2011 年 11 月 28 日

COMPOSITE Ver.Ka VIRTUAROID VR-014/HD フェイ・イェンHD


長いタイトルです。

こんにちは、montaです。

最近増えたもの。


ゆるゆり公式ファンブック(with HMV特典)
アニメってのは終わってからもファンの関心を失わせないように、こうやって定期的にグッズが出てくるのです(´∀`)
はよ二期。
さてメインは隣にあるアイスグリーンなフィギュア。



G.F.F.のパッケージではなく、『COMPOSITE Ver.Ka VR-014/HD フェイ・イェンHD』(AA)です。
早い話がバーチャロンなミクさんですね。
カトキハジメ氏の手によりミクさんのメカ萌え要素が極限にまでブラッシュアップされました。



カトキ立ちっぽいこともできます。



背中のVコンバータはDIVAシリーズとのコラボなのでUMDに。
こんなに小さくとも開閉ギミックが仕込まれています。



全体的に可愛いポーズよりもカッコイイポーズの方が映えますね。
やはりフェイ・イェンベースであってもカラーリングが違うとこうも印象が違うんですね。



ベースキットも付属しているのでダイナミックなポーズも(重力に耐えられる限り)、固定させることができます。
可動範囲も意外に広く、よく遊べます。ただし。触りすぎると塗装が剥げるのでお気をつけ下さいw

montaはミクさんフィギュアをいくつか買っていますが、もちろん見送ってしまうフィギュアもまた数多くあります。
価格に見合わなかったり、ミクさんのイメージと掛け離れていたりなど理由はいくつかあります。
このCOMPOSITE Ver.Kaは実売価格も4000円以下で、かつ、他のフィギュアにはないメカ要素が強めだったため、カトキメカ好きなmontaとしては十分購入するに値すると判断しました。

最後に1つ気に入らない点がありまして、それは


この顔は必要ないです。
せっかくボディに生体部分がなく洗練されたメカデザインなのに、顔だけ生身だと途端にアンバランスに見えますね。
なんというか説得力がなくなってしまうんですよ。二の腕とか太ももとか女性的な膨らみを持たせられる部分まで機械化できるのに、顔だけ生身というのは道理が通らないのです。
DIVA-extend-ゲーム内でもフェイ・イェンスタイルのミクさんを選べるのですが、やはりメカと顔のバランスが悪いため使っていません。(あれは肋の部分がスパイダーマン仕様で気持ち悪いのもあります)


Filed under: フィギュア,日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。