2009 年 1 月 26 日

アニメ雑誌なんて買ってる人いるの?


そこら辺から拾ってきたデータ

アニメ雑誌の発行部数(印刷証明付)平均推移

       2005年   2006年   2007年 08年4~6月
NT.      185,833  165,583  152,750  157,000
メディア.  147,392  130,050  105,883  107,733
メージュ  *97,142  *86,992  *72,387  *64,160

メガミ    *43,725  *47,717  *64,391  *73,933


メガミマガジン一人勝ちワロタ。

一時期(98年~99年。いわゆるEVA直後のバブル期)、ニュータイプを定期購読していましたが、その時でさえ『ヨイショ記事と広告ばかりじゃないか。こんなの読んでも何の得もしない』と思い、さっさと買うのを止めてしまいました。

ネットの普及しきった現在では「新情報」という価値も薄れ切っているのに、今でも買っている人は何を期待して買っているのでしょうかね?
↑の御三家はどれも似たり寄ったりなので論外として他のアニメ雑誌に目を向けてみます。
日経キャラクターズ!は着眼点をアニメのセールス面に持ってきていてそこそこ面白かったのですが、如何せん、売れそうもないI.G.アニメ(お伽草子、風人物語、Blood+)を特集していて、全く需要と合っていないのが滑稽でした。
オトナアニメはオトナファミ以上に読んでいて何か歯がゆいです。


その点ではメガミマガジンは「二次元美少女グラビア誌」と割り切って、R15レベルの描き下ろしピンナップを大量に付けることで、↑の没落気味な御三家と差別化を図り、見事成功しているようですね( ´∀`)
角川もコンプH’sを経て、「娘TYPE(にゃんタイプ)」という似たようなコンセプトの雑誌を出すみたいです。

あと、メガミはなのは情報を独占できているという点も部数を伸ばせた理由かも知れません。(ただしStSはクソアニメ。撤回するつもりは一切ありません)

そもそも何故、メガミがなのはの機関誌になれたのか?
ソースが無く、信用できないのですが、

「1期の制作発表会にメガミしか来なかった」

らしいです。
ホントにそうなのですかね?
そこそこ人気があったエロゲ(のファンディスク)のアニメ化で、主役にもナナニーと般n…ゆかりんを置いていながらメガミ編集部しか来なかったとは考えにくいです。
確かに2004年当時ならナナニーも今ほどの知名度はありませんでしたが……。(そもそもmontaは矢吹氏が離れた後のナナニーしか知らない)

別の説としては、「単に他の雑誌に記事を出す余力が無かった」という現実的な説もあります。

まぁ、どちらでもいいです( ´∀`)


monta的には『アニメーションノート』という季刊発行の雑誌がオススメです。(正確には雑誌ではなくムックですが)

「アニメーションのメイキングマガジン」というキャッチコピー通り、アニメの制作工程が垣間見られます。

特に、

No.1とNo.5は新海ファンなら必見の内容となっています。


ロケハン&写真トレースばかりでは限界があるので、↑のように3Dモデルを最初に作ってから2Dに落とすこともしているそうです。

3Dですかぁ……。3Dはメタセコイアで雪だるまを作れるぐらいのスキル(=レベル1)しかないですねぇ。3Dを学び直してみますかね。


パイオニア、レーザーディスクプレーヤーの生産を終了

巨大さと重量感に単一電池並の頼もしさを感じられるLDの歴史がここに幕を閉じたのであった。

全盛期のLD
 VHD陣営
 ∧_∧         LD? ボコボコにしてやんよ
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪
 
 
 
 
      シャープ  富士通  ケンウッド 
   オラオラ  ↓オラオラ  ↓オラオラ↓ オラ  オラオラオラオラ
     オラオラ∧_∧ ∧_∧∧_∧オラオラ
      ∧_∧ω;;(∩( ∩;;ω),つ);ω∧_∧ ←松下電器
東芝→ ( ω;;(とミ∧_il!|∧lll 彡_∧彡つ);;ω)
      ∧_∧ミ(∩∧_∧彡づ);;∧__∧⊂)オラオラオラ
NEC→ ( ω(と≡⊂( ・ω・ )⊇≡づ);;ω )__ \← 三洋電機
     (⊂  と=ど(パイオニアづ=つ≡⊃) \ )
     /ヘ_∧〃∧__i!l|ミヘ_∧ミ_∧ミ∧_∧\オラオラオラ
ビクター→( ω(と彡(ω;;(し ミJ);;ω )つ);ω)ミ⊃);;ω) ) ←アイワ
   オラ(っ  つ /    )(    )   \   ⊂)オラオラ  
  オラ /   ) `u-u’.オラ∪ ̄∪オラ`u-u’    \オラオラ
    ,( / ̄∪オラオラ↑オラオラ↑オラ↑オラオラ∪ ̄\ )
        三菱電機  クラリオン 赤井電機
        
LD(パイオニア1社のみ) vs VHD(松下など 家電メーカー15社連合)        
      
                                 様子見
                                 Σ(゚Д゚; Σ(゚Д゚; ←ソニー
                                 ↑日立


パイオニア無双の時代があったんだよ……

とは、言ったもののLDがヲタ(主にアニヲタ)の間に普及して、「さぁ次は一般家庭を取り込むぞ!」って時には既にDVDが産声を上げており、結局世間一般からすれば忘れ去られた規格に成り下がっているのが現状ですね。
ちなみにVHDはVHSの誤植ではなく、本当にVHDという規格があったんですよ。
↑のAAで様子見していたソニーと日立は後にLD陣営に回りました。


アルケミスト、PS2「トリガーハート エグゼリカ エンハンスド」新キャラクタ「フェインティア」の情報などを公開

■ 新キャラクタ「トリガーハート フェインティア (Faintear)」 / CV:水樹奈々


■ ストーリーモードのイベントCG公開

 PS2版オリジナルの新モード「ストーリーモード」では、要所にアドベンチャーシーンが登場。イベントCGや声優によるフルボイスの演出がゲームを盛り上げる。


■ オープニングムービーのスクリーンショット

 PS2版では新たにオープニングムービーを制作。映像はP.A.WORKSによるフルアニメーションで、オープニングソングは志倉千代丸氏プロデュースによる新曲「GRAVITY ERROR」(歌:彩音)。

※P.A.WORKS = true tearsを作った富山県のアニメスタジオ。


エロゲ→コンシューマー移植の定番布陣過ぎてワロタww
いつの間にかPS2版エグゼリカがこんなことになっていたなんてw



左の製品情報を見ると、上も下もギャルゲばかりなのに違和感が無いのが凄い。(※エグゼリカはシューティングゲームです)

まぁ、エグゼリカはキャラデザ、つまり少女の柔らかさとメカの鋭角なシルエットの対比が良いのであって、ゲーム自体はそんなにおもしろくはな(ry



web拍手ノート
ヤスイを知ってるとは意外 てっきり貧乳派かと…

ヤスイ先生はニュー速で有名な方なので知っていただけですよ( ´∀`)
あと、おっぱいはキライじゃないです。おっぱいマウスパッド怖いよー(*´д`*)


痛キーボードについて一言ください。(´・ω・`)

作ったところでキーボードは家PCでしか使わない = 他者の反応を見られない
ので、あまり意味はないかなぁって。
あと、仕上がりもおもちゃみたいな安っぽい質感になってるなぁって。
……スミマセン、冷めててw
でもこれで商売できそうですね。


とりあえず一段落、乙です!

ありがとうございます!
更新が無くてもアクセス数が変わっていないと、とても申し訳なくなります。


とりあえずお疲れ様でした。卒論はテンポ?らないようお気をつけて。
「おかえり」ではリアル顔スルーですかね? 長男は永久に名前不明っぽそう。

リアル顔はおかわりのOPで使い過ぎたので休みですw


植松さんの新ファンクラブ始まったの知ってます?

もちろん知ってます。「犬耳家の親族」ですよね?
というか、入会しましたよヽ(´ー`)ノ
プレオープンの時から登録しておいたので特典ももらえるはず……!


Filed under: 日記 — monta @ 22:17

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。