2008 年 7 月 3 日

Creative:「EP-630」




テクニカルデータ
 ドライバー:φ9mm ネオジウムマグネット
 出力音圧レベル:106dB/mW
 再生周波数帯域:6~23,000Hz
 インピーダンス:16Ω
 質量:約9g
 プラグ:φ3.5金メッキステレオプラグ
 コード長:1.2m(Y型) OFC


クリエイティブのカナル型イヤホン「EP-630」がじゃんぱらで1080円(未開封品)で売っていたのでつい買ってしまいました。
(普通は市価2500円ぐらいします)

じゃんぱらには他にも未使用のイヤホンが多数置いてありますが、一体どういったルートで流れてくるのでしょうか?不思議です。
(もちろん正規品です)



2008年3月製造。新しいです。



実はこのEP-830、SENNHEISERのCX300とほぼ同一モデルです。
どちらも、ベースはフォスター電機の
382326というモデルで、OEM供給を受けているのです。
※フォスター電機は日本の音響機器メーカー。自社ブランドは持たず、他社(日本メーカーはもとよりSENNHEISER、AKGにも!)にOEM供給している隠れた実力派です。


EP-630の音は低音よりの傾向ですが、単にボコボコ鳴るだけの下品な低音ではなく、しっかり芯を感じさせてくれる上品な低音となっています。
中音、高音も完全に埋もれてしまうことはなく、そつなく鳴らしてくれます。

また、背面に通気孔が無いので音漏れも少ないはずです。

この価格でこの音は超優等生。
正直、先々週に2500円で買ったATH-CKM50と同程度の評価……。

ただ、唯一の欠点はケーブルが1.2mもあることです。外で使うには長すぎます。
というわけで、ショートケーブルになるATH-CKM50は無駄になりませんでしたw


※以下はUXGA解像度







Filed under: Audio & Visual,Picture — monta @ 23:59