2012 年 1 月 3 日

Twitter用にUSBサブモニタを買ったり。



昨年の話ですが、サムスンのSyncMaster U70が中古2500円で売っていたので購入してみました。
用途はTwitterのTL閲覧用です。

montaは以前は24インチx2+23インチx1のトリプルモニタ体制だったのですが、それだと首の移動量が半端なく疲労がたまる一方なのでした。
今では締切が迫ったリアルマルチタスク状態でもない限り、デュアルディスプレイで作業環境は事足りています。
ただ、デュアル体制にしてしまうと今度はTwitterクライアントを置くスペースがないという問題が発生。
そこで、USBサブモニタの出番ですね。(もう発売から2~3年も経っているので今さらですがw)
この手のUSBサブモニタはほぼ例外なくDisplayLink製のコントローラを搭載しているので、どこのメーカーのを買ってもドライバは同じものが使えるはずです。DisplayLinkは積極的にドライバを更新しているのでもちろんWindows 7 64bitやOSXで使うことができます。ナイスですね。

このSyncMaster U70は7インチノングレア液晶で解像度は800×480。小窓レベルのサイズしかありませんが、TL閲覧には丁度いい感じです。これで現在ホットな話題が手に取るようにわかるようになります♪
ただ、色調の調節機能がないので色合わせが必要な作業では使い物にならないということを念頭に置いておいてください。

あとは強烈な存在感を放つSAMSUNGロゴが邪魔ですね。まぁ、HYUNDAIロゴが入ったディスプレイ(W241DG)をデュアルで使っているので、今さらどうということはないですが。
液晶の分野では気にするだけ無駄でしょう。


Filed under: PC,日記 — monta @ 23:15

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。