2011 年 9 月 11 日

フォトフレーム「RPF-2200」




ドスパラでリプロの「RPF-2200」というデジタルフォトフレームが500円だったので買ってみたり。

リプロ電子はリサイクル事業を手掛けている会社で、このフォトフレームも中古ケータイか何かから採取した液晶を再利用して作られたものです。



液晶サイズは2.2インチ、解像度的には176×132ドットといういささか物足りないスペックですが500円であればガマンしましょう。小さければ設置スペースも選びませんしね。
視野角は狭いのですが、正面から見た時の発色はコントラスト高めでかなり良好です。(ドットの大きさは目立ちます)



本体にメモリーカードスロットはなく、PCとUSBで接続し専用ソフトにて画像を転送する方式です。
画像は勝手に独自形式に変換されるらしく、最大枚数は80枚と決まっています。



本体とマニュアルは全て完全日本語化されており、初心者でも安心ですね。
ちなみにリチウム電池を内蔵しているので、スタンドアロンで動作させることもできます。

デジタルフォトフレームは1インチのキーチェイン型の次は7インチサイズに飛び上がってしまうので、この2.2インチサイズのRPF-2200は貴重です。
買って損はなかったですね。




21LEDライトをもらったり。
まぁ子供だましのスペックですね……(冷笑



朝日のbeにミクさんロスライブのレポートが載ってましたね。
何で7月頭のニュースを今さら掲載するのか判りませんが、中々インパクトのある写真です。
ちなみにウチは読売と朝日が半年ごとに変わります(洗剤がもらえるので)
下期が朝日なのはかつて姉が吹奏楽部だったため。※全日本吹奏楽コンクールは朝日が主催なため、記事がよく載る。
Filed under: PC,日記 — monta @ 02:14

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。