2008 年 12 月 7 日

Ceuiの『神々の詩』はスバラシイ


曲名からして神曲。
マイナーなので紹介。


Ceui(セイ)さんの新曲『神々の詩』買ってきました(*゚∀゚)=3ハァハァ

Ceuiさんと言えばmonta的には、京四郎と永遠の空ED『微睡みの楽園』で「お?初めて聞く名前だけど良い声だな。曲自体も特にイントロが良い。作曲は誰だろ?え、小高光太郎?こっちも初めて聞く名前(※1)だ。Lantisはどこから発掘してくるのだろう?」で始まり、
solaのED『mellow melody』で「Ceuiさんのボーカルと小高さんのメロディとのマッチ具合は異常だろ……」と確信し、以後ずっとこの両者の名前を覚えておくことにしました。
(※1:montaはスタッフクレジットを全部見ちゃう方。あまつさえ気になった名前は覚えてしまう方。クレジットを全部流さないテレビの映画番組は制作者に対する冒涜)

判りやすく言えばシモツキンを高くして若干か細くすればCeuiさんになります。(判りにくくても直感で判れ)
幻想系の曲に非常に合う声質ながら同人上がりではなく、当初はインディーズで活動していたようです。

作曲の小高さんはWikipediaを見るとLantis以外ではこれまで編曲がメインだったみたいですね。
ストリングスとシンセがメインでどの曲もインスト版だけでも聴きたくなるほど綺麗。

2007年5月のmellow melody以後はsolaやエターナルファンタジーのイメージソングを歌っただけでシングルの発売が無かったわけですが、この度、『ラグナロクオンライン 6thアニバーサリーイメージソング』という形で神々の詩をリリース。

「ROってまだあったのかよ!?」と逆に驚いてしまいましたw
もう6年も経つのですか。FF11も2002年5月サービスインですから同じぐらいですね。

ROと言えばデジキューブから発売されたサントラの音質。
ゲームクライアントに収録されている22KHzの圧縮音源(低レートのmp3)をWAVにデコードして、そのままCDに焼き付けただけという、『ちょww圧縮前のマスター使えよwこれなら自分で作れるじゃんw 金取るっていうレベルじゃねーぞ!!』と阿鼻叫喚だったことが記憶に残っています。参考:amazonのレビュー


何やらゲーム内で「兎耳帽子」というアイテムを装備できる権利が同梱されているようです。(ボロい商売だなぁ……。)
でも、ROをヘビーにやっておられる方々からすればこの権利のために1500円払うのは惜しくないのでしょうね。
ちゃんとCDも聴いてくれればなお良いのですが。

CDには

1.神々の詩
2.Prayer
3.ティタニアの森
4.Prelude~運命の欠片~
5.神々の詩(inst)

で、実質4曲収録されています。
もちろん全作編曲:小高光太郎 全作詞:Ceui
捨て曲は一切なし。
悔しいですが、シモツキンのアルバムよりも満足度が高いです。(もちろん良曲の多さではシモツキンが勝るのですが、平均値を取ると、ね……)
表題曲の神々の詩も良いですが、特にお気に入りが「Prelude~運命の欠片~」。
これをノンタイアップにしておくには勿体なさ過ぎる。
プレリュードどころかクライマックスな曲です。

余談ですが「神々の詩」と言えばTBSのドキュメント番組であり、同番組のテーマソングの方が世間一般には有名ですね。作曲は姫神。(not 秋沙)
こちらの神々の詩も嫌いじゃないんですが、イントロから30秒ぐらいまで聴けば正直お腹いっぱいでそれ以降は「ちょっと長いよ……」と飽きてきます。

何にせよ、これからもmontaはCeuiさんと小高光太郎さんを応援していきます。


Filed under: 日記 — monta @ 23:57