2012 年 6 月 13 日

[レビュー]大電光改エメラルドグリーン


軽さと安さに定評がある大電光シリーズの新色

エメラルドグリーンが発売となりました。
中々珍しい色なので購入するしかありません。(アキバドンキで798円)
(同時にバイオレットも発売していますが、そちらは希少性が低いので見送りました)


エメラルドグリーンという名だけあって、発色は緑が強めの水色(ミント)といった感じでしょうか?
要は世界のMIKU HATSUNEカラーですね。
明るさはいつもの大電光改レベルですので過度の期待はしない方がいいでしょう。

さて、この大電光改エメラルドグリーンを「パステルブルー」として使えるかどうかですが、比較対象が用意できていないため言及はできません。スミマセン。
世間一般で言うところのパステルブルーはRGB値的にG<Bとなっていなければいけませんが、このエメラルドグリーンはGが強すぎます。明らかに青系統の色とは言えず、緑系統の色です。

しかし、「ケミカルライトで言うところのパステルブルー」だとまた話は変わってきます。
ダイソーで売られている水色(パステルブルー?)はこのエメラルドグリーンのように緑が強めです。(つまりダイソーのは本当の水色じゃないw)
ルミカライトのパステルブルーだとまた発色が変わってくるようなのですがそちらは未確認です。

……発色がどうあれ他に選択肢がない以上、このエメラルドグリーンを買うしかないんですけどね(´・ω・`)
最近だと、特定の企業から献金を受けているんじゃいかと勘ぐってしまうようなペンライト規制をしているライブもあるそうなので。

以降はなんとなく撮ったカラフルビームの写真(コバルトグリーン、グリーン、ブルー)


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。