2010 年 12 月 12 日

AD-7700Sが1680円だったから。他。




ラブロスでソニーオプティアークのスリムDVDドライブ「AD-7700S」が中古1680円だったので買ってみました。

こんにちは、montaです。


写真に写っているケースはスリムドライブ用外付けケース(980円)
つまり、計2660円でポータブルDVDマルチドライブの完成します。(中古だけどね)
レーザーダイオードとサーボ回路の固まりである光学ドライブ本体が1680円なのに、SATA-USB変換ブリッジぐらいしか載っていないケースが980円なのは腑に落ちない気もしますが、そこは気にしたら負けです。

光学ドライブの中古はどうかなと思いましたが、ラブロスには同じモデルが大量に積まれてあったことから、リース上がりのノートPCから抜いたものなのでしょう。企業ユースならそこまで酷使されていないだろうという希望的観測です。


AD-7700Sは2009年に登場した最新のスリムDVDドライブで、スペック的には

■Read Speed■
DVD: 8x max. CD: 24x max.

■Write Speed■
DVD-R: 8x max. DVD+R: 8x max.
DVD-RW: 6x max. DVD+RW: 8x max.
DVD-R DL: 6x max. DVD+R DL: 6x max.
DVD-RAM: 5x max.
CD-R: 24x max. CD-RW: 24x max.

と、強まっています。
……とは言ったもののDVDドライブの進化なんてここ5年ぐらい、興味がないというか実用上何ら問題ないスペックにまで到達してしまっているので「書き込み速度が24倍になりました!」とあっても『いや、8倍ぐらいでしか焼かないし……』と冷ややかな気持ちになっているのがmontaです。うるさい割にそんなに時間が変わらないので。(あくまで外周の最高速度24倍速であって、内周は低速で書いているため)

さて、ケースに装着!

……入らない\(^o^)/

そうです、この(montaが買った)AD-7700Sは一般的なスリムドライブのベゼルではないのです。
「ノートPC抜き取り品」として売られていたことを忘れていました。特定のノート向けなベゼルデザインだったのです。


仕方ないのでちょっとベゼルを削ることで、無事にケースに収めることができました。
やったね、montan!


ちなみにこのケースはUSB1本だけでは動作が不安定で、DC5Vを別途供給してやらなければなりません(USBケーブルがもう1つ付属)
ブリッジチップとドライブ本体を駆動させるにはいささか電力が足りないのでしょう。

何れにせよこれでポータブルDVDドライブが手に入りました。
光学ドライブのないノートPCでも出先でブートドライブとして活用できるので便利ですよ。



ソフマップでV550 Nanoが1980円(ポインヨ9%)だったのでついつい購入。
横で2980円で売ってたゴツいMX1100には目もくれず、白いすべすべ肌に起伏のないなだらかな曲線がロリっぽくて東儀白たん並にカワユスなV550をボクは選ぶ!!(病)


廉価モデルながらマイクロギアホイールまで装備しているのがポイント。
詳しいレビューは後ほど。

初音ミク ライブパーティー 2011 「ミクパ」公式サイト

例によって3月9日(平日)に開催。
会場は前回と同じZeppTokyoですが、ライブ映像が世界的に有名となってしまったミクさんが今回も同じキャパで事足りるわけもなく。
また昼公演も追加しないと難民続出ですぞー。

あと、後々映像ソフト化されることを考えれば長モノの持ち込みは規制して欲しいです。
あの長ネギ女さんとタンバリンみたいな自作LEDサイリウム野郎の存在が許せない……。ぐぎぎぎ……。
あと、後々映像ソフト化するのなら『5pbは外して欲しい』です。
光学ズーム使わずにデジタルズームでトリミングするクソ編集(顔アップでのジャギジャギはこのため)、曲の展開(サビ・メロ)を意識できていない頓珍漢なカメラワークなどとてもプロの仕事とは思えず。
5pbはCDの音質も終わっている時があるので、千代丸王子の志の高さとは裏腹に下に集まるスタッフの能力には懐疑的になってしまうのはもはや必然です。残念ながら。
「生きているミクさんの姿」を有りのまま映像に残せるスタッフを急募して欲しいですね。


NHK BSベスト・オブ・ベスト

実は先週から始まっているBShiの再放送企画。
もうHDDの容量が足りなくて足りなくてw
先日はプラネットアースが連続で再放送されていましたね。

この中でmontaのオススメは
12月20日(月)深夜0時30分~(21日 午前0時30分~)

独立時計師たちの小宇宙 ~スイス・超複雑時計の世界~ 

スイスでは、時計師たちを「キャビノチェ」と呼ぶ。中でも異色の存在が、どこにも所属しない独立時計師。
極小部品を組み込むゼンマイ仕掛けの機械式時計を、年に数本のみ手作りで仕上げる。その卓越した技と情熱に迫る。
(初回放送:BShi 2002/6/18)

です。
デジカメを選ぶ際には「最短撮影距離」を真っ先に確認してしまうほど、マクロ撮影が大好きな人はぜひ見てください。
ハイビジョンカメラに特別なマクロレンズを取り付けての撮影だったと思います。
精巧な機械式時計の内部に「濡れるッ!」となること間違いなしです(*´д`*)
他には『城 王たちの物語』『ワールド・プレミアム・ライブ -サラ・ブライトマン-』もオススメ。


このサイトは大量の

ゆずの処分に困るmontaがお送りしております。風呂にでも入れますか。


Filed under: PC,日記 — monta @ 16:04

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。