2008 年 12 月 4 日

何でみんなPhotoshopとかGIMPとか使えないの?


NVIDIA、PhysX/CUDA対応アプリケーションパックの第2弾を公開

というわけでCUDA推奨派のmontaはほいほいと試すのであった……


パズルゲーム『Crazy Machines 2』

「これ、インクレディブル・マシーンじゃないか!!懐かしいなぁ、おい!!」

と叫んでしまいましたw
簡単に言えば、ピタゴラスイッチシミュレータですね。
例えば、最初に滑車が動き出し、次にその滑車の上に乗っているボールが転がり始め、振り子にぶつかり、その振り子が今度は別の滑車をスタートさせ……と言った感じに偶然が幾重にも組み合わさって最終的に全く別の現象を起こさせるようなものです。
このCrazy Machinesでは最終的な目的だけ示されていて、間の連携動作を埋めていくのです。

で、CUDA対応(PhysX対応)になって何が進化したのかと言うと、たぶん恐らく「物理法則に則った自然なオブジェクトの動作~」みたいな感じなのでしょうが、この手のゲームの面白さの根幹には何の影響もないのでは?と私は思うわけですよw (開発者には申し訳ないですが)
A→B→C→D→Eって感じで連携していくのが面白いのであって、別にそこまでリアルでなくてもいいじゃないですか。
むしろ、手軽に遊べる方が重要なタイプのゲームです。似たような思想のFLASHもたくさんありますよね。
リアルという方向性を目指すならとことんつめて、PS3のリトルビッグプラネット並のゲーム性にして欲しいです。


Warmongerはいつも通り。スグ死ぬ。

つーか卒研でマシンパワーが足りなくてCUDAを使いたいのですが、私のPCに入っているビデオカードが7300GTなのでCUDA非対応(‘A`)

「Core2Quad 2.6GHzでも足りない処理って何よ?」
ってなるでしょうが、実際に画像処理、それもハイビジョン映像処理なんてことをしていると全く足りません。

例えばDirectShow&SampleGrabber経由でフレームキャプチャしたデータを1画素ごとRGB各色8bitに分解して配列に入れる処理があったとします。
何の工夫もしないで単純なループ処理だけ組むと
1920 x 1080 x 秒間30フレーム = 62208000 ≒秒間6000万ループが必要なんですねw

まだこれは画像処理の前の準備段階が完了したに過ぎませんから、さらにここへ何かしらの処理が加わります。

そして最後に各画素の値を出力用のフレームバッファに詰め込むために秒間6000万ループ。
何の画像処理をしなくても入力と出力だけで計1億2000万ループですよw 1秒間に。
Core2Quad 2.6GHzで秒間30フレーム全て処理できるかというと、出来ないんですねぇ。だいたい半分の15フレームぐらいしか処理できません。
SSEとかの拡張命令を使って高速化しないとダメみたいです。


アキバ総研-「マクロスF」から「娘たま♀」が発売! 計32曲収録の2枚組ボーカルアルバム
マクロスF・娘(ニャン)たま♀発売 「テラヤックゼントラ盛り!トニカク凄いです!」 – アキバBlog

≫なお、娘(ニャン)たま♀【AA】の感想には、あきばらいふさん『マジやべぇよこのアルバム!もう個人的に作業妨害用アルバムに認定してしまったぜ!!』、彩彩華美さん『凄い事は始めからわかっていたことですが、わかっていても凄かった』や、M:NBGさん12月3日更新分『前作以上に脳汁出まくり、テンション上がりまくりな完成度。ブックレットで全曲に、その曲に関わった人たちのコメントが付いてるんですけど、菅野さんのコメントがいちいち壊れてて面白い(笑)』などがある。


そんなに凄いでしょうか?
既存曲のバージョン違いばかりを詰め込んだ感が凄まじいのですが。(サントラ2枚とシングルがあれば事足りるかと。アイモなんて食傷)
このアルバムでしか聞けないのが宇宙兄弟船ぐらいでは……ねぇ。
スペシャルメドレー特盛りも明らかにテンポが悪くなってますし。転調に次ぐ転調で押し切る力が特盛りでは大幅ダウン。
メドレーの構成を大きく変えたりすればいいのに。


彼氏がイタリアにバイオリン作りに行って帰ってこないけど質問ある?

スレタイだけで誰だかわかったww


『喰霊-零-』第9話の感動シーンをぶち壊してみた

*51 *51 **2,560 *18,725 *4 Paradise Lost 茅原実里
*71 *** **1,750 **1,750 *1 夢の足音が聞こえる 水原薫

【~2008 10月~】某アニメスタジオにて
      

                OPは妹役の私が

                / ̄ ̄\
              /  ヽ_  .\
              ( ●)( ●)  |     ____
              (__人__)      |     /      \   EDは姉役の私が歌います
              l` ⌒´    |  / ─    ─  \   皆様両方ともよろしくお願いしますね
             . {         |/  (●)  ( ●)   \
               {       / |      (__人__)      |
          ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/_
         / ノ/ ̄/ ` ー ─ ‘/><  ` ー─ ‘ ┌、 ヽ  ヽ,
        /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
           _,,二) 茅原 /            〔― ‐} Ll  | l) )
           >_,フ      /     水原      }二 コ\   Li‐’
        __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |



【~2008 12月~】 もうあの頃には戻れないだろ常識的に考えて・・・
┏━━━━━━━━━━━┯
┃        / ̄ ̄\    く
┃      /  ヽ_  .\  ゝ
┃      ( ●)( ●)  | 〈
┃      (__人__)      |   7
┃      l` ⌒´    |  ノ
┃     . {         |,イ
┃       {       / | \
┃  ,-、   ヽ     ノ、\ `ヘ、
┃ / ノ/ ̄/ ` ー ─ ‘/>?<  `∟_
┃/  L_         ̄  /         ト、,_
┃   _,,二) 茅原 /              〔―ヽ、人,,r、__
┃   >_,フ      /    水原        }二 コ \.  Li\_,
┃__,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |   ┃
┃            l                   i   ヽl   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

姉妹(OPED)で売上が10倍違うなんて!
まぁ、みのりんだから相手が悪すぎるw


バラックあにめ日記: とらドラ! 第10話「花火」

montaが絶大な信頼を寄せる、アニメ感想サイトのバラックあにめ日記さんがとらドラ!をベタ褒めしていました。
≫このアニメは「萌えアニメ」ではなく、「ラブストーリー」だったんですね。

~中略~

竜児がばかちーに「俺はお前がいないと寂しいぞ」と語った直後、彼女の心に花火が打ち上がったタイミングの見事さ。
 「自分が寂しいかどうかなんて考えた事も無い」と強がるばかちーの心は、バケツの水の様に揺れ。

 続くみのりんとの会話では、話し始めようとした途端に花火の炎が消えます。

「私も本当に楽しかった」
「カレーもおいしかった」
「私の変な話も笑わないで聞いてくれた」

 みのりんは全て過去形で語ります。

 そして彼女は幽霊に例えられた竜児の想いではなく、今度は本物のUFOを、新しい恋を、夢を探すんだ、と語ります。

 竜児のみのりんへの恋は、ここに幕を閉じたのです。
 そしてそれを勘違いする大河の心の線香花火は、ポトリと落ちて。

 しかし海の向こうにはこの5人を見守るように、満天の花火が拡がるのでした。

こういった細かい演出をすくい上げるように見てくれるのはこのサイトだけでしょう。
とらドラ!アニメは意外なほど良くできてます。



さて、ひょんな事から学科の卒業アルバムを作る会の総括という立場になってしまっています。
入稿締切が近いのに誰もやろうとしなかったので仕方なく……。(イラレを使ってDTPモドキが出来るのは俺しかいないし)

業者に見積もり出したり、学生厚生に正門前での集合写真撮影許可を申請したり、正門の向かい側で良く荷下ろししている本屋に「下記の時間はここに(※公道なのよ!)車を5分以上停めないでくだしあ」てお願いしに行ったり、カメラマンを手配したり、本当面倒なことになっています。
明日が集合写真の撮影日なのですが、どうやら天気は雨みたいですね……。うはぁ…。

あと、研究室ごとにアルバムのページを作ってもらうのですが、皆さんPhotoshopとか全く使えないんですかね。
LEやエレメンツならプリインストールされていたり、スキャナとか買えば付いてくるのに。
メディアセンターのPCにCS3が入っているので、それを使ってちゃっちゃと作っちゃって欲しいですね。
そうでもしないと私が全ページをレイアウトする悪夢が。

web拍手インクレディブルレス
マナーの悪いチャリは死んだほうがいいよね、マジで。俺も厳罰化には賛成。
俺も教育テレビのフィギュアの番組見ちゃったww


「俺も、俺も」ってどなたか解らないのは置いておきますw
NHKのフィギュアの番組(ETV特集『新しい文化「フィギュア」の出現~プラモデルから美少女へ~』)は良かったですね。
民法ならテキトーに美少女フィギュアを買い込んでいるヲタを映して、スタジオ「うわぁぁ~~w」ってやって終わりなのに、NHKはちゃんとボーメ氏の職人芸な作業工程まだ写しましてたからね。
コーティカルテ(と、何回もリピート。SBは一体いくらNHKに払ったんだw)のマントのグラデーション技法なんて原型師見習いの人たちには目からウロコだったのでは。

まぁ詳しくは二次色ノートさんとかを見てください。


Filed under: 日記 — monta @ 20:58

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。