2015 年 7 月 25 日

[NEWS]アニサマ2015公式ペンライトにバッテリー合体式フルカラーペンライト「Supernova」が採用。計6100円。




8月28日~31日にさいたまスーパーアリーナで開催される「Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-」の公式ペンライトとしてバッテリー合体強化式のフルカラーペンライトが採用されると判明しました。形状および5LEDを組み込めることから恐らくターンオン製だと思われます。


■名称:アニサマ2015 Supernova Motherbase

■価格:3800円

■キャラアニから
Supernova MotherbaseとSupernova Sparkle Charger(別売り)
がドッキングする事によって生み出される最強の彩!最強の鮮やかさ!最強の安定発光!(約5分間後オートOFF)

○「Supernova Motherbase」基本仕様
 ☆5LED搭載 ☆単4電池×4本
 ☆サイズ:長さ約26cm ☆ストラップ、取扱説明書同梱
 ☆リバースセレクト機能:左右ボタンにて、右:色順送り/左:色逆送り
 ☆基本発光色:11色/色順:1「レッド」→2「ブルー」→3「アクアブルー」→4「イエロー」→ 5「オレンジ」→6「グリーン」→7「ペパーミントグリーン」→8「ピンク」→9「サクラピンク」→10「バイオレット」→11「ホワイト」→1「レッド」→繰り返し

○Supernova Sparkle Charger(別売り)合体時
  発光色は、スーパーノヴァ・スパークル・オレンジとなります。
  ボイス機能が発動します。

※製品の仕様は予告なく変更される場合がございます。

【ご使用上の注意】
○誤ったご使用方法・取扱は、故障・不具合等が生じる可能性があり大変危険です。ご使用前に必ず「取扱説明書」をお読みください。
○危険ですので絶対に分解しないでください。
○製品の「発光色」「明るさ度合」には個体差がございます
○「半永久的製品」ではございません。使用頻度・環境等により製品は消耗していきます。
○定期的に「適度な休憩」(5分以上のクールダウン)を置きながらご使用ください。
○「長時間連続点灯」、「連続的かつ多用に発光」、「高温多湿環境」では、消耗度が高くなります。
○「アルカリ電池」仕様です。「充電式電池」はご使用できません。

■メーカーより
合体だぁーーー!!!!!!!
あのライブコマンドーを生み出したMAGES.がアニサマの戦士達に送る、
これまでにない無い閃光の輝き!今こそドッキングだ!!
超新星の輝きを目の当たりにしろ!!!



■名称:アニサマ2015 Supernova Sparkle Charger

■価格:2300円

■キャラアニから
Supernova Motherbase(別売り)とSupernova Sparkle Charger
がドッキングする事によって生み出される最強の彩!最強の鮮やかさ!最強の安定発光!(約5分間後オートOFF)

○「Supernova Sparkle Charger」基本仕様
  Supernova Motherbaser(別売り)合体時
  スーパーノヴァ・スパークル・オレンジモードを発動させることが出来ます。
  (約5分間後オートOFF)合計約50分使用可能
  ボイス機能が発動します。
  ※本製品は単体のみでのご使用は不可能となっております。
  
【ご使用上の注意】
○バッテリーの交換は不可能となっております。
○使い切りの仕様となっておりますので、ご了承ください。
○誤ったご使用方法・取扱は、故障・不具合等が生じる可能性があり大変危険です。ご使用前に必ず「取扱説明書」をお読みください。
○危険ですので絶対に分解しないでください。
○本製品が与える「発光色」「明るさ度合」には個体差がございます
○「半永久的製品」ではございません。使用頻度・環境等により製品は消耗していきます。
○定期的に「適度な休憩」(5分以上のクールダウン)を置きながらご使用ください。
○「長時間連続使用」、「高温多湿環境」では、消耗度が高くなります。
メーカーより
合体だぁーーー!!!!!!!
あのライブコマンドーを生み出したMAGES.がアニサマの戦士達に送る、
これまでにない無い閃光の輝き!今こそドッキングだ!!
Motherbaseへパワーチャージしろ!!!
合体する前から全長が25cmを超えていることから、アニサマのレギュレーションも改定されています



他、気になった点としては、
・ターンオンはこれまで単4電池x4本のフルカラーペンライトを市販していない。
 (単色であればギガライト、イナズマネオンスティック、初代サンダーが4本)

・Sparkle Chargerが使い捨てで勿体無い。(充電もしくは電池交換できない)
・ボイス機能とは一体何か。製造コストを上げてまで実装するほど有用なものなのか。

[重要]
・単色高輝度白色LED+オレンジ筒の組み合わせよりも明るくできるのか。
個人的には初代サンダーのオレンジSタイプを気に入っているのですが、これを超える使い勝手なのでしょうか。
普通のフルカラーペンライトは行き渡ったと思われるので、奇をてらうと言いますか、普通とは異なるプレミアムな限定ペンライトを出すのは(当blog的に)アリですね。
ひとまず2本注文してみます。

KANARY@GX(@kitanohito)さん、MARIC(@_MARIC)さん、情報提供ありがとうございました。

余談ですが、充電式ペンライトは既にチームしゃちほこで採用されています


こんな感じにマイクロUSB端子から充電できると良かったのですが……。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。