2011 年 10 月 26 日

雑記111026


書く内容がないので、今期見ているアニメでも。

■ガンダムAGE
良い年したガノタのオッサンが日曜17時に実況でツッコミを入れながら楽しめるので。
今の小学生は勇者シリーズやエルドランシリーズに相当する合体ロボアニメを知らないというので不憫でなりません。
校舎が司令基地に変形したり、掃除用具入れがコックピット直結エレベータになっていたり、プールや体育館の地下に射出カタパルトがあるような、ある意味彼らにとって等身大の世界観で単純に楽しめる作品にした方が良かったんじゃないですかね。


■未来日記
SHUFFLE!のアスリードと細田直人氏が監督してコンテ切っているというだけで鍋が温まるので。
アニメの演出が原作を上回っているので。
二つ折りのガラケー全盛なので。

それで、ヤンデレにはいくつか種類があると思うんですよ。
「好きすぎて主人公に危害まで加えてしまう猟奇タイプ」
「主人公に振り向いて欲しくてリスカ等自傷行為をしてしまうメンヘラタイプ」
「主人公には危害を加えず、周りの邪魔者だけを排除する独占タイプ」
未来日記のヒロイン、由乃様は一番下の独占タイプだと今のところ伺えます。
独占タイプなヒロインが嫌いなキモヲタはまず居ないので、現在由乃様の株はストップ高となっているのです。ツンデレとは名ばかりなただの暴力的ヒロインに辟易している人もいるということですね。
しかも未来日記のテーマがサバイバルものとあって、味方につけるとここまで心強いヒロインはいません。強いですし。

ただ、いくつか残念な点もあります。
・3話のデートでの由乃様の服装が可愛くないこと
・原作があるので展開の意外性がないこと
・まどか、シュタインズ・ゲートが終わったあとにやるのはちょっと……。

■ましろ色シンフォニー
うりゅぅぅうううううなので。

■イカ娘2来
安定して落ちているので。

■ギルティ クラウン
メカとエロと設定のバランスが最高クラスなので。
音楽がUCで人気急上昇中の澤野氏なので。
生身の主人公が強すぎるのはちょっと……。
いのりさんの服装って爆裂天使にいそうですよね……。

■天空のエスカフローネ(再)
来年2月にBDが出るのでそれの宣伝目的で現在BS11にて土曜23:00から再放送中です。
BD用にリマスターした映像を放送してくれていて、15年前の作品とは思えないクッキリ画質なので。(あれ?これを録画しておけばBD買う必要なくね?)
実質的に真綾のデビュー作なので。

■LAST EXILE-銀翼のファム-
続編を8年間待っていたので。
音楽が黒石ひとみさんなので。
「良いGONZO」の筆頭格であるラスエグの続編がここまで遅れたのは何故だかわかりませんが、前作と同じ世界観で安心しました。
まだ2話までしか放映されていませんが、展開が非常に速い割に登場人物のキャラ付けも把握しやすいのが好感触です。
ただ、いくら私が「もっとアルたんのようなロリを出すべきだ」と願ったからと言って、メイン3人とも胸囲のないロリにしてしまうのは如何なものでしょうか?
傍観者に徹していた前作主人公のクラウス君よりも、キャラが立っているという点では改善ですが。
GONZO自慢のCGに関しては、8年前の時点で既に完成されていたんですね。

また、OPは真綾なのですが先のエスカフローネから15年も経っていると思うと隔世の感がありますね……。
ある時は和製ナタリー・ポートマン、ある時はリアル女子高生だった真綾も今では人妻です。

■ゆるゆり
ゆるゆりは終わらないコンテツ。


Filed under: 日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。