2020 年 1 月 3 日

[NEWS]ルイファンストアとルミカのペンライトストアで2020新春セール開催中


毎年恒例、ルイファンストアにて新春セールが1/1~1/13まで開催中です。
キングブレード フルカスタマイズセット


・3400円(X10V)
・3000円(X10II Neo)
・2000円(ONE1)
・2000円(ONE1R)


昨年発売したX10V、ONE1、ONE1Rも対象となっています。ミニキンブレも1本もらえます。
ただ、昨年まではチューブトップ、リング、ストラップの色をすべて別個に指定できたような記憶がありますが、今年から(?)はすべて同じ色となります。
これまでのカスタマイズ依頼の実績から別個の色にする需要が少なかったのかも知れません。カスタマイズは手作業で行っているので同じ色の方が管理も簡単で間違いが起こりづらいですしね。

キングブレードX10V トリプルセット
・3600円


KING BLADE X10Vを1本と、
MAX ver.1 SHININGのBLUE/GREEN/REDいずれか2本のセットです。ミニキンブレも1本もらえます。

キングブレードX10III neoトリプルセット
・3300円


KING BLADE X10 III Neoを1本と、
MAX ver.1 SHININGのBLUE/GREEN/REDいずれか2本のセットです。
増税のため昨年から60円値上がりしていますがミニキンブレが1本もらえます。

ハイパーケミスターII 10本パック
・700円


ハイパーケミスターIIは増税後も昨年と同じ700円です。
やはりケミカルライトは食料品扱いなのかも知れませんね。(諸説あります。個人の感想です。用法用量を守って正しく使いましょう)
ケミスターはリバールーツさんの製品のため、残念ながらミニキンブレはもらえません。

新春セールとは関係ありませんが、ルイファンストアにて昨年10月から「あの」光るハブラシが販売されるようになりましたので、ルイファンマニアの方はこれを機にお買い求め可能です。


ピカピカタイマーが1分間点滅しますので歯磨きトレーニングに最適となっています。




ルミカさんも「ペンライトストア」で初売りセールを開催中です。


大閃光arc 32本セット
・2020円


大閃光arcが1本あたり63円!
これまで平成○○年と同じ本数をセットにして西暦○○○○円で売っていたルミカの初売りでしたが、令和2年の今年はどうなるのかと(極めて狭い)一部界隈で話題となっていました。
ルミカさんの答えはコレです。まさかの平成32年到来となりました。
画像に小さく(令和2年のネタがなかった!)と書いてあるあたり、担当者さんの苦渋の選択が伺えます。
でもコレでいいのです。「顧客が本当に欲しかったもの」に違いありません。

大閃光3,000円セット

・3000円


「大閃光がたっぷり詰まった夢の福袋!総額7,200円相当が約58%OFF!!さらにおまけで大閃光1箱付いてくる!」
とのことで、具体的には、
①大閃光マフラータオル×1枚
②大閃光arc25本入り×1箱
③大閃光8-エイト- ×2本
④【おまけ】大閃光arc1本入り個包装×12本
⑤『君は何色?』の限定紙袋に入れてお届け!

がセットになっています。
【おまけ】の説明が紛らわしいですが大閃光arcは計37本、大閃光8は2本となります。
使い場所を吟味する必要があるマフラータオル、おしゃべりクソメガネオーマイゴシゴシさんの凛々しい表情がステキな「君は何色」の紙袋も付いてきます。

大閃光超豪華セット
・10000円


「なんと総額16,380円相当の超豪華セット!!大閃光もライブグッズもたくさん詰まった夢の福箱!さらにおまけで『大閃光ブレード300』が1本ついてくる!グリップカラーも選べるよ!」
とのことで、具体的には、
①大閃光タオル×1枚
②大閃光arc25本入り カラー:極オレンジ ×2箱
③大閃光8-エイト- カラー:オレンジ ×2本
④大閃光 金煌(5本パック) カラー:オレンジ ×1パック
⑤大閃光バッグ×1個
⑥【おまけ】大閃光ブレード300カラーグリップ×1本 ※色選択可

がセットになっています。




ちなみにターンオンさんは新春セールをやっていないのですが、昨年から公式Twitterアカウント@TurnON_officialが開設されたり、「ペンライトショップのON(ON株式会社)」(@ONofficial_info)が発足したりとネット周りの窓口を増やしているようです。
「ON株式会社とは何ぞや?」と少し調べたところ、


ターンオンの浅草オフィスamazonマーケットプレイスに載っているON株式会社の住所が同一なので、分社化したか何かなのでしょう。
親しい間柄なのは間違いなさそうですが、noteで「ラブライブレードとミックスペンラロイヤルの互換性をしらべてみた」などを執筆・公開されているあたり、しがらみなく自由にやれる会社のようですね。担当者は東條希さんのファンと公言までしています。

このサイトはラブライブフェスは現地に行けないmonta(ことりちゃん好き)がお送りしております。
Filed under: ペンライトニュース,ペンライト総合 — monta @ 17:04

3 Comments »

  1. 薬学雑誌2013年133巻第9号掲載のFig.2によると、ネコカリシウイルス(FCV)に対するClO2ガスが十分作用するのに約3時間を要している。
    電車内や会食などの人が密集する中でのウイルス感染は主に飛沫感染と言われているが、人の鼻水や唾液などが飛沫化した場合、濃厚接触者へ
    感染に要する時間は数分と掛からないだろう。新型肺炎コロナウイルスの感染対策としては、近距離でくしゃみされればClO2では手の施しよ
    うが無い。屋外であれば太陽光の紫外線はかなり短時間で飛沫中のウイルス撃退に作用しているはずだが、これでも隣でくしゃみをされれば
    ひとたまりもない。濃厚接触が問題視される状況では、ClO2であれ次亜塩素であれ、あるいはアルコールであれ効果は限定的。
     唯一確実に効果があるのは、人の密集をさけること。これは、「確率的」に有効である。人との距離がもっとも効くのだ。
     人が去った後の飛沫については、アルコールで十分。次亜塩素でも亜塩素酸でも良い。とにかく活きのよいウイルスには接触しない事。
     二酸化塩素もガス発生系の商品が多数あるが、人と人との距離さえ空いていれば、これでも有意な差がでる条件はあるだろう。
     クエン酸と亜塩素酸ナトリウムの混液のスプレーなどは、痕がべちゃべちゃするだろうし壁や衣類も痛むし目に入れば大変で皮膚もあれる。
     身近な毒ガステロの材料になるだろう。この手のスプレーを使うことと80%のエタノールで洗うこととに有意な差はないだろう。
     すでに消毒剤を噴霧する処理は海外でも行われているし、日本でも鳥インフルエンザや豚コレラの発生現場の消毒ではおなじみだ。
     これと同じ意味で使うのであればクエン酸と亜塩素酸ナトリウムの混液のスプレーも効果はあるかも知れない。ただし、わざわざ置き換える
    意味があるのかわからない。
     燻蒸するなら塩素ガスでもなんでもあるだろう。もちろん人も死ぬ。
     カビキラー薄めてスプレーしてもウイルスは死ぬ。
     衣類ならキッチンハイターという優秀なアイテムが使える。
     人との距離が有効であるから嫌われ者はコロナに強い。バカは風邪ひかないのに近いのかもしれない。

    Comment by ClO2 — 2020 年 3 月 17 日 @ 00:06

  2.  分解作用型のガス性抗菌グッズの最大の欠点は即効性にある。十分の即効性を持たせようとすると抗菌成分(ガス濃度)を高濃度にするしかないが、それではその環境にさらされる人間の方もやられてしまう。飛沫感染の様な「くしゃみ一発」型の場合は抗菌ガスが作用するころには感染が確立している。勿論、アルコールなどで除菌清掃した後に拭き残りなどへの対策としては数時間後に効果を発揮する二酸化塩素グッズも有効だろう。どちらかと言えば常駐させておくグッズだ。
     二酸化塩素ガス発生剤を衣類やマスクに(多少の危険を無視して)含侵させたとして、人間の耐えられる濃度にするのであれば従来品と大差ないことになる。例えば、人間の口腔から肺にかけても二酸化塩素ガスを常在させておくとどうなるのか?ウイルスと同じくらいの割合で生体細胞もダメージを受けるのではないかと考えられる。
     いづれにせよ、飛沫があればいくらかのウイルスの呼吸器への吸引は生じていると考えた方がよさそうだ。東京都内のかなりの住人は既にコロナウイルスを吸引したであろう。その後陽性になるかどうかは、その人の免疫力にかかっている。人体が感染陽性を示すまで増殖を許してしまうかどうかだ。PCRなどの検査で陽性にならないとは要するに検査装置の検出感度以下にウイルスの増殖が収まっているというだけのことだ。体内をガス性抗菌剤で処理する(死んだら平気でやるだろうけれど)よりも、基礎免疫力を向上させる方がはるかに有効ではないか?できるだけ人と距離を空け、生姜でもニンニクでも葛根湯でも、、体温維持して免疫活性の低下を避けることだ。
     分解系以外の抗菌処理剤もある。様々なウイルスに適用してウイルスの不活化が実証されたものとしては柿渋がある。
    Inactivation of Pathogenic Viruses by Plant-Derived Tannins: Strong Effects of Extracts from Persimmon (Diospyros kaki) on a Broad Range of Viruses, https://doi.org/10.1371/journal.pone.0055343  にて報告されている。おそらく細胞表面にスパーポリフェノールが張り付いて細胞機能を抑制するものだと思われる。
    一種の吸着(化学結合)反応だろう。とするとウイルスは接触した瞬間に柿渋のポリフェノールに結合してしまい増殖能を失うことになる。これは飛沫にも即効性があるのではないかと思う。柿渋をグリセリンなどの保湿剤と混ぜあわせてマスクの内側のガーゼに塗布すれば浮遊する飛沫のウイルスと結合してくれそうだ。上述の論文では、対象のすべての種類のウイルスに数分で効果があり、その中には鳥インフルエンザウイルスも含まれている。

    Comment by ClO2 — 2020 年 3 月 28 日 @ 15:43

  3. 二酸化塩素だろうがアルコールだろうが除菌殺菌用のガスや液体を噴霧なり充満させたりした密閉空間は、そうでない場所よりもウイルスの濃度は低いであろう。しかし、その空間に保菌者が居る場合に保菌者そのものが殺菌消毒されて無菌になるわけではない。まして、その空間に保菌者以外の人が同席しても感染しないなどという論拠は無い。真に受けて信じてその通りにすると密閉空間がクラスターの核となってしまう。
     亜塩素酸Na-クエン酸水、安定化二酸化塩素水などの水溶液そのものの殺菌抗菌力はそれなりにあるはずだが、溶液が衣服や体に直接かかると強い刺激になることは明らかだ。拭き取ってしまえばよいけれども。勿論、拭き取れば水溶液の効果は無くなる。なにか膜が残って効果を発揮してくれるわけではない。二酸化塩素ガスの場合は、水に接触して水溶液にならないと効果が無くそれには数時間かかる。いづれにしても、使用には制限がある。
     ドームでもプレハブ小屋でもテント小屋でも、コロナウイスルの犠牲者を安置するのであれば使い道もあるだろうし、保菌者とそうでない人を隔離するための施設として利用するのは有効な場合があり得るかもしれない。しかし、保菌者とそうでない人を近距離で同室させても安全で、その上その後に多数の濃厚接触しても大丈夫などというおかしな思い込みを植え付けるようなコマーシャルは即刻止めるべきだ。未だに犠牲者は増えているのだから。
     どんな密閉空間だろうと、隣で保菌者がくしゃみを一発やれば感染を防ぐ手立ては無い。そこがナチスのガス室であっても。
     

    Comment by ClO2の膜、、、 — 2020 年 4 月 13 日 @ 21:25

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。