2013 年 7 月 21 日

[レビュー]ターンオン プロ110ネオンスティック


[最終更新:2013.07.22 AM00:35]

メーカー ターンオン有限会社
発売日 2013年07月19日(ネオン)、25日(キラキラ)
定価 1,365円
購入日 2013年06月19日
購入店 でらなんなん秋葉原店
購入価格 1,280円
カラーラインナップ ネオンスティック11色:彩レッド/彩ブルー/イエロー/ピーチ/ピンク/オレンジ/彩オレンジ/ホワイト/彩グリーン/パープル/バイオレット
キラキラスティック17色:彩レッド/彩ブルー/スカイブルー/アクアブルー/ロイヤル・ブルー/イエロー/ピーチ/ピンク/フレンチ・ローズ/オレンジ/彩オレンジ/ホワイト/彩グリーン/パープル/バイオレット/シルバー/ブラック
光源 砲弾型白色LEDx2、彩シリーズはカラーLEDx2
電池 ボタン電池LR44x6(LR44x3を並列化)
光量切り替え なし
先端処理 あり(スポンジ)
フリッカー、色分離 なし
連続点灯時間 約8時間(メーカー公表値:色によって異なる)
全長 Mサイズ:21.4cm
Sサイズ:19.3cm
重量(電池・ストラップ含む) 約55g
ストラップの有無 付属

ターンオンから新たな単色ペンライトが発売されました。
その名も「プロ110スティックシリーズ」です。
※先月発売されたカラフルプロ110と共通する部分が多いので以下のレビューもお読みください。
monta@site » [レビュー]ボタン電池でフルカラー:カラフルプロ110

それにしても、

投入される物量がもの凄いです。
ネオンスティック11色:彩レッド/彩ブルー/イエロー/ピーチ/ピンク/オレンジ/彩オレンジ/ホワイト/彩グリーン/パープル/バイオレット

キラキラスティック17色:彩レッド/彩ブルー/スカイブルー/アクアブルー/ロイヤル・ブルー/イエロー/ピーチ/ピンク/フレンチ・ローズ/オレンジ/彩オレンジ/ホワイト/彩グリーン/パープル/バイオレット/シルバー/ブラック

今までサンダー用、ネオンスティック用に発売された特殊カラー(スカイブルー、アクアブルー、ロイヤルブルー、フレンチローズ、ブラック)も含めた全28色のターンオンオールスターズがラインナップされています。
さらにMサイズとSサイズで28色x2サイズ=56パッケージという「一体どこに陳列すれば……」というペンライトショップの悲鳴が聴こえてきそうですね。
実際、これ以外にサンダー110シリーズ、カラフルサンダー、カラフルプロシリーズ、従来のネオンスティック、キラキラスティック、クリスタル、レインボースティックまで含めるとバリエーションがカオス極まりないです。
ここまで細分化してしまうと入荷する方も店頭で選ぶ方も迷ってしまうのではないでしょうか。(余計なお世話でしょうか?)


■パッケージスキャン

■外観■

さすがに全種類買うのは厳しいのでオレンジ、彩オレンジ、彩レッド、彩グリーン、彩ブルー、キラキラブラックのみを購入しました。
サンダーシリーズからカラーLED使用タイプは「彩」の名を冠するようになり、今回からついに

オレンジにも橙LEDを使用した彩オレンジが登場しました。


形状はカラフルプロ、 田村ゆかりLOVE♡LIVE 2013 *Cute’n ♡ Cute’n Heart*公式ペンライト、水樹奈々LIVE CIRCUS 2013公式ペンライトとほぼ同じです。
プロ110の彩シリーズは持ち手のラベルがLED色になっているので判別もしやすいですね。
余談ですが、「ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013 8.4 日産スタジアム大会」にて販売されるももクロ公式ペンライトでは、

イエロー、ピンク、パープルも持ち手のラベルが色付きになっていることからカラーLEDを採用していると思われます。(市販のプロ110シリーズではイエロー、ピンク、パープルは白色LED)

さらに余談ですが、プロ110シリーズのLR44x6形状はももクロライブで2012年頃から採用されており(正確な時期をお知りの方はコメントください)、時系列としてはももクロ公式ペンライトのために金型設計→金型を流用してカラフルプロ110発売→田村ゆかり&水樹奈々公式ペンライトに採用→単色プロ110スティック発売という流れです。


カラフルプロ、プロ110ネオンスティックと公式ペンライトとの違いはボタンの大きさのみです。
当然ながらカラフルプロ、プロ110の大きなボタンの方が押しやすいです。
逆に押しやす過ぎて、複数持ちしていると指の間で誤動作させてしまうこともあります(カラフルプロだとボタンを押した瞬間に色が変わってしまう)

そしてプロ110シリーズ最大の特徴はLEDの数です。

このように2つのLEDが搭載されています。(田村ゆかり&水樹奈々公式ペンライトも同様)


光束が多少ワイドになってしまいますが、ペンライトの筒を光らせる分にはムラはありません。
なお、フルカラーのカラフルプロシリーズでは

LEDが4つ(R,G,B,W)が搭載されています。


先端処理はサンダー同様のスポンジタイプです。従来のネオンスティック、キラキラスティックにはスポンジが無かったのですが今回から処理されるようになりました。良い傾向ですね。

■操作性■

 ライトON:長押し(約0.5秒後自動ON)
 ライトOFF:長押し(約1秒後自動OFF)

特に説明は不要ですね。
迷うことはありません。
なお、カラフルプロ同様LR44x3でも動作します。

■発色■

まずは色ムラを見ます。

レッド、ブルー、グリーンに関しては色ムラが非常に少なく、カラーLED特有の純度の高い色が表現できています。

続いてはカラフルプロのホワイト・キラキラと比較してみましょう。
※全色を購入したわけではないのでご了承ください。
■レッド■

見てください、この真っ赤な色。カラフルプロのレッドは明るい照明下だと白っぽくなってしまうのですがプロ110ならこの通りです。
プロ110のレッドは特にオススメです。

■グリーン■


■ブルー■

グリーンとブルーもカラフルプロより色が濃くてキレイです。

■オレンジ■

カラフルプロをはじめとしたフルカラーRGBで再現するオレンジ色は微妙なので単色を用意したいところですね。
プロ110は彩オレンジ(橙LED)と普通のオレンジ(白色LED)で発色が異なります。
彩オレンジは暗くとも優しいオレンジ色(他色のペンライトと並べて馴染む)、白色LEDのオレンジはUOや大閃光オレンジの1分後程度の発色になります。
ただ、

彩オレンジは明るさが足りないのか色ムラ(影)が目立ちます。
白色LEDのオレンジにしても、

初代サンダー(生産終了)には到底及びません。
あくまでボタン電池ペンライトの範疇なので過度の期待はしないでください。

■ブラック
ブラックに関しては、 [レビュー]サンダー110ブラック&キンブレ シャイニングブラックをご覧ください。

■田村ゆかり&水樹奈々公式ペンライトについて■

せっかくなので同じ本体を使っている田村ゆかりLOVE♡LIVE 2013 *Cute’n ♡ Cute’n Heart*公式ペンライト(CCHペンライト)、水樹奈々LIVE CIRCUS 2013公式ペンライトも紹介します。

■田村ゆかりCCHペンライト■

CCHペンライトは白色LEDx2個+ピンク色の着色レンズ仕様になっています。


単体で見る分には淡いピンク色に見えるのですが、

カラフルプロのピンク、ピーチと並べると鮮やかさが足りないのは否めません。
公式ペンライトは以前からこの系統の色なので、これが王国の総意なのかも知れません。

■水樹奈々CIRCUSペンライト■

中身はプロ110彩ブルーとほぼ同様で、青色LEDx2個です。

筒を付け替えてもほぼ同じ発色になります。
水樹奈々公式ペンライトのフィルムは濃い青色であることが多く、CIRCUSのフィルムを白色LEDに付け替えても青色に見えます。

光源が白色LEDだと「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」の部分が鮮やかな赤色になるので、これはこれで観賞用としてアリかと思われます。

■まとめ■

■良い点
・ボタン電池式単色ペンライトの新たなスタンダード
・色ムラが少ない(彩オレンジを除く)

■不明な点
・今回購入していない色の発色(後日、Basicタイプの筒に付けてみます)

■微妙な点
・価格がやや高い(従来のネオンスティック:1029円、プロ110:1365円、カラフルプロ:1785円)
 単色なので複数買うことを考えればやや高いかなと思います。
 (逆に公式ペンライトが1500円なのは安いかも?)

ボタン電池ペンライトが必須な現場に行かれる方は、メインをカラフルプロにしてフルカラーでの発色が微妙な色/使用頻度が高い推し色はプロ110にすると良いと思います。

※LR44の気になるランニングコストですが、

アキバに行けるならSUNCOM製の10個シートが千石電商で100円で売っていますので活用しましょう。


Filed under: ペンライトレビュー — monta @ 23:59

14 Comments »

  1. montaさん
    ももクロのペンライトでいつからLR44を使っているかということですがなんと驚くことに
    「だんぷうペンライト」だそうです
    この商品ではブラックフィルムとボタン電池を同時に実験という大胆な実験方法だったそうです
    ちなみにこのぺんらいtが売っていたのは11月のことなのでまぁふつうに発売するには時間がかかったようですね!

    Comment by 露魏 — 2013 年 7 月 24 日 @ 22:39

  2. だんぷうペンライトがLR44x6の初投入ではないようです。
    http://www.momoclo.net/goodsnenpyou/

    2011年4月10日 中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事 ~眩しさの中に君がいた~
    春の一大事ペンライト
    http://www.momoclo.net/goodsnenpyou/img/goods/2011/110410-04.jpg
    ↑現在の形状よりも縦の分割線が多いですが、恐らくコレが元祖かと。

    2012年2月25日 モーレツ☆大航海ツアー2012
    モーレツ!!ペンライト
    http://www.momoclo.net/goodsnenpyou/img/goods/2012/120225-03.jpg
    ↑ここで初めて今のPRO110シリーズと同じ形状になります。

    Comment by monta — 2013 年 7 月 25 日 @ 00:17

  3. いま確認したところその通りのようです
    自分の現場のことなのに間違えてスイマセン

    Comment by 露魏 — 2013 年 7 月 25 日 @ 19:14

  4. 初めまして。
    水樹奈々LIVE CIRCUS にカラフルサンダーカラーチェンジで参戦したのですが、
    青色が公式が濃いので、色が合いませんでした。
    公式のような濃い色の物は市販品では無いでしょうか?

    Comment by マルチ — 2013 年 7 月 29 日 @ 17:56

  5. マルチさん、こんばんは。

    市販品で一番濃いのはロイヤルブルーです。
    http://monta.moe.in/temp/130627_01.jpg
    ロイヤルブルーでなくとも、カラフルサンダーもしくはサンダー110ブルーに
    公式のフィルムを入れれば良いと思うのですが、それではダメでしょうか?

    Comment by monta — 2013 年 7 月 30 日 @ 00:23

  6. プロ110彩レッドとサンダー110彩レッドはどちらが明るいでしょうか?

    Comment by ぱんややーん — 2013 年 7 月 30 日 @ 05:10

  7. montaさん ありがとうございます。

    ロイヤルブルー見ました。良い色ですねえ。
    購入します。

    公式は持ってないので、これを買う手もありますが。

    ありがとうございました。

    Comment by マルチ — 2013 年 7 月 30 日 @ 19:44

  8. >>ぱんややーんさん

    サンダー彩レッドの方が明るいです。

    Comment by monta — 2013 年 7 月 30 日 @ 23:34

  9. 初めまして。今回はプロ110のネオンスティックのレビューをなされてますが、
    プロ110キラキラスティックと比べると光量・色ムラ・色の再現度などの点でどちらのほうが勝っているでしょうか
    ブログ主さんの主観で大丈夫ですのでぜひお教えいただければと思います

    Comment by Yamato — 2014 年 1 月 15 日 @ 13:39

  10. お待たせしてスミマセン。
    http://monta.moe.in/temp/140117_01.jpg
    プロ110キラキラはオレンジのSタイプしか持っていないので、そちらとだけ比べると、
    光量は同等、色ムラはなし、色の再現度:キラキラの方がやや白っぽい
    という結果になります。
    サンダー110でよければキラキラとネオンを比較した写真がいくつかありました。
    (フィルム自体はプロ110と共通なはずです)
    http://monta.moe.in/temp/140117_02.jpg
    http://monta.moe.in/temp/140117_03.jpg
    http://monta.moe.in/temp/140117_04.jpg

    Comment by monta — 2014 年 1 月 17 日 @ 00:50

  11. 大変参考になりました。丁寧な回答ありがとう御座いました。

    Comment by Yamato — 2014 年 1 月 18 日 @ 17:09

  12. 私の手元にあるプロ110シリーズの白色LEDは
    色温度が3種類あるように見えるのですが、
    montaさんのオレンジと黒では色温度に違いはないでしょうか?

    Comment by バケツ — 2014 年 2 月 24 日 @ 22:38

  13. 私が買ったオレンジと黒の初期ロットは同じに見えますね。
    今月買ったゆいかおりは色温度が低いです。
    http://monta.moe.in/temp/140225_01.jpg
    購入時期によってLEDの供給元が違うか、もしくは途中のロットから意図的に変えている可能性もあります。
    ただ問題は発売から時間が経ってしまったため、ロットによるものなのか個体差によるものなのか検証するのが難しいということです。。。
    (なので明確に生産時期が揃っている初期ロットをレビューしています)

    Comment by monta — 2014 年 2 月 26 日 @ 00:37

  14. 写真までありがとうございます。
    ちなみに私のは「白・黄」「黒・パープル」「それ以外」で
    色が異なるように見えました。
    確かに「黒・パープル」は違いが微妙なので供給元が変わっただけかもしれませんね。
    ただ「白・黄」は結構違いますし色的にも意図的に変えてるのかなと思いました。

    Comment by バケツ — 2014 年 2 月 26 日 @ 23:45

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。