2011 年 3 月 1 日

ネギブレ作った


ミクパまであと1週間なので、

閃ブレをネギ仕様にしてみたり。

技術的に難しいことは全くなく、

単に緑と白のネオンスティックをニコイチにしただけですけどね!


光らせるとこんな感じです。
もう少しグラデーションを綺麗に表現していきたいですね。

本格的なY字サイリウムだって作ろうと思えば作れるのですが、昨年のミクの日感謝祭のBDを見れば10人中10人が思うようにデカイサイリウムやネギのオブジェは邪魔モノ以外の何者でもないので自粛するべきでしょう。
もっとも、montaの入場整理番号は1600番台でカメラよりも後ろがほぼ確定してしまっているのですが!!ぐぬぬ!!
行けるだけでも奇跡みたいなものなので贅沢は言えませんか。



最近のメイン兵装として使っているUltraFire WF-501Bです。
公称800ルーメンのすごいやつだよ!(ホントに800ルーメン出ているかは怪しいw)
501Bは普通の室内蛍光灯下でも「眩しい」と感じるぐらい明るいです。


電池も「18650」(写真左端)という普通に生活する上では知る由もない特殊形状のリチウムイオン電池です。(ノートPCのバッテリーを殻割りすれば入っていたりしますよ♪)
他にも「14500」という単3形状で3.7V出る電池に手を出したり、

サブ兵装も充実してきたりと見事にフラッシュライト沼にハマりこんでいます。
すべて円高のおかげです^^;

WF-501Bがどれくらい明るいかシャッタースピードを4秒にして比較

■みんな大好きSG-305:公称100ルーメン



■WF-501B:公称800ルーメン

WF-501Bの方が明るいのは一目瞭然ですが、8倍のルーメンの差が出ているかと言えば微妙なところです。
まぁルーメンは光束の単位なので先端をフタしてしまう閃ブレ用途では不利ですね。
501Bにはフォーカスコントロールもありませんし。
引き続き人柱に徹していきます。

最近はシナモンブレードというナイスなものを作られている方がいるようなので、そのうち買って比較してみたいなと思っています。


ではでは皆さんミクパでお会いしましょう☆


Filed under: ペンライト総合,日記 — monta @ 23:55

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。