2009 年 4 月 5 日

090401の没企画たち


今年のエイプリルフール企画はソフガミにしてしまったわけですが、一応、候補に挙がった企画もせっかくなので紹介。


■Potionのパロディ「Ether(エーテル)」発売


このFFVII 10th記念ポーションに使われているフォントをわざわざ探したんですよ。
以前、めっつぉさんで紹介されているのを思い出して、リンク先(http://apocalypse.x0.com/log/eid137.html)に飛んだら404だったので、自分でShowFont.netに潜って血眼になって探しましたとも。

で、ついに見つけました。
「Portcullion」という名前のフォントです。

ね?同じでしょ?

エーテルとはFFの世界ではMP回復アイテムですが、そもそもは「光を伝達させるために空間に(宇宙にも)満ちている謎の媒質」とかつて本気で信じられていた学術用語だったのですよ。
ちなみにEtherNet(イーサネット)のEtherはエーテルとも読みます。エーテルネット。
世界中が瞬時に繋がるインターネットにエーテルの名を冠するとはロマンチックですよね。


で、このエーテル缶をネタに「エーテルに縁のある人」からコメントを頂戴するというのが企画の全貌です。
でも、「エーテル」という単語でFF以外だと
・ランカ
・フレイ
・タカヤ・ノリコ
・マナケミアの学生
あたりしか思い浮かびませんでした。


また、ソフガミ企画にエーテル缶を織り込むという案もありました。「ソフガミエーテル発売!」といった感じで。
……何だか良くわからなくなったので止めました。


■すくけん(すくみず 研究部)を起ち上げる。

もちろんレイアウトは本家(お人形遊びしている方)のオマージュで。

良く考えなくても、普通にスク水をメインテーマに掲げたエロゲがたくさんあるので、そういったエロゲの公式サイトに行けばいいじゃないか、ということでこの企画は却下。


■オンラインストアに参入

「この商品を買った人はこんな商品も買っています!!」とかの欄を面白くしたかったのですが、「それっぽいレイアウト」を作るのが面倒だったのでこの企画は却下。
モロにamazonとかのレイアウトをパクると、フィッシング詐欺で立件されそうで……w


■閉鎖ネタ・管理人脂肪ネタ

縁起が悪く、見ている方もやっている方も気分が悪いので速攻却下。


こんな感じです。


つか、今年の他サイトのエイプリルフール企画がほとんど見られていない件(´;ω;`)
社会人いやだお。

いくつか見て回りましたが、個人的にマンネリ感が凄かったです。
他者の目からすれば、恐らくこのmonta@siteの企画もマンネリ感が凄いはずです。

周到に準備をしている企業のサイトはもういいです。
限りある時間を使って何とかおもしろい企画を捻り出そうとしている個人サイトが見たいです。





Yahoo!オークション – ★☆USB地上デジタルチューナーDY-UD200 未開封B-CAS付 中古☆★

落札価格:12,000円

Yahoo!オークション – 未開封 ダイナコネクティブ DY-UD200 購入店保証書付

落札価格:12,500円


「情弱」(情報弱者)という言葉は侮蔑しているようで使いたくないのですが、この落札者たちを見ていると、やはりディジタルディバイドはあるのだなと感じぜずにはいられません。

monta@siteは法的にグレーゾーンな行為は、非推奨または基本的に取り扱わない方針ですが、今回はちょっと解説します。


地上デジタル放送のフォーマットであるMPEG2-TSをそのままPCにスクランブル・コピーガード無しで記録できる「フリーオ」というUSB接続の地デジチューナーが2007年10月に登場しました。
「ネットのみの注文、台湾からの発送、価格は3万円」という胡散臭さ満載でしたが、生産量の少なさからヤフオクの相場価格が高騰。当時は10万円近い値が付いたはずです。


フリーオ登場から1年半。現在の状況はと言うと…

ts録画対応機種暫定リスト(3月20日)
■USB
-フリーオ
Friio白(地上波版)
Friio黒(BS・110度CS版)
-SKNET
HDUS(未対策版 基版のリビジョンで多少挙動差有りとか)、HDUSF(対策版)、HDUSF 白ラベル版(Fと同じ基盤で未対策版と同じ仕様の物)
HDUC(シリコンチューナ版)←NEW
HDU2(Wチューナ)
-Sknet(OEM)
HDU(DELL版HDUS)
LDT-FS100U(ロジテック)
QRS-UT100B(クイックサン)←NEW
-ダイナコネクティブ
DY-UD200
-その他
カメレオンFX2を組み込んだ家電向けチューナ各種

■PCI
-アースソフト
PT1(地デジ*2、BS・110度CS*2)で定価2万のコスパの良さが魅力
-Sknet
HDP(HDUSFのPCI版)
HDP2(Wチューナ)

■ExpressCard
-フリーオ
FriioExpress ←NEW(4月発売予定)


これだけ選択肢が増えているようです。
特に、SK-NETさんの製品はドライバの差し替え対策を施した「はず」なのに何故か別の穴が残っていて、現在でも普通にTS記録ができるという「(IOやバッファローより売るために)絶対わざと穴を残しているだろ、それww」な状況です。


ここで注目してもらいたいのが、ダイナコネクティブのDY-UD200です。
1月末から4,980円で売られていました。 ↑↑のヤフオク落札価格12,500円の半値以下ですね。

当初は「地デジが見られてB-CASカードも付いて4980円!」という魅力だけで、TS記録ができる方法はまだ発見されていませんでした。
むしろ、『映らない』『ノイズが乗る』『USBコントローラとの相性が酷い』といったネガティブな意見の方が目立ったほどです。(これはハードウェアの設計が根本から悪いのでしょうね)

ですが、一部の技術ある方々の涙ぐましい功績により次第にドライバが解析され、まずHDCPが無効化されました。
まぁ途中省略すると、最終的にはTS記録までできるようになりました。(3月上旬ぐらい)

この時点でアキバの店頭価格は一斉に7000~8000円台に跳ね上がりました。

ただ、TS記録ができると言ってもUD200は元々のハードウェア設計がクソなのでまともに映せるようにするだけでも苦行には変わりありません。(ACアダプタ付きのUSBハブを買ったりね)
ちなみにSK-NETの製品は恐ろしく素姓が良いようで、廉価モデルでも安定した動作をするそうです。


さてUD200でTS記録ができると判ると、いわゆる厨房ご用達雑誌にこの件が乗りました。
ですが雑誌が発行されるにはリアルと時間差があります。
もうUD200はどの店も売り切れで取り扱っていないのですよw

その雑誌を読んで初めてUD200の存在を知ったネットリテラシが不自由な大きなお友達が、現在こぞって大挙して来ているのがヤフオクであり、落札価格12,500円という結果なのですね。


でもね……その雑誌が編集された頃にはまだ発売されていなかった製品があるのですよ。

クイックサンの「QRS-UT100B」です。

形状からモロバレのようにSK-NETのOEMで中身はMonsterTV HDUCです。

注目すべきは6980円という価格。在庫は潤沢。
安定性に定評のあるSK-NETの製品でも最安です。

UT100Bの存在を知っていればわざわざ5000円上乗せして不安定なUD200を買う価値なんて全く無いわけなんですよ。
OEMのUT100Bでなくても、SK純正のHDUC、HDUSFだって1万円以下で買えます。

さらに言ってしまうと、12,500円も出すぐらいならWチューナーのHDP2が買えます。(PCI接続で良ければですが)

当の落札者さん達はきっと「うはwww雑誌に載ってたチューナをついに手に入れたぞ!ちょっと高かったけど良い買い物に違いない!!オレは情報強者!新世界の神になる男だ!!!」って思っているのでしょうね。

買ってからが苦行なのにね。
知らない方が良い真実ってのもあると思います。

彼らには過酷な日々を。そして、僕らには始まりを。


Filed under: 日記 — monta @ 23:59

2009 年 4 月 4 日

DSiを買って今日からボクも妊娠さ!






ついカッとなって、NINTENDO DSiを買ってしまったのだよ。

こんにちは、montaです。
任天堂のゲーム機を新品で買うのはSFC以来ですよ。
(一応、捨て値ジャンクで買ったN64とGCも転がってますがゼルダだけやって放置)


梱包からハードの細部に至るまでの質感の高さに大満足。
雰囲気的にはAppleの製品に似てますね。これで子供がラフに扱っても壊れないよう強度も保っている(はず)のが凄い。



タッチペンとi専用液晶保護フィルムはセリアで購入。

本体を包むクリアプロテクタも欲しいところでしたが、まだ100均では出回っていないようです。
(DS Lite用のはありました)



とりあえず買ったソフトはスクエニのシグマハーモニクス。
トキワムセンで980円で投げ売りされていたので……(´;ω;`)

DSTTとかは買いませんよ。
電車に乗っていて、向かいに座っている小学生が手に持つDSのスロット見てみると、どう見てもmicroSDがカートリッジに入っているようにしか見えない光景を見ると悲しくなりますよね。



シグマハーモニクスは主人公シグマのCVが小野大輔で、ヒロインが平野綾(主題歌も)
脇役で福山潤、藤原啓治や小山力也までいる声優ゲー。

音楽はサガフロ2、FF13の浜渦正志氏で、DSながら全曲ストリーミング再生!
さすがに圧縮率が高いため音質は落ちますが、内蔵音源では使えない生音が堪能できます。



って、DSを縦にして遊ぶのかよ、コレ!w
握りにくいなぁ。

ゲームシステムは、

逆転裁判が売れたから取って付けたような推理システム「超推理(笑)」と、ヒロイン(に憑依した精霊)を主人公が操って戦う戦闘システムが組み合わさったアドベンチャーRPG。
なんか、ガンガンとかで連載してそうな絵柄。
最初はエニクス側の企画だと思いましたが、スタッフを見るとディレクターの千葉広樹氏はクロノ、FF7、8、10でイベントプランナーをされていた方のようです。
サテラビューのダイナマイ・トレーサーまで手がけていて驚きますw

シグマハーモニクスは4万本ちょっとしか売れなかったみたいなのが残念ですね。
で、新規タイトルが売れないスクエニはFF7やKHの派生タイトルで安定して稼ぐようになってしまったのです。

「スクエニは続編ばかりでツマラナイ。新作を出せ」って言っている人は単に周りが見えていないだけです
コードエイジとかアナザーマインドとかアインハンダーとかデュープリズムとかレーシングラグーンとか双界儀とかワイルドカードとか1作目で終わったタイトルが結構あったりします。





みかん買ってきた(*´Д`)ハァハァ

コトブキヤで500円でした(´・ω・`)
ワンコイングランデってレベルじゃねーぞ!


Filed under: GAME,日記 — monta @ 13:46

2009 年 4 月 1 日

エイプリルフール2009


どんなに忙しくとも、例え今日が初出社でも今年ももちろんやります!

こんにちは、montaです。

今年は


AtnoMetis最新作「ソフガミ 」


です。


ふふっ、みんな見てますよ。


Filed under: エイプリルフール企画,日記 — monta @ 02:05
3 / 3123