2011 年 9 月 25 日

32800円のThinkPad Edge 11を買ってみた





レノボ・ジャパン ThinkPad Edge 11 (i3-380UM/2/160/W7/11.6/WiMAX)


NTT-Xのメルマガを眺めていたら目に飛び込んで来たのが上のPCです。

SandyBridgeではない前世代のCore i3ですが、Win7Pro64bitとこのスペックで32800円ならお買い得なのは間違いありません。
商品カテゴリ的にはCULVノートですね。
montaは既にCULVノートであるAcerのAS1410を持っているのですが、このAS1410を売り払えば差額1万以下でEdge11が買えるのでせっかくなので乗り換えました☆



しかし色気のないデザインですねぇ……。
AS1410と比較してみます。



AS1410は安いくせにエッジが効いた流線型のデザインで好きでした。Edge11は例えるなら弁当箱かと……。
昔からThinkPadはくたびれたSEが会社で使っていて「ThinkPad=仕事」の象徴みたいなイメージです。
こんな業務用ワンボックスカーみたいな面構えのPCをリビング用PCとして買うのはオススメしません。
……が、今回は価格が圧倒的に安いため、この際デザインの良し悪しには目を瞑ります^^;




液晶はノングレアパネル。
グレア厨のmontaとしては歯がゆいですが我慢しましょう。(グレアの方が文字がクッキリとして見やすいので好き)



ACアダプターはEdge11の方がAS1410よりも大きいです。
Edge11が65W出力、AS1410が30W出力なのを考慮すれば十分小さいのですが、やはり持ち運ぶには少しでも小さいほうが正義ですよね。
ちなみに重量は6セル装着本体で1.6kg、ACアダプターを含めると1.8kgに達します。



起動させて真っ先に修正したのはキーボードレイアウトです。
左下のFnキーとCtrlキーを入れ替えて、F1~F12キーがダイレクトで機能するようにBIOSから変更しました。
ホント、左下がCtrlじゃないとmontaは紙芝居ゲームですら満足にプレイできなくなってしまうのです。


6セルバッテリーだと尻が出っ張ってしまうのが不格好です。
何故デフォルトを6セルで設計しなかったのか理解に苦しみます。



SDカードを挿入してもやはり尻が出っ張ります。SDカードを本体ストレージの拡張用として常時挿しておく方は注意してください。



無駄にThinkPadのiの字が電源ランプになっています。
しかし、HDDアクセスLEDとCapsLockLED、NumLockLEDが搭載されていません。
HDDアクセスLEDは必須だと思うのですが何故取り払ってしまったのでしょうか?ideaPadではなく、ThinkPadの名を冠するノートなのに。
仕方ないのでHDDアクセスを監視するフリーソフトを入れてます……。



Core i3-380UMは2C2TなのでタスクマネージャーにはCPUが4つ。



何気にバッテリーの充電率を任意の割合で停止できる「いたわり充電」のような機能が入っていて、18650バッテリー大好きっ子のmontaとしては歓喜です(;´Д`)ハァハァ



初期状態のエクスペリエンスインデックスはこんな感じ。

さて……余興はこれぐらいにして、



SSD128GBとメモリ8GBに換装します!

いやぁ、もうシステムにHDDなんて使っていられないじゃないですか。
カリカリカリカリカリカリと深夜にWindowsアップデートされると夜も眠れませんよね?
あとメモリは4000円で4GBx2枚のDDR3 SO-DIMMが買えるので増設しないと何だか損した気分で(病気



デフォで入っていた2GBメモリは日の丸半導体エルピーダでした。
このメモリは同じくEdge11を買った友人宅にドナドナされていく予定です。



SIMカードスロットとMiniPCI Expressスロットが空いていますね。
何か使い道はありますかね?




そしてこれがSSD、メモリ8GB化したエクスペリエンスインデックススコアです。
CPU:3.7→4.8
メモリ:4.5→5.1
グラフィックス:3.4→3.4
ゲーム用グラフィックス:4.6→4.7
ハードディスク:5.9→7.5
SSDに変えたことで体感速度が大幅にアップ。
グラフィックスが低いのは第一世代Coreiだと仕方ないですね。Sandyだと大幅にアップしてますが、まぁそこまで必要ないでしょう。
Sandy世代のCULVノートが安くなったらこのEdge11を売り払って買い換えればいいだけのことです。
(このクラスのノートを乗り回していくのがコスパ的に最高だという結論に達したので)

まとめ
■良い点
・32800円という価格はコスパ最高
・インターフェースはHDMI、D-Sub、USBx3、GbEを最低限確保
・キーボードは腐ってもThinkPadなので打ちやすい。AS1410のように中央がたわむこともなし
・バッテリーの充電率を設定できる

■微妙な点
・HDDアクセスLEDがない
・弁当箱のようなデザイン
・6セルバッテリーがはみ出す
・SDカードがはみ出す
在庫は減ったと思ったら復活していたりしますが、欲しい方はお早めにどうぞ。
Filed under: PC,日記 — monta @ 20:15

3 Comments »

  1. 私も同じものを買いました。
    説明ではWin7 HPと書かれていたので、OSがProだったのは得した気分です。

    メモリを同じく8GBに増設しましたが、スコアの伸びが少ないのが不思議です。
    個人的にはBluetoothが付いてなかったのが残念でした。
    蛇足ですが私のEdgeに入っていたメモリはhynix製でした。

    Comment by 通りすがり — 2011 年 10 月 1 日 @ 19:02

  2. メモリは2枚挿しにしたことでデュアルチャネル動作になりますが、超低電圧版Core i3ではあまり恩恵はありませんね。

    あと、モバイル機でBTが付いていないのは確かにマイナスですね。
    インカメラよりもBTの方を内蔵するべきかと。

    Comment by monta — 2011 年 10 月 1 日 @ 19:56

  3. 遅まきながら中古で購入しました。

    現在、Lenovoのラインナップでこの価格帯の軽量ノートPCが存在しないのが不思議なぐらいです。

    中古で1万でしたが、SSDを購入してメモリは手持ちで対応。スペック的には現行のCPUと思うと劣りますが、VMウェアでXPを仮想的に動かしながらでもそれなりに動作します。

    正直、標準の2GBでは全く話にならないです。最低でも4GBに拡張しなくては。はじめは4GBでしたが現在は6GBにしました。体感的にはかなり改善されました。

    将来的なことを考えてもこれ以上の投資は本体の購入価格を考えても損なのでしません。ただ仕事用に軽量PCを求めている方の大部分は満足できるスペックだと思います。家電量販店の格安ノートPCよりはるかに快適です。

    Comment by tanaka — 2016 年 1 月 18 日 @ 19:18

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。