2012 年 12 月 15 日

サイクラ&大電光改&キンブレX10の発色比較



「サイリュームクラシックとキンブレX10の発色を比較してください」というご要望を頂いたので記事にしてみました。
ついでに大電光改も一緒に比較します。
関連記事:「キンブレ:シャイニング&マットフィルム&X10の発色比較」


■白■

白はX10が紫過ぎるので白色LEDタイプのペンライトを用意しておくのが鉄板だと思います。
純白サンクチュアリィが紫がかってしまうと困ります。
サイクラと大電光改で発色に大差はありません。

■オレンジ■

オレンジはX10が苦手としている色の一つです。
橙LEDを採用しているサイクラ、大電光改の方が発色が良いです。
大電光改オレンジは先端まで発光しないのでサイクラの方が良いですね。(ただし、先端処理をすること)

■赤■

赤は明るい場所だとX10とサイクラが筒の乳白色が目立ってしまうのに対し、大電光改は筒が赤いので発色も安定しています。

■緑■

濃い緑が好みなら大電光改、蛍光グリーンのような緑が好みならサイクラ、X10です。

■青■

青も緑と同様でサイクラとX10は同系統の発色、大電光改は濃い目です。

■ピンク■

ピンクはサイクラが紫がかってしまうのが致命的です。

■紫■

紫は発色が非常に難しい色で未だに何色が正解なのかわかっていません。
大電光改の紫は濃い目ですが明るくありません。(先端まで発光しません)


■黄色■

黄色は高輝度黄色LEDを採用している大電光改がイイですね。
キンブレシャイニングは黄緑に近く、X10はオレンジ色に近いです。


■エメラルドグリーン■

エメラルドグリーンは大電光改にしかない色です。
参考までにX10のライトグリーンを並べました。


2012 年 12 月 8 日

C83には不参加です。委託もありません。


ご報告が遅れて申し訳ありません。
サークル「monta@site」はコミックマーケット83に不参加となっております。
落選というわけではなく、当初から申し込んでおりません。

当サークルが扱う「TS解析テクニック」シリーズは、放送技術とデータ放送の仕組みをどなたにでもわかりやすく解説する薄い技術書です。
今まで同種の本がなかったのか、C81、C82共に大変ご好評をいただけました。
しかし、TS解析という性質上、その入口には常にグレーな領域が立ちはだかります。
昨今の法改正を受けてか、TSデータの保存に利用する某アプリケーションも現在配布を取りやめているのが現状です。

「TS解析テクニック」シリーズが違法行為を示唆するものではないことは読者の皆様ならご存知のことだと思いますが、ひとまず今回のC83は様子見とし今後の動向を注視していく次第です。

それでは、またいつかお会い出来れば幸いです。


Filed under: サークル情報 — monta @ 23:13

2012 年 12 月 4 日

Tony&カントク2013カレンダーを導入



昨年買って非常に実用的だったので、今年も買わせて頂きました。

こんばんは、montaです。


「美少女コンテンツ雑誌 E☆2」を発行している廣済堂が発売したカレンダーです。
amazonで1500円でした。(現在品切れ)
A2サイズ13枚綴り、画集クオリティの印刷を施してこの価格はハッキリ言って安すぎですよね(;´Д`)


カレンダーの日付は隅っこに小さく入っているだけなので、一般的な意味での実用性は乏しいのですが、


A2サイズのポスターそのものとして使えるので、これはこれで実用性がありますよね!


実家住まいなど、カレンダーを貼る勇気がない方は、

「日本の猫」というカレンダーが無害でオススメです。


このサイトは、

グッスマねんどろいどカレンダーの12月に深刻なバグを見つけてしまったmontaがお送りしております。

備考:

ねんどろいどカレンダーはこういう風に使うこともできます。


Filed under: 日記 — monta @ 23:53

2012 年 12 月 1 日

雑記121201


ちょっと前の話ですが、

レーシングミク 2011ver.のスケールフィギュアを買いました。

こんばんは、montaです。


2011ver.のレーシングミクさんは通常形態よりもちょっと豊満なボディとなっており、視覚的に大変楽しめるようになっております。


ただ、残念ながらこのフィギュアのデキは今一と言わざるを得ません。
amazonで早くも40%OFFになってることからもお察しください。


■ツインテールのハメ込み穴が合わない
ドライヤーで温めて慎重に押し込まないとまず入りません。
無理矢理押し込むと最悪折れてしまいます。


■ツインテールの塗装が単調すぎる
滑らかなグラデーションなどなくて、テカっているだけです。
一応先端はクリアになっていますが、全体的に重たい印象を受けてしまいます。

他にもスカートの透け具合がデコマスと違ったりなど、明らかにグッスマの品質管理が以前より落ちているのが見て取れます。
ここ最近のグッスマは中国の生産ラインが安定していないようで、フィギュアの発売延期も目立ちます。(このレーシングミク2011ver.も当初は9月発売のところ11月まで延期)

以前のグッスマは誰もが満足するデキのフィギュアを安価に供給する優良企業でしたが(結果、本社を松戸からスカイツリー横のビルに移転できるほど成功)、今のグッスマは予約買いするのが怖いメーカーの1つです。
来月に発売するアルティメットまどかも一旦キャンセルして、購入報告を待ちたいと思います。




BDをマウントしなくなったPS3を分解して、レンズを掃除したりしていました。
結果は無事復活しました。レンズの上にわずかなホコリが乗っていたようです。
(途中、スロットローディングのギアがいくつか外れてしまいアタフタしてしまったのはナイショ)

montaのPS3は初代60GBモデルですが、まだまだ動いてくれるようですね^^

このサイトは(ないしょのないしょ!)が気になっているmontaがお送りしております。


Filed under: 日記 — monta @ 18:20
2 / 212