2016 年 4 月 24 日

[NEWS]ターンオンがペンライト連結器具[KUJAKU(孔雀)]の発売中止を決定


■2016-05-11 PM23:10追記

ターンオンより[KUJAKU]の発売中止が正式に発表されました。
詳細については下記PDFをご覧ください。
 「絶対悪と複数持ちと規定」にお寄せいただきましたご意見結果のご報告
 http://www.turn-on.jp/images/160511.pdf


※発売中止に伴い、本記事のタイトルを修正しました。
※下記「2016-04-29 AM09:00追記分」は初出ではページ最下部に記していましたが、5/11にレイアウトを変更しました。


■2016-04-29 AM09:00追記

この件に関してターンオンよりプレスリリースが発表されました。
KUJAKUの是非について意見を募集しています。
詳細については下記PDFをご覧ください。
 「絶対悪と複数持ちと規定」
 http://www.turn-on.jp/images/news20160428.pdf



■2016-04-24
まず当blogのスタンスとしてこのような製品を市販化することに反対です。


写真を見るに装着できるペンライトはLR44ボタン電池式の単色PRO110シリーズ、フルカラーのカラフルPRO、ペンラPROシリーズのようです。

下端にある丸い部分を取り外してこのKUJAKUに装着する仕組みですね。
ターンオンは以前、A.B.C-Zの公式ペンライトとしてメリケンサック型を作ったことがありました。

A.B.C-Zのものは電池にLR44x6個を使用し、5つのLEDを点灯させていたので明るさも大したことはありませんでした。(5色点灯でも全体で20mA程度。上の写真はシャッタースピードを極めて遅くしています)
全長は12.5cm、発光部だけでは6.2cmなのでかなり短いペンライトだったと言えます。

このKUJAKUですが電池は装着するPROシリーズ側にあるので合計でLR44x6個x5本=30個となります。各色が独立しているので全色点灯させても他に足を引っ張られて暗くなることがありません。
PROシリーズはボタン電池式ですが、単色PRO110は単4電池式のLowモードに匹敵する程度の明るさがあります。

そして全長は、でらなんのツイートによるSスティック装着で24cmとのことです。
ということはMスティックで26cm、ベーシックだと28.5cmになり、いわゆる25cmレギュレーションに引っかかります。iLiteの人力バルログなんて可愛いレベルです。

また、連結行為は以下のレギュレーションにも抵触します。
■オフィシャルグッズ以外でサイリウム、ペンライトの使用の際、
「過度に長いタイプ」「工事現場で使用するような長い誘導灯等」の使用や、
「器具を使用して複数本持つ行為」「光の点滅を繰り返す行為」「口でくわえる等、手以外で持つ行為」は、
周りのお客様へのご迷惑や怪我、トラブルの原因となりますので一切禁止とさせて頂きます。

※上記のレギュレーションはよくある定型文です。最近ではμ’s Final LoveLive!もこれでした。
※イベントによっては器具を使用せずとも、素手で複数本持つ行為すら制限されることがあります。

さて、何故レギュレーションがあるのかと言うとそれは「参加者全員が楽しむための配慮(=誰も不幸にならない)」だと当blogは考えています。
同じチケット代金を払って鑑賞しているのに、周りの人が暴言を吐いたり酒を飲んで暴れたり視界を塞ぐほど大きいペンライトを振っていたりしたら全く楽しめないですよね。全席指定ならどうしようもありません。
そう言った声を踏まえてレギュレーションがより厳格化されていった経緯があります。
ただし、あくまで文面上のレギュレーションが厳格化されただけで、それが現実に適用されているかと言うと現場次第ということになっています。
・とある現場では大型の車輪や孔雀を取り出すとスタッフが飛んでくる
・一方の現場ではスタッフは見向きもしない
・ボタン電池式ペンライトのみ許可されている現場で単4のキンブレを振っていても運営側からは何も言われない(周りの参加者から何か言われることはあります)

いくら文面上のレギュレーションを厳格化したところで、運営側が意識の低いスタッフばかりの現場ではペナルティが無いので違反となるペンライトを持ってくる人間がいるのが現状です。
このような現状をターンオンが知らないはずはないと思うのですが、出てきたのはコレです。
KUJAKUがレギュレーションが緩い現場でのみ使用されるとはとても思えません。自作のできない厄介予備軍にエサを与えているだけです。

当blogはターンオン社を信用するに足るメーカーだと考えていました。
ターンオンのパッケージやマニュアルには「製品に自信あり」とする主張がたくさん並んでいますよね。Webサイトにも【私たちターンオンはコンサートペンライトへの「思い入れ」が違います】なんてコンテンツがありますので、少し紹介してみましょう。
TurnONコンサートペンライトシリーズは、「装置」も「発光部形状」も「色」も「安全性」も、「キレイに光って壊れない」にこだわって、さらに、皆様から当社に寄せられた「こんなの創って!」をプラスして作成した、私の「自信作」です。
装着されている「レンズ」や「拡散フィルム」また「内臓コンピュータ」や「配線基盤」さらに「素材」や「成型方法」まで、数々の「コンサート現場経験」を生かし作製しています。一見、派手さはなくシンプルですが、「実際にコンサートで使用するペンライトとしてBESTの創り」だと自負しています。

※monta注記:「内臓コンピュータ」「配線基盤」は内蔵と基板の誤字だと思うので直しましょう。


◆ 実際にペンライトは凶器になりました=発光部は軽く柔らかく。硬い部品は絶対NG

興奮状態で振り回す=ペンライトです。実際に私が設計した、発光部先端にオシャレな装飾プラスチック(硬いが、鋭利な角がない:インジェクション成型品)を装着し、さらに折れないように固く強度を持たせて制作した、デザイン性に凝ったペンライトで、実際に人身事故「前のお客様の頭を殴って流血」を、起こしてしまったことがあります。開演中でパニックになりました。
今思えば、発光部先端に「重い」を装着すると遠心力が増しさらに「硬い」では、全く衝撃吸収しない作りでした。事故は私が引き起こしたようなものです。
被害者の方はもとより、加害者の方にも本当に申し訳なく、お詫びに伺いました。
その事件以降、デザイン性より安全性=どんなにオシャレな造りになろうとも、ビッグオフィシャルからの依頼であっても、「発光部が重い+先端が固い作り」の製品は、絶対に作らないとTurnONとして決めました。
さらに細心の注意を測り、徹底管理と早急な対応ができるよう、発光部はすべてMADE IN JAPANにしました。
最近、ペンライトメーカーが増えてきて、「発光部が重い+先端が固い作り」を多々見かけます。デザイン性なのかなんだかわかりませんが、楽しいライブを台無しにする、明らかに凶器と言いきれます。

KUJAKUはターンオンさん的には凶器ではないということなのでしょうね。両手に10本装着して振り回したらどうなるのでしょうか。

当blogのペンライト系コンテンツは元をたどれば閃ブレの作成方法に行き着きます。
閃ブレが流行ったことで、さらに大きく目立つ自作ペンライトが多数作られるようになった経緯があり、(自責の念と言えば大げさですが)それ以降は安全な市販ペンライトのみを推奨しています。
そして多くの方にレギュレーションを守ってもらうため、草の根レベルですが注意喚起にも努めています。

件のKUJAKUについては当blogの主義主張に真っ向から反するため、今後ターンオン社の製品は一切取り上げない予定です。(動向を知るために買うことはアリ)


本当に良い時代なのでしょうか。
業界が自らの首を絞めているようにしか見えません。


Filed under: ペンライトニュース — monta @ 13:44

2016 年 3 月 27 日

[AnimeJapan2016レポート]ルイファン・ジャパン編



3/26~27に東京ビッグサイトで開催されている「AnimeJapan 2016」のキングブレードブースをレポートします。
※ルイファン・ジャパン株式会社はキングブレード名義で出展しています。
※過去レポ:2014年2015年


■ブース構成■


もはや定番の黒を基調とした屋根ありブースです。
物販も盛況で待機列があるほどです。

■配布チラシ■


今年はONE1(単3電池タイプ)とONE1R(ボタン電池タイプ)の両面チラシが配布されています。

■キングブレードONE1(ワン)■


ONE1のプロトタイプが初めて展示されたのは2014年のAJでした。
今は2016年なので難産を極めているようです。
発売時期は明確にしていませんが、7月ぐらいを目標とのことなので秋まで延びる覚悟で待つぐらいが良いかと思われます。できれば夏のイベントシーズン前に出して欲しいですが。
調光アプリはキンブレX10IIIにはない黄色のパラメータが追加されていました。

ここまで出来ていればもう発売できそうなものですが、まだまだ調整する事があるようです。


ちなみにグリップの色が白だとONE1R(ボタン電池タイプ)、黒だとONE1(単3電池タイプ)でレギュレーション的に見分けが付くようになっています。
本体自体もONE1RとONE1で微妙に異なっていて、ONE1Rに単3は入らない予定とのこと。

■他展示物■

恒例ですが、コラボブレードがショーケースに入っています。

今年は展示数が一段と凄いです。特にアイマスのiLiteは全種類あるのではないでしょうか。
アイマスiLiteは一番目立つ通路側にずらりと展示してあることから、他社とユーザーに「うちはこれだけの種類のペンライトを特注できます」という自信を見せつけるような気概を感じました。



RAVEも(規模はわかりませんが)アルペジオ以外で使われていたようです。

RAVEのコントローラも置いてありますので動作をぜひお試しください

■物販■

AJ限定X10Jr.は在庫数が少ないのかすぐに売切れになっていました。(ただし、後から追加搬入されることもあったりするようです)
単色MAXII SuperTubeも1200円でお買い得だと思います。

他、キンブレのカスタマイズも有料で実施してました。

■キングブレードMINI(ミニ)■


全長約8.5cmの超ミニサイズキンブレです。キンブレMAX II SuperTubeシリーズのミニチュア版とも言える存在です。
3/26時点では単品300円もしくはルイファンの物販で1500円以上購入すると1本無料でプレゼントしていました。(当然キンブレMINIを5本買えば1500円になるのでさらに1本無料でもらえます)
しかし、あまりにも人気だったため3/27は単品販売がなくなっています。


現在のラインナップは7色(レッド、グリーン、ブルー、パープル、ピンク、イエロー、ライトブルー)となっています。
何故この色なのか聞いてみたところ「初めてのジャンルの製品でどれほど需要があるかわからないため、まずは試験的に何色か作ってみた。この色になったのはたまたま」とのことです。
単色ペンライトでは比較的にレアだと思われるライトブルーまで作っているなら、オレンジとホワイトも加えて9色で展開すれば時期的に大ヒットだったのではないでしょうか。
一般販売も「恐らくある」とのことです。(通販か店頭かは未定)


ミニサイズとは言え、パッケージも本体もしっかりと作られています。


大きさの比較対象が無ければ紛うことなきキンブレです。


ちゃんと先端部分に王冠マークもあります。


筒(ミニサイズSuperTube)も交換可能です。LEDも安易に全て白色LEDにするなんてことはなく、ほぼカラーLEDを採用しています。

※イエローとライトブルーだけは白色LEDとなっています。
※フルカラーLED版も構造的に作ることは可能とのこと(販売は未定)

イエローはMAX II SuperTubeの発色が良すぎたことから比べると白っぽくなっています。レモンイエローと形容した方が近いですね。


電源のオン/オフは底面のツマミを45°回転させることで行います。


電池蓋はドライバーが必要なネジ式です。さすがにいつものネジは難しかったようです。
ボタン電池もLR41x3で一般的なLR44とは異なるため、現場での電池交換は現実的ではないですね。
LR41自体は秋葉原などで10個100円ほどで購入可能ですが、コンビニや100円ショップで探すとなると本体価格(300円)に匹敵します。

以上、キンブレブースのレポートでした。


2016 年 3 月 26 日

[AnimeJapan2016レポート]ルミカ編


3/26~27に東京ビッグサイトで開催されている「AnimeJapan 2016」のルミカブースをレポートします。
※過去レポ:2014年2015年


■ブース構成■


今年のルミカブースは物販がメインになっています。昨年まではOEM向けのペンライト(名入れのサンプル)が多数展示してありましたが、今年はコンシューマ寄りのようです。

■新製品■


新商品の先行販売として、

・ルミエース スターライト(マット、キラキラ)各1400円
・ルミエース アイドル 1800円
・メガ大閃光 500円
・岩下の新生姜ペンライト 2160円
・大閃光arc 極 新色
がラインナップされています。
あとは昨年に引き続きルナちゃんver.とAnimeJapan ver.のルミエース2がありました。


新製品は暗幕の中で見ることもできます。

■ルミエース iDOL(アイドル)■


全長:18.8cm
電池:LR44x3

全長比較
その名の通りアイドルマスターレギュレーションに特化したペンライトです。
正式な発売は5月を予定しているとのことです。

ちなみにこのルミエースアイドルですが、唐突に発売されたのではなくベースとなるペンライトが存在しています。
ルミカのWebページにある、

FD1 color changeがずばりそのものです。
昨年までは単色タイプしか無かったのですが、いつの間にか14色のカラーチェンジ対応品が出ていました。


ボディは上から下まで均一な円筒形です。
ボタンは1つのみで長押しで点灯・消灯、押すたびに色が変わるシンプルなものです。


意図したデザインだと思われますが、LEDの光がはっきり見える隙間があります。許容範囲内だとは思います。


レンズはスモーク拡散とリフレクタが一体化したものです。筒側にまで出っ張っているのは珍しいですね。


特徴となっているグリップの着せ替え機能ですが、底面のネジを外す必要があります。
電池交換をするにもネジを外す必要があるため、現場でのメンテナンス性は低いです。(キンブレのように爪やコインで開く大きな-ネジではなく、小さい+ネジとなっています)
これまでルミカはネジを使わないメンテしやすいペンライトを多数発売してきましたが、何故FD1はネジになってしまったのか(他に手はなかったのか)残念で仕方ありません。
アイマスのライブは長丁場なことが多く、ボタン電池式のフルカラーペンライトを1本だけ持っていくというなら途中で絶対に電池交換が必要なはずです。



とりあえずデフォルトの紙を裏返してルナちゃん仕様にしてみましたが。

他、微妙な点として「(2016年としては)白色が綺麗ではない」「バイオレットで色分離する」を指摘しておきます。

白色は筐体の大きさの都合上、白色LEDを積んでいないので仕方ないのですが、やはりミックス・ペンラPROと比較してしまうと……となりますね。
ルミエースアイドルの小型というメリットを取るか、少々大きくても発色の良さを取るかですね。


バイオレットだけ色分離(フリッカー)がはっきり視認できるレベルで発生しています。
5月の正式発売版までに間に合うならプログラムを調整して欲しいですね。

■ルミエース スターライト■


全長:22cm
電池:単4×1

2013年12月に発売されたルミエースライトの改良版です。


ラインナップは引き続きマットとキラキラの2種類です。ただしルミエースライトではマットとキラキラでグリップの色が黒と白に分かれていましたが、スターライトでは黒に統一されました。
改良されたスターライトの最大の特徴は、

ルミエースライトの弱点であった色ムラがなくなり先端まで光るようになったことです。
仕組みはルミカが「煌彩棒」と呼ぶいわゆる「導光棒」にあります。

ISフリフラにも入っていた導光棒がスターライトにも入っています。

導光棒があると、このように光を先端にまで届けることができるようになります。


グリップや筒の寸法はルミエースライトと変わっていないようです。

先端は光るようになりました。
ちなみに個体差かわかりませんが、マットタイプは振ると導光棒がカラカラと音を立てます。
恐らくキラキラタイプだとキラキラシートが上手く導光棒を押さえ込んでいるのですが、マットタイプだと筒内で押さえ込むものがないため安定せずに暴れるのだと思われます。
マットタイプで音がならない方がいましたらご連絡ください。

■岩下の新生姜ペンライト■


一部で話題の新生姜ペンライトです。


「すごく…大きいです…」
しかし、思っていたよりも弾力性はなくひたすら固いです。そして思っていたよりもずっしりとしていなくとても軽いです(約100g)


明るさはボタン電池なのでお察しください。パワーLEDタイプと並べると光っているのかわからないレベルになります。
あくまでネタ目的で購入されるのが良いでしょう。(もっとも全長のレギュレーション的に持ち込める現場は多くありません)

簡単ですがルミカブースのレポートは以上です。


2016 年 2 月 7 日

[NEWS]AnimeJapan 2016にルイファンとルミカが出展



もはや恒例ですが2016年3月26日(土)/27日(日)に東京ビッグサイトで開催されるAnimeJapan 2016に株式会社ルイファン・ジャパンと株式会社ルミカが出展することが明らかになりました。
出展一覧より。

今回もルイファン・ジャパンは「KING BLADE名義」で出展しているので索引から探す時にはご注意ください。
両社とも物販で会場限定品やお買い得なペンライトを販売するはずなので、アニメ好きでペンライト愛好家の方はぜひお立ち寄りください。
※ところで単3電池1本で点灯するキンブレ1ONEはまだでしょうか?

なお「入場券(ステージ観覧抽選応募権付き)」は2月21日(日)までの発売となっています。


Filed under: ペンライトニュース — monta @ 22:54