2014 年 4 月 1 日

[ソフトウェア]CoreAudioAPIでピークメーター表示する「AudioMeter」



本ソフトはWindows Vista以降に実装されているCore Audio APIを利用したピークメーター表示ソフトです。
Windows上で鳴っている音をモニタリングすることができます。
ただし、WASAPI排他モード、ASIOなどサウンドデバイスに低レベルなアクセスをするアプリケーションの音はモニタリングできませんのでご了承ください。

縦表示や透過度設定(マウスホイール操作)もできます。

■ダウンロード:AudioMeter_140402.zip

【動作確認環境】
・Windows 7 64bit
 (XPではCore Audio APIが使用不可なため起動できません)

【使い方】
AudioMeter.exeを実行してください。
各種設定メニューはUI上で右クリックしコンテキストメニューを呼んでください。
また、タスクトレイにも常駐します。
デバッグが不十分なので表示がおかしくなったらAudioMeter.iniを削除してください。

さて、AudioMeterには普通のピークメーター表示以外に「画像マスクモード」という表示方法を備えています。
透過PNGのアルファ値が設定してある部分にピークメーターを描画するというものです。
というわけで本日4/1限定で

「ラ」のマスク画像がプリセットしちゃいました☆
※「ラ」マークは特定の学園アイドルアニメ、声優ユニット、シャンシャンするゲームその他とは一切関係がありませんのでご注意ください。
なお明日以降は(・8・)画像に切り替わります。
4/2追記:同梱画像を無害な(・8・)に差し替えました。


Core Audio APIの仕組みとしてはMSDN Blogの「楽しいハック講座 (4) Windows7 オーディオアーキテクチャの概要」をご参照ください。

こんな感じにWindowsのオーディオ再生は数段階のレイヤーを経て最終的にサウンドデバイスへ出力されているのです。


Filed under: Software,エイプリルフール企画 — monta @ 00:43