2012 年 7 月 7 日

G530のクーラーを2500Kのものに交換した


各地の七夕イベント現場に行かれている皆さん、お疲れ様です。

こんにちは、信仰心が足りなかったためお家でTLを眺める作業をしているmontaです。

先日組んだMini-ITXマシンですが、「そうだ!i5-2500Kのリテールクーラーが余っているからそっちを付けたほうが冷えるんじゃね?」と思い立ちました。


左がi5-2500K付属品、右がCeleron G530付属品。
intelのリテールクーラーはメインストリーム以上だと銅柱が埋め込まれています。


高さは2500Kの方が若干ありますね。
PentiumDとかその辺の時代だと、これ以上に高さがあったのでジャンクで漁るときにはお得感がありましたよね。


ファンも2500KはDELTA製、G530はNIDEC製と異なります。
NIDEC(日本電産)のファンは社員たちの血と汗を潤滑油にして回っていますので、有り難く使いましょう(´・ω・`)

さて冷却性能の比較なのですが、誠に申し訳ありませんがG530リテール時のデータが手違いにより残っておりません。

2500Kリテールだとこんな感じです。
室温29℃でPRIME95を1時間回したところ61℃ぐらいで安定しました。
低負荷時には36℃で安定でした。
この結果を見る限りでは高負荷での連続運用も問題ないレベルですね。

このサイトは群馬に行けば良かったなぁと思っているmontaがお送りしております。


Filed under: PC,日記 — monta @ 15:32