2010 年 8 月 24 日

近くて遠いメトロポリタン


ウチ(さいたまの辺境)はTOKYO MXが受信できません。

つまり、
『WORKING!もB型H系も映らないんだよKSG!!!』
という状況でした。

これは由々しき問題でしたので、この度かっちょいいアンテナとブースターを設置し、TOKYO MXの貧弱な電波を受信してやろうと計画しました。


八木アンテナ(株)の20素子アンテナCLUS-W20CRです。
全長2mにも及ぶパラスタックアンテナです。武器にもなります。


屋外ブースターのEZDSU35。電源部を分離できるので(電源部だけを室内におけるので)非常に便利です。
もちろん利得は家庭用では最強クラス。


で、こいつらを屋根に取り付けテレビでチャンネルスキャンをすると……


『やったー、未来都市が映ったよ-^q^』


……チバテレビじゃねーか!!
俺が見たいのは規制が緩くて湯気が薄くてピンク色が濃いTOKYO MXだっての!!

おかしいなぁ……東京タワーに向けたはずなのに。
船橋から出ているチバテレビの電波を拾ってしまうとは、恐るべき20素子アンテナとブースター。

でもチバテレビじゃテレ玉とやっているアニメが大差ないので、やっぱりMXを受信したいところです。
もうちょっと調整が必要ですね。


ちなみにホントはこんな超強力なブースターは必要ないのですが、如何せん部屋の分配数が多いので仕方ないんですよ。
6分配をさらに6分配とかキチガイですからねw

カモンの分配器(FB-○V)シリーズは普通に使えるので重宝しています。(変換名人のハリガネは論外w)

シンプルで使い勝手がいい変換コネクタが揃っているカモンさんです が、↓のS-4C-FBなアンテナケーブルだけは酷いできです。

このケーブルを使うだけで3dBぐらい減衰しますからね。驚異ですよw
よい子の皆さんは5CケーブルにF型接栓を付けようね♪



web拍手レス
WindowReunion、ガジェットがおかしな現象に見舞われるのは仕方ないことなのでしょうか?


大変ご迷惑をおかけしております。
こちらでもWindows7標準のガジェットで現象を確認しました。(スミマセン、今までOS標準のガジェットは使っていませんでした)

ガジェットが実体部とスキン部に分離してしまう現象ですよね?
原因としては7のガジェットは、1つのガジェットにつきプロセスが2つ動いているようで(sidebar[ウインドウタイトルなし]とsidebar[ウインドウタイトルあり])、WindowReunionの方法で移動できるので前者sidebar[ウインドウタイトルなし]だけのようです。
片方のプロセスだけ強制的に移動させて、もう一方は置き去りになっており結果として分離現象が発生してしまっているようです。
応急措置的な対応策としては、「7のガジェットに対しては移動を一切実行しない」ということになると思われます。
近日中に修正版をリリースする予定です。

この度はバグ報告ありがとうございます。
そのほか、拍手でご指摘いただいた例の箇所も修正しました。重ね重ねありがとうございます。


Filed under: 日記 — monta @ 01:06

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。