2009 年 3 月 12 日

メガハウスRAH.DX「レイン・ミカムラ」フィギュアフォト




出典: -アニメ- 『機動武闘伝Gガンダム』

原型師:非公表
スケール:1/8(推定)
塗装:PVC塗装済み完成品
発売日:2006年2月
定価:3990円(税込)

——————————————————————————–

購入日:2009年3月11日
購入店舗:コトブキヤ秋葉原店
購入価格:1480円


こんにちは、特価フィギュアを買う機械のmontaです。

何故か発売から3年経った今になってコトブキヤにてレインが1480円で売られていたので、つい購入してしまいました。
レインのモビルトレースシステム発動シーンはmontaのその後の属性を決めてしまったと言っても過言ではないぐらい、印象深い出来事でした。
ちょうど今、テレ玉で再放送していますね。


Gガンダムのロゴの入った台座付き。


ちなみに、レインの隣でターンAのロランも同じ価格で売られていましたが、一体誰が買うんだ……



「レインを年増ヒロインと言う奴がいたら、montaが出て行ってそいつをやっつける」

ちなみにGガンのキャラデザ&作画監督で、BONES設立者の一人でもある逢坂浩司氏は2007年に亡くなられています。
本当に惜しい人を亡くしました。


四方向から。
montaが買うフィギュアでは珍しく等身が高いかも。
本放送時も思ったのですが、ドモンが黒一色(プラス日の丸)の全身タイツ対して、何故わざわざレインだと黒とピンクのツートーン、しかもフェティシズムを強調させるハイレグデザインになるのでしょう?
一体誰の趣味なんですか><;



おっぱいに目が行きそうになりますが、このレインの見所はやはり、



ですね!

一体なんなんだこのムチムチ感は……コレはキツイわけだ(*´д`*)
DKWSUTN!DKWSUTN!


ハイレグはそれほど強調されていません。


後ろ姿、特に腰のくびれがセクシーですよね。
モビルトレースシステムの電極はGガンを知らない人から見たら異様に映るかも知れないですね。


一部、塗装の境界が雑なところがあるのが今一歩な点ですね。でも、このままでも原作のレインの雰囲気はよく出ています。少なくともmontaは満足です。


以上、いつも通りの淡々としたフィギュア紹介でした。


ちなみに最近、心が揺れ動いたフィギュアは
マックスファクトリーのシーナ(foo-bar-bazさんのレビュー)です。(from シャイニング・ウィンド)

顔がmonta好みであり、さらに尻肉withしまぱんが最強過ぎたので……(;´Д`)


Filed under: フィギュア,日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。