2013 年 12 月 1 日

[NEWS]ルイファン・ジャパンがモーター回転式ペンライトの特許を取得済み



最近のターンオン製ペンライトには「特許取得済み」というシールが貼ってあることから、一体何の特許なのかと特許電子図書館で検索したところ詳細が見つからず……。
試しにルイファン・ジャパンで検索したら興味深いものが出てきました。
出願日が平成24年5月17日なので丁度18ヶ月後の先月末に公開されたばかりのようです。


【公報種別】 公開特許公報(A)
【公開番号】 特許公開2013-236873
【公開日】 平成25年11月28日(2013.11.28)
【発明の名称】 発光玩具

【出願番号】 特許出願2012-113482
【出願日】 平成24年5月17日(2012.5.17)
【特許番号】 特許第5254478号
【特許公報発行日】 平成25年8月7日(2013.8.7)
【出願人】
【識別番号】 511166644
【氏名又は名称】 株式会社ルイファン・ジャパン
【住所又は居所】 東京都江東区青海2-7-4 theSOHO-203
【代理人】
【識別番号】 100161322

【要約】   (修正有)
【課題】携複数の回転軸をもつことによって、複数方向の回転運動をし、さらに回転運動に付随して発光することで、発光体の光の軌跡によって規則性を有した幾何学模様を描写可能な発光玩具を提供する。
【解決手段】中心モーターと、中心モーターに接続し、該中心モーターによって回転する中心軸と、中心軸の上端に接続し、ケース部101の内部に設けられる中心体202と、中心体202の内部に設けられ、発光体305b・305cの発光条件を制御する中心制御部と、中心体202に設けられ、電源部から動力の供給を受ける付随モーターと、付随モーターと接続し、付随モーターによって回転する付随軸と、付随軸と接続し、発光体305b・305cを有する付随体とを備える。

もっと詳しい説明はご自身で検索してもらうとしまして、これは面白そうなペンライトですね。
発光部がモーターで回転する機構のペンライトは発売されていないはずです。
一応、ルミカから大電光螺旋という「大迫力!!光のトルネード!!」がコンセプトなペンライトが出ていますが、

こんな感じに中のLEDが順番に光るだけでちっとも面白くありません。小さなお友達は騙せても大きなお友達は騙せないということです。
このペンライトが実際にキンブレシリーズとしてルイファンから発売されるのか、光るハブラシのようにOEMで出まわるのか不明ですが、まずは実物を見てみたいですね。


Filed under: ペンライトニュース — monta @ 00:00