2013 年 1 月 26 日

[レビュー]ターンオン サンダー110


[最終更新:2013.01.27 PM16:30]


メーカー ターンオン有限会社
発売日 2013年01月23日
定価 2,100円
購入日 2013年01月25日
購入店 でらなんなん秋葉原店
購入価格 2,000円
ペンライト色 オレンジ、レッド、グリーン、ブルー、イエロー、ピンク、ピーチ、ホワイト、バイオレット、パープル
※すべて単体売り
光源 3W 白色LED
※赤、緑、青は1.5WカラーLED
電池 単四x3
光量切り替え 3段階
連続点灯時間 3.5~10時間(メーカー公表値)
※光量によって異なる
全長 24.7cm
※Sシリーズは全長20cm
重量 100.3g(電池・ストラップ含む)
ストラップの有無 付属




「月刊ターンオン」かと思うほど発売ラッシュが続くターンオン様より、新たに「サンダー110」シリーズがラインナップされました。
昨年9月に発売された「サンダー」を電池3本仕様および低価格化(3140円→2100円)したペンライトです。
てっきりサンダーの廉価版だと思っていたのですが、後述の結果を見るとどうも違うようです。

ラインナップは「オレンジ、レッド、グリーン、ブルー、イエロー、ピンク、ピーチ、ホワイト、バイオレット、パープル」の10色×2(ノーマル、ショート)で計20種類です。
旧来のサンダーシリーズではレッド、グリーン、ブルーは白色LED版とカラーLED版(彩シリーズ)の2種類があったのですが、110からはカラーLEDの彩シリーズのみに統一されたようです。白色LEDだと色が薄くて意味ないですからね。


ともあれ、これで「サンダー」と名のつくペンライトは「サンダー×26種類」「サンダー110×20種類」「カラフルサンダー110×4種類」計50種類に達しました。
でらなんなんなどペンライトショップの在庫管理が心配になりますね……。


パッケージスキャン(※2206×3308ピクセル)

■外観■

外観はカラフルサンダーと同じです。


全長は24.7cm、発光部は15cmです。カラフルサンダーと同じ寸法です(ボディを流用している)


持ち手についてはサンダーシリーズは円柱形ではなく箱型なので、持つところによって太さが27mm-30.5mmに増減します。
当サイトでは非推奨ですが、指の間に入れて複数持ちするとフィットしないので痛いですね。


重量はストラップと電池込みで100.3g


サンダー110のレッド、グリーン、ブルーはLEDが単色カラーLEDなので本体にLED色がプリントされています。
これは非常に有り難いですね。旧サンダーやキンブレも外観が全て同じなので点灯してみないと色がワカラナイので何か目印を付けておく必要がありましたから。


レンズはレッド、グリーン、ブルーは拡散レンズ、白色LEDタイプは通常レンズでした。
サンダーシリーズが拡散レンズを採用する基準が今一わかりません。

混色させたほうが良さそうなカラフルサンダーは何故か通常レンズだったり、サンダーSオレンジは何故か拡散レンズだったり謎です。


先端処理はサンダーでお馴染みのスポンジです。
このスポンジも万能ではなくて、

このようにズレてくることがあります。現場では大閃光などを突っ込んで直しています。

■操作性■

スイッチはサンダーのスライドスイッチ方式から、キンブレ、ルミエースと同様の底面プッシュスイッチ方式に変りました。
カラフルサンダーの基板とマイコンを流用したので簡単に実現できたのでしょう。
ただ私の使い勝手では、最高輝度モードがどれか明確にわかるスライドスイッチのサンダーの方が反応速度の面で使いやすいですけどね。
マイコン制御のプッシュスイッチ方式だと、ボタンを押しすぎて目的の光量を通りすぎてしまうことがありますからw
(→スライドスイッチのサンダーは振っている間に勝手に位置がズレてしまうことがあるので、プッシュスイッチが一概に悪いとは言えません)

操作方法は次のとおりです。
【ライトON】
●光量記憶ON:約1秒間押す→OFFにした時の光量が次回ON時に点灯
●リセットON:長押し(約3秒間)→光量レベル1からのスタート

【光量調節】
スイッチを押すたびにレベル1→レベル2→レベル3→レベル1→……の順に変化

【ライトOFF】
スイッチを長押し(約2秒間)するとライトOFF

まぁ、普通ですね。
ただ、注意して欲しいのは「電池を入れたばかりの初回起動時は約3秒間長押ししないと点灯できない」ということです。故障ではないのでお気をつけください。
※一度点灯させれば光量を覚えるので次回から1秒間で点灯できます。

■照度・消費電流■
例によって照度は「コンサート用ペンライトの照度比較」ページにまとめていますのでそちらをご覧ください。

安定化電源で定電圧動作させた場合の消費電流値をテスターで測っておきました。
【サンダー(6V)】
光量レベル レッド グリーン ブルー オレンジ(白色LED)
LV1 90mA 110mA 110mA 110mA
LV2 220mA 230mA 230mA 290mA
LV3 350mA 370mA 380mA 730mA


【サンダー110(4.5V)】
光量レベル レッド グリーン ブルー オレンジ(白色LED)
LV1 120mA 110mA 100mA 140mA
LV2 250mA 240mA 230mA 290mA
LV3 370mA 380mA 370mA 460mA

白色LED以外はそれほど消費電流値が変わっているわけではないのですが、照度を見ると大きく異なります。
サンダーだけ抜粋します。
  サンダー サンダー110
LV1 LV2 LV3 LV1 LV2 LV3
オレンジ 188 461 950(新品電池)
800(1分後)
738(2分後)
691(3分後)
222 379 678
82(彩) 189(彩) 296(彩) 98 210 319
159(彩) 276(彩) 382(彩) 173 320 445
181(彩) 376(彩) 596(彩) 182 415 664

この結果から110シリーズからレッド、グリーン、ブルーはLED自体が変更されたか、もしくは旧サンダーの電流制限抵抗で無駄に消費されてしまっているかのどちらかですね。
いずれにせよ、レッド、グリーン、ブルーに関しては旧サンダー彩シリーズを選ぶ利点がなくなりました。

■発色■
まずは色ムラを見ます。

青とオレンジは根元と上部が若干暗くなりますが気になるレベルではありません。
赤と緑は恐いぐらいキレイです。
ちなみにフリッカーはどの光量でもありません。

■オレンジ■

サンダー一族はスゴイとしか言いようがありません。
この写真では輝き過ぎて微妙な明暗が分かりづらいので露出を下げてみます。

色ムラがわかるでしょうか。サンダーSの発光部があの長さなのは光が届かなくなるからですね。

■レッド■

レッドはキンブレがフリッカーのある旧SuperRedしか出ていないので現状ではサンダー110が一番使いやすいと思います。

■グリーン■

新たに発売したキンブレSuperGreenは微妙に緑色が他と違います。
詳しくはSuperGreenのレビューをご覧ください。

■ブルー■

ブルーはマット仕様が良いならサンダー110、キラキラ仕様が良いならキンブレSuperBlueをお選びください。どちらも甲乙付けがたいデキです。

■まとめ■

■良い点
・価格が定価ベースでキンブレと同等
・明るい
・色ムラが非常に少ない
・フリッカーなし
・レッド、グリーン、ブルーは単色カラーLEDで発色がいい

■悪い点
・(非推奨ですが)複数持ちがしにくい
 …これぐらいしかありません

ターンオンが本気でキンブレ(ルイファン)に対抗してきたとハッキリ分かる製品でした。
従来のサンダーは「高い、重い」という弱点がありましたが、価格も同じで重さも電池3本に軽量化したとあっては、あとは企業体力による物量勝負になってきている感があります。
キンブレ発売から早9ヶ月。公式ペンライトで穏やかだったターンオンをここまで本気にさせてしまうとは、何が起きるかワカラナイものですね。
キンブレがSuperBlue、SuperGreenでマット仕様を標準で用意しないのも、「マット好きはサンダー、キラキラ好きはキンブレ」というように棲み分けを狙ってのことなのかも知れません。


35 Comments »

  1. お久しぶりです
    紫マニアです。
    毎回レビューお疲れ様&有難うございます

    ところで、サンダーの種類が増えすぎて結局の所どれを買っていいかわからなくなってきました
    実質カラフルサンダーはサンダーに比べて明るさや光量は劣ると思いますが、今回新しく出たサンダー110は通常サンダーとどう違うのでしょう?
    また明るさや光量はレベル1〜3で違いはありますでしょうか?
    写真を拝見する限りだとあまり大差ない気がするのですが…
    でもそうすると誰もがサンダーではなくサンダー110を買うのでは?サンダーの存在は?という疑問があります(^-^;

    宜しければコメントお願いします

    Comment by 紫マニア — 2013 年 2 月 3 日 @ 19:48

  2. お久しぶりです。

    明るさ(照度)については
    http://monta.moe.in/wp/2012/07-20/23-59_1002
    にまとまっていますので、そちらをご覧ください。
    サンダー(オレンジなど) > サンダー110
    サンダー110(赤、緑、青) > サンダー彩(赤、緑、青)
    という関係になっています。
    通常のサンダーは生産終了のアナウンスがありまして、残りは店頭在庫のみになります。
    今買うならサンダー110で良いと思いますよ。

    Comment by monta — 2013 年 2 月 4 日 @ 01:01

  3. お返事有難うございます!
    携帯で見てるので
    照度の表が文字が被って全く分からない状況なのですが、PCで見れば大丈夫でしょうか?

    通常サンダーは生産終了なのですね。
    結局以前に質問させて頂いた時からペンライト買えずにいるので、買うならバイオレットかパープルの予定です。

    通常サンダーがなくなるのならサンダー110で問題なさそうですね。
    安いですしw

    Comment by 紫マニア — 2013 年 2 月 4 日 @ 05:43

  4. 照度の表ですが、PCかスマホで見てください。
    下のほうに画像版が用意されています。

    Comment by monta — 2013 年 2 月 5 日 @ 00:47

  5. こんにちは。いつも参考にさせていただいています。
    質問なのですがターンオンから発売されたスティックヘッドはキンブレの交換用チューブの用にいろんな色があるわけじゃないんですよね?

    Comment by 鷹 — 2013 年 2 月 27 日 @ 21:57

  6. >>鷹 さん。

    はい、そうです。
    現時点ではカラフルサンダー用のホワイト系(キラキラ、マット)しか発売されていません。
    今後どうなるかはワカリマセン。

    Comment by monta — 2013 年 2 月 28 日 @ 00:38

  7. 返信ありがとうございます。発売されることを期待してます。

    Comment by 鷹 — 2013 年 2 月 28 日 @ 21:19

  8. 思ったのですがサンダー110にキンブレの交換用チューブを取り付けても綺麗に発色しますか?隙間ができてしまうとのことですが何か害が及ぶことはありますか?

    Comment by 鷹 — 2013 年 2 月 28 日 @ 22:03

  9. 隙間ができるということは、その隙間から光が漏れるということです。
    この状態で振っていると周りの人にLEDの光が直撃するのでオススメしません。(隙間を塞げば大丈夫です)

    Comment by monta — 2013 年 3 月 1 日 @ 01:24

  10. なんどもありがとうございます。では隙間を塞げば問題もなく綺麗に光るということですね!?

    Comment by 鷹 — 2013 年 3 月 1 日 @ 07:20

  11. サンダー110(白色LED)のスティック部分を赤色に変えたいのですがキンブレの交換用チューブ(隙間処理はします)とネオンスティックどちらがオススメですか?

    Comment by 赤好き — 2013 年 3 月 17 日 @ 05:43

  12. 赤好きさん、返信が遅れました。

    http://monta.moe.in/temp/130318_01.jpg
    白色LEDにネオンスティック赤の筒を付けるとピンクになってしまいます。
    キンブレのマット赤だと紅色になります。
    赤色は白色LEDで再現するのが最も難しい色のため、できれば赤色LEDで発光させた方がキレイですね。

    Comment by monta — 2013 年 3 月 19 日 @ 01:01

  13. わざわざ写真までありがとうございます!やはり赤色LEDでないとダメなのですね・・・セロファン折り紙などでフィルターを着けてもダメでしょうか?

    Comment by 赤好き — 2013 年 3 月 19 日 @ 01:16

  14. http://monta.moe.in/temp/130319_02.jpg

    ネオンスティック赤に定番の「透明おりがみ」の赤を2枚入れてみたところ、赤色っぽく見えるようになりました。
    さすがに明るさも落ちますが、サンダー110LV3ならば実用できると思います。

    Comment by monta — 2013 年 3 月 21 日 @ 01:08

  15. ありがとうございました。参考になりました。青色とかとは違い明るさと発色を両立するのは難しいのですね…

    Comment by 赤好き — 2013 年 3 月 21 日 @ 01:24

  16. サンダー110 ネオンスティック(彩レッド)を買おうと検討しているところです。ペンラの中のシートをOHPのシートで代用し、デザインしてみようと考えているのですが、この商品輝度が高いようで、書かれた文字が見えにくかったりするのでしょうか?

    Comment by ぱんややーん — 2013 年 3 月 21 日 @ 20:17

  17. >>ぱんややーん さん

    私はOHPフィルムでデコシートを作ったことがないのですが、Twitterで似たようなことをされている方がおりました。
    https://twitter.com/sakusakuda/status/299145832576458752/photo/1
    黒で印字すれば大丈夫そうです。(写真はサンダーではなくキングブレードです)

    Comment by monta — 2013 年 3 月 23 日 @ 10:05

  18. ありがとうございます。実はキングブレードのホワイトとサンダー110 ネオンスティック(彩レッド)を通販で注文したところでした。キンブレはLED白なのでデコシートは見やすそうです。サンダーの方も参考にして作ってみようと思います。

    Comment by ぱんややーん — 2013 年 3 月 23 日 @ 11:57

  19. こんにちは。いつも拝見させて頂いております。
    エメラルドグリーンのペンライトを色々と模索しているのですが、サンダー110のブルーに緑の筒を付けたら、エメラルドグリーンになるでしょうか?
    お時間がありましたら是非よろしくお願いします。

    Comment by めーじそ — 2013 年 3 月 28 日 @ 22:05

  20. >>めーじそ さん

    http://monta.moe.in/temp/130329_02.jpg
    確かにサンダー110ブルーに緑の筒を付けると、薄グリーン系統の色になります。
    ただ、エメラルドグリーンというよりミントグリーンのような色になってしまいます。

    Comment by monta — 2013 年 3 月 30 日 @ 00:29

  21. ありがとうございます!
    参考にさせて頂きます!

    Comment by めーじそ — 2013 年 3 月 30 日 @ 14:36

  22. サンダー110(白色LED)を青にしたいのですがキンブレマット、キラキラ、スーパーブルー筒の3つの中でどれが一番明るく、発色がいいでしょうか?

    Comment by 鷹 — 2013 年 4 月 1 日 @ 00:12

  23. >>鷹さん

    その中ではシャイニングブルーが一番キレイです。
    http://monta.moe.in/temp/130401_01.jpg
    シャイニングブルーは元々、白色LED用に調合されていますので。
    マットブルーは表面がザラザラしており、さらに明るさも落ちるためオススメしません。
    スーパーブルーのフィルムは青色LEDを使うことを前提に色が薄くなっています。

    Comment by monta — 2013 年 4 月 2 日 @ 00:51

  24. ありがとうございます!明るさではスーパーブルーが一番でしょうか?

    Comment by 鷹 — 2013 年 4 月 3 日 @ 00:25

  25. その通り、明るさではスーパーブルーのフィルムが一番です。
    ただし光源が白色LEDでは水色っぽくなってしまいますのでご注意ください。
    発色を重視されるならスーパーブルー本体を買うか、サンダー110ブルーを買うか、
    フルカラー系のX10、カラフルサンダーを買うことをオススメします。

    Comment by monta — 2013 年 4 月 3 日 @ 00:34

  26. ありがとうございます!参考になりました。

    Comment by 鷹 — 2013 年 4 月 7 日 @ 17:28

  27. サンダー110にもキラキラバージョンが販売されたらしいのですが、現物を入手されてお時間があれば検証の方よろしくお願いします。
    サンダー110用の交換用の筒(長さはノーマルとSの2種類で全色とのこと)も販売されると店の人に聞いたのですが、詳しいことが分かればレビューの方でお願いします。

    Comment by まーくん — 2013 年 4 月 16 日 @ 12:07

  28. >>まーくんさん

    キラキラ用の筒も全色購入しています。
    4月末ぐらいに比較できればと思っています。時間が中々取れずに申し訳ありません。

    Comment by monta — 2013 年 4 月 17 日 @ 01:27

  29. こんにちは。いつも参考にさせていただいております。
    パステルブルーのペンライトを探しているのですが、サンダー110(白)+サンダー青筒でパステルブルーまたは類似色に近いものになるのでしょうか?

    Comment by あおじそ — 2013 年 5 月 15 日 @ 14:24

  30. あおじそさん、こんにちは。
    白色LEDに青いフィルムを使うと薄い水色になるだけでキレイではありません。
    丁度17日にターンオンから『アクアブルー(水色)』『スカイブルー(空色)』という新色が登場するので、もう少々待ってください。
    購入次第、比較写真を掲載します。
    https://twitter.com/deranan2/status/333869738373550080/photo/1

    Comment by monta — 2013 年 5 月 16 日 @ 01:46

  31. 御返事ありがとうございます!
    アクアブルーとスカイブルーのサンダーですか。どのような発色なのか楽しみです

    Comment by あおじそ — 2013 年 5 月 17 日 @ 23:13

  32. アクアブルーとスカイブルーの比較写真です。
    http://monta.moe.in/temp/130518a.jpg
    アクアブルーはエコブレSSの浅葱色(緑がかった青)に近い発色を白色LEDで再現しています。

    http://monta.moe.in/temp/130518b.jpg
    スカイブルーは、色としては薄い水色。
    普通のブルー(デフォルト光源:青色LED)を白色LEDに換装したものと比較してラメ感(光漏れ)が抑えられています。
    ただ、遠目には発色の違いがわかりづらいです。

    Comment by monta — 2013 年 5 月 18 日 @ 19:46

  33. 比較写真までありがとうございます!
    カラフルサンダーのライトブルーに近いのはスカイブルーの方なんですね

    Comment by あおじそ — 2013 年 5 月 19 日 @ 14:16

  34. いつも参考にさせてもらってます。
    閃ブレ時代にオレンジの中にイエローを入れるとUOに近いとありましたがサンダー110のオレンジはイエローを入れなくてもUOに近い発色なんでしょうか?

    Comment by レイ — 2013 年 7 月 27 日 @ 20:39

  35. はい、2012年中期ぐらいからオレンジ色の濃度が再調整され、UOに近い発色になりました。

    Comment by monta — 2013 年 7 月 28 日 @ 02:29

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。