2009 年 3 月 11 日

montaはCDを焼く機械。完




4台同時焼きの快感。
部屋中に響き渡るモーター駆動音。
これが現代の家内制手工業か……。


こんにちは、montaです。


!注意!
今日の雑記も暗黒オーラに満ちています

先日お話しした144枚のCD-Rを4時間ぐらいかけて焼きました。
5分置きにディスクを交換する作業の繰り返しです。

montaは普段データCDは16倍速でしか焼かないのですが(※1)、今回は時間上の都合により24倍速で焼き焼きしておきました。
(※1 確か16倍以上だとゾーンが分かれてしまうので(12倍かも?機種依存) 最近はゾーンCLVとかパーシャルCAVとか聞かなくなりましたね。DVD-Rじゃ別にゾーンが分かれても気にならないのですが)




CD-R一枚一枚をスリーブケースに封入。
このケースに入れるペラいジャケットを作るのも、わざわざメディアセンターの牛歩プリンタで印刷して1枚1枚カッティングするという手間暇かかる作業なんですよ。




アルバム本誌の方も無事に搬入されました。
こちらのアルバムに備わっているメッセージカードポケットにこのCD-Rを封入して完成なのですが、「さすがに全てのアルバム開封を一人でやるのは時間的にムリ」と判断し、後日の会議(大学に来てくれないアルバム委員大集合)に回すことに。考えてみれば何でmontaが全部やってるんですか><;

で、同じ日に卒業パーティ委員の委員長(※内輪ネタですが、ヨーヨーの人です)も大学に来ていたみたいなんですよ。

この日はアルバムが搬入されるのでmontaが大学に来るってことも彼は知っていたはずなのに、一言もmontaに挨拶しないで帰った……だと?
montaがスリーブケースにCD-Rと紙ジャケットを綴じ込む作業を内職のバイトよろしく淡々とこなしていたのを手伝いもしないで、帰った……だと?

アルバムの仕事をしたために、卒論の提出が1ヶ月ぐらい延びて2月はほぼ毎日研究室に行っていたmontaを尻目に、
・リーダーズキャンプ
・部活のスキー合宿
・研究室の卒業旅行

3回も旅行に行っていた……だと?
別に旅行に行くのは構わないです。休みの時間は有効に使った方がいいです。
ですが、montaにお土産の1つも買ってこないどころか、全く気後れしてないってのはどうなのですか?
さっすが、大物は違いますね!




SATAの電源ケーブルが足りなくなったので、ペリフェラル4ピン→SATA電源15ピンx2に変換するケーブル(5-SESE)を購入。300円。

つーか、SATAの電源ケーブルのピンアサインってどうなってるの?
12Vと5Vと3.3VとGNDだけで何で15ピンも必要なんでしょう?将来的に電源を制御する信号を送ることを想定しているのでしょうか?


ついでに、↑の各ドライブで焼いたCD-Rアルバムを測定してみました。
すべて焼き速度は24倍、計測ドライブはDH-20A3S。計測速度は最大(48倍)



DH-20A3S



DVR-111



DVR-212D




ND-2510A


LITE-ONのDH-20A3Sが一番品質良いってどんだけw
まぁ自分で焼いたRなんだから一番相性が良くて当然なのかな?

DVR-212DはちょっとCDエラー高め。中古で買ったドライブなので過去のオーナーに使い込まれていた可能性も。
そもそも計測に使ったDH-20A3Sも中古だし、前機種の20A1Sと比較して品質が落ちているらしいので、このグラフの結果にどこまで信憑性があるかは全くもって不明です。すみません。




コトブキヤで1480円で売られていたレインさん。
レインはネオジャパンが誇るムチムチファイター兼メカニック兼生体コア
そうか、もうレインの年齢を抜いているのか……。
写真はまた後日。


ムント劇場版【トップページ】




ロゴがダサ過ぎて吹いたw
ドラえもんの映画じゃないんだから。
Filed under: 日記 — monta @ 23:49

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。