2013 年 10 月 13 日

[簡易レビュー]藤田麻衣子 武道館公演公式ペンライト



メーカー 株式会社ルミカ
発売日 2013年10月11日
定価 1000円
購入日 2013年10月11日
購入店 当日物販
購入価格 1000円
カラーラインナップ ブルー、ホワイト
光源 砲弾型LEDx1
電池 ボタン電池LR44x3
光量切り替え なし
先端処理 あり(難あり)
フリッカー、色分離 なし
連続点灯時間 8~10時間(メーカー公表値)
全長 17.3cm
重量(電池含む) 約18g
ストラップの有無 なし

ゲーム「緋色の欠片」の主題歌でお馴染みなシンガーソングライター藤田麻衣子さんの「日本武道館 ピアノ弾き語りワンマンライブ」に行ってきました。

こんばんは、montaです。
この形状はルミカのカタログにある、

「サインライト(アクリルプレート)」がベースです。


アイマスのサインライト(フィルム式)と共通した部分が多いので詳細なレビューはそちらをご覧ください。


筒が透明でLEDが丸見えなので、

盛大に光漏れします。人の目に入らないよう、振り方に注意しましょう。
ただ、この光漏れによって武道館の天井が幻想的に照らされていた事実もあります。


分解すると中のアクリルプレートが取り出せます。

アクリルプレートを横から見る分にはキレイなのですが、正面から見ると字が書いてある部分しか発光しないのでペンライトの色が何色なのか遠目に分かりづらいという欠点があります。
以下の写真では白と青のペンライトがあるはずなのですが、イマイチ分からないのはそのためです。

さて、たまにはライブの感想でも。
このライブは武道館という大舞台ながら入場無料という神がかり的なイベントでした。
もちろん狙いはファン層の拡大で、montaのようにアニサマで藤田さんを知った人間が吸い寄せられていたようです。
ステージ上にあるのはピアノのみという極めてシンプルな構成。(テイクアウトライブ用のカメラはいくつか入っていました)
事前にアルバム「LOVE STORY BEST」だけしか予習していなかったのですが、1曲目の「今でもあなたが」を聴いた瞬間、あまりの声量に震えましたね。比喩ではなく本当に武道館全体が震えていたのです。
キレイな高音も出せて声量もあるなんて「これが本物のプロか……」と感慨にふけってしまいました。
CD音源よりも生歌の方が良く聴こえる歌手なんてそうそう居ませんよ。誤魔化しの効かないピアノ弾き語りなら尚更です。
これは周りの乙女たちが啜り泣くのも仕方ないですよ。(※7~8割が女性客)
でもそんな涙ばかりの現場ではなく、MCでは藤田さんが明るい名古屋弁全開で話されてあまりのギャップに変な笑いが出てきました。

というわけですっかり藤田麻衣子さんに魅せられたmonta氏は会場限定アルバムも2枚購入し、今後のライブにも注目することとなりました。
関連:
藤田麻衣子 弾き語りワンマンライブ 日本武道館 でした!(本人blog)

藤田麻衣子「でらうれしい」無料ライブ(nikkansports.com)


Filed under: ペンライトレビュー — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。