2011 年 4 月 24 日

ヴァニタス・ヴェリタス・ヴェルサス


montaが唯一ブランド買いしているRococoWorksさんの最新作、

『ヴァニタスの羊』でございます。


こんにちは、エロゲを滅多に買わないmontaです。

例外としてRococoWorksさんだけは原画の笛先生の絵が魅力的過ぎて、tarte時代から信者をやっております(;´Д`)
「謎の白い液体」に反応してしまうような盛んな殿方には肉つきの物足りない画風でございますが、笛絵の魅力はエロスではなく、華奢な線の中にある暖かさ、保護本能を刺激される少女の危うい眼差し、なぞのマスコット生物、ミニチュア的世界観にあると思うのです。
エロ成分はむしろ無くてもいいとさえ思っていたり。

購入したのはベッドシーツの付くメッセサンオー。布モノの特典が一番好きなので^^;


テレーゼさんブヒぃぃぃいい!!

おっと、取り乱してしまいました。
テレーゼさんの小ぶりなおっぱいとデリケートゾーンに目が固定されてしまいましてね。
え?笛絵にエロは不要?
誰がそんなことを言っておるのです。
笛絵のエロスこそ、神が人間に与えた背徳感という試練。ボクはいつも良心に問いかけながら心の涙を流しつつ堪能していますよ?


本編プレイ中。
まだプロローグ(過去編)が終わっただけですが、掴みは非常に良いです。
どんな物語でも後見人である父親役、母親役がいるとストーリーの展開がド安定します。
伏線も回収できるであろう適度に残しているのも大丈夫。
子供時代のクロード、テレーゼの人形劇などのやりとりも微笑ましく。
ただ、風の噂では終わりに行くほど尻すぼみになるとかならないとか、信者によっては許容範囲とか、笛絵だけはガチだとかそんな話を聞いています。

シナリオ担当のJ-MENTさんは「カタハネ」で一度奇跡を起こしているので、「この次こそは……」と否が応でも期待してしまうのは必然。
(エロゲ業界は一発も奇跡を当てられずに撤退される方が非常に多い)
さて、果たしてヴァニタスは……


このサイトは実はテレーゼさんよりもフラウエン押しなmontaがお送りしております。


Filed under: エロゲ,日記 — monta @ 23:45

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。