2010 年 6 月 27 日

雑記100627_テレビが欲しい




部屋には3台のPCディスプレイがあるものの、まともなテレビは部屋の模様替えの際に撤去してしまったので無いのです。


こんばんは、montaです。


PCでデジタル放送を見たりPS3をHDMI接続することは容易いのですが、所詮24インチでは画面サイズが寂しいのですよ。
もちろんお察しのとおり「ミクさんのため」でございます^^;

「もっと大画面でDTとPSPのDIVA2ndをやりたい!ミクちゃんと1つになりたい!!」
そんなピュアでイノセントでドリーミーな願望を叶えるために37インチぐらいのREGZAを検討しています。
もうメーカーを選ぶ以前に、「ポータブルズーム」が必須なので東芝のREGZA一択ですw

というわけでリストアップした機種は次の4つ
・37Z1:127000円 (LEDバックライト、レグザエンジンDuo)
・37R1:117000円
・37RE1:105000円 (LEDバックライト)
・37Z9500:85000円
※全てエコポイント17000点付き
液晶テレビのスペックに関してはmontaはまるで門外漢だったので必死に勉強しています(*´Д`)
※どなたか詳しい人アドバイスください。

液晶テレビって今こんなに安くなっていたんですね!
もちろん3波チューナーを複数基搭載は当たり前、D5入力にIPS液晶、超解像、USB-HDD録画など動画用途でPC用ディスプレイを買うのが馬鹿らしくなるぐらい機能が豊富です。
先日発表されたナナオのゲーミングモニタ「FX2301TV」なんて定価99,800円もしながら23インチのTN液晶なので、生まれる前から死んでいる状態です。

つか、REGZAの液晶パネルも、Macのパネルも、iPad、iPhone4のパネルも、W241DGのパネルもついでにNECと三菱のパネルも、『LGのIPSパネル』なのに当のLG自身はゴミのようなTN液晶しか発売していないのは何故なの?
ブランドイメージが優れる他社にパネルだけ供給したほうが儲かるのでしょうか。

それはさておき、上記4つの37インチREGZAでmontaが狙っているのは37R1です。
R1とRE1ではLEDバックライト搭載のRE1の方が上位機種扱いなのですが、「白浮き」するらしくあまり画質がよろしくないようなのです。(そのため人気がなく、実勢価格にも反映されてしまっている)
まだまだLEDバックライト制御は未成熟なようです。

37Z1はフラグシップのZシリーズだけあって2番組同時録画などパワーにものを言わせた処理が可能なのですが、そもそも録画機能はイラナイがな……。
一癖ありそうなLEDバックライトですし、127000円も出すならもうワンランク上のインチサイズが射程圏に入ってきますしね。

一番安い37Z9500は3月に発表されたモデルですが、中身は昨年の37Z9000と大差なく、倍速や超解像技術も1世代前のものらしいです。
特に必須機能である「ゲームダイレクト」が最新の「ゲームダイレクト2」ではなく初期ver、さらにD5ではなくD4入力までしか対応していないのもマイナスです。

というわけで消去法で37R1になりましたとさ。


……それでですね、ここまで検討した時点であることを思い出したんです。

『3Dに対応していないじゃん!』

なんということでしょう。
せっかく時代がとびだせ大作戦に追いついてきたというのに、そのビッグウェーブに乗らないんじゃ勿体ない!!

東芝さん早く3D対応REGZAを発表してくださいよー。(予定では2010年夏に発表)
あ、もちろんセガは3D対応のDTを至急作ること。



それはそうと、


家のリフォームが終わらないので部屋の家具配置が決まらない = テレビを置くスペースを勘定できない罠。



新しい風呂はできたんですけどね。風呂は。
Filed under: 日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。