06

  4. 初めまして。ペンライトのレビュー大変参考にさせて頂いております。

    OHPフィルムでペンライト装飾されてる方がやっぱり自分以外にもいらっしゃるんだなぁと嬉しくなりました。
    もっとも自分はフォトショなど使えませんので(;^^)GIMPで制作したショボイものですが・・・・
    ターンオン社のペンライトを使っていましたが友人の閃ブレードを借りたところ、明るさの違いか…絵柄の発色が良かったので近々閃ブレを作ろうと思ってます。
    その時はこちらの作り方を参考にさせて頂きます^^

    Comment by karuki — 2013 年 9 月 8 日 @ 02:37

  5. karukiさん、こんにちは。

    ペンライトのデザインを考えるのは楽しいですよね。
    発色の違いですが、閃ブレでなくともターンオンのサンダー110なら閃ブレ以上に明るく使い勝手がいいのでそちらをオススメします。

    Comment by monta — 2013 年 9 月 9 日 @ 00:49

  6. はじめまして。OHPシートの使い方を調べていてこちらにたどりつきました!

    インクの違いによる発色の比較やプリンタの設定など丁寧に解説されていて大変参考になりました。事後報告ではありますがブログでこちらの記事を紹介させていただきました。

    「インクジェットプリンターで印刷できるOHPシートの使い方」
    http://verandaher.blog.fc2.com/blog-entry-131.html

    ありがとうございました!

    Comment by VERANDAHER — 2013 年 10 月 17 日 @ 11:42

  7. montaさん、はじめまして。
    自作ペンライトを作ってみたいと思い、色々検索していたら、こちらのサイトにたどり着きました。
    ペンライトの作り方、非常に参考になります。

    それで一つお聞きしたいことがあるのですが、ラブライブのペンライトで
    RチャンネルのみInkScapeでベクトル化していますが、それはどのようにやるのでしょうか?
    自分で色々調べたんですが、検索にかからなくて。差支えなければ、教えていただけないでしょうか?

    また、画像を白黒の2色に変えているのは、閾値を調整するやり方であっていますか?
    色々質問してしまい、申し訳ないのですが、よろしければ、回答いただければと思います。
    よろしくお願いします。

    Comment by ミント — 2014 年 9 月 23 日 @ 23:20

  8. ミントさん、返信が遅れてスミマセン。

    Rチャンネルの表示ですが、IrfanView(フリーソフト)を使います。
    http://monta.moe.in/temp/temp140928_01.jpg
    これでRのみにして保存します。
    Rチャンネルを使うメリットは赤い衣装の影を抽出しやすくするためです。
    http://monta.moe.in/temp/temp140928_02.jpg
    なので、他の配色によってはG、Bチャンネルを使うこともあります。

    Inkscapeでのトレースは「ビットマップをトレース」→「明るさの境界」→「しきい値」で正しいです。
    http://monta.moe.in/temp/temp140928_03.jpg

    Comment by monta — 2014 年 9 月 28 日 @ 16:12

  9. montaさん、こんばんは。
    非常に詳しく説明してくださり、ありがとうございました。
    様々なソフトを組み合わせて作成されていたんですね。勉強になりました。

    montaさんの説明を参考に色々試してみますね。
    本当にありがとうございました♪

    Comment by ミント — 2014 年 9 月 29 日 @ 21:15

  10. 初めまして。ペンライトのレビュー大変参考にさせて頂いております。
    IrfanViewをインストールしてみましたが、メニューの「画像」→「チャンネルの表示」→「赤(R)」
    の項目がありません、どのように加工をしたら宜しいですか?
    教えて下さい、お願いします。

    Comment by アイマスP — 2015 年 1 月 29 日 @ 17:48

  11. IrfanViewのバージョンはおいくつですか?
    私は4.38です。

    Comment by monta — 2015 年 1 月 31 日 @ 16:14

  12. 上記のエリチカの画像を、同じものをつくろうとしましたが作成できません。

    キンブレX10ii用のエリチカの画像を掲載していただくことはできませんか?

    Comment by のっちゃん — 2015 年 2 月 2 日 @ 10:09

  13. 申し訳ありませんが、版権画像なので配布を目的とした掲載をすることはできません。

    Comment by monta — 2015 年 2 月 2 日 @ 23:28

  14. 今更ながらキンブレai用テンプレを作成いたしましたので掲載いたします。
    http://yahoo.jp/box/yO0yVI

    Comment by Matsupal — 2016 年 2 月 29 日 @ 04:44

  15. 最後の画像にあるラブライブレード風のものにキラキラのイラストが見受けられたのですが、これはmontaさんが自らつけたものですか?

    Comment by しかお — 2016 年 3 月 4 日 @ 16:30

  16. montaです。返信が遅れましてスミマセン。

    >>Matsupal さん
    テンプレ作成ありがとうございます!
    ただ、大変申し訳無いのですがウチのIllustratorのバージョンが古いのか(CS6)、
    開くことができません。

    >>しかお さん
    はい、私が☆を適当にコピーして加工しました。

    Comment by monta — 2016 年 3 月 10 日 @ 00:28

  17. […] monta@site ” OHPフィルムでペンライトをデコレーションする […]

    ピンバック by キングブレードをラブライブ仕様にプチ改造してみた – まぞっぷさんのへや — 2016 年 3 月 27 日 @ 05:31

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。