2012 年 7 月 18 日

[レビュー]7色ペンライト 瞬色瞬光


[最終更新:2012.07.22 PM13:30]



「瞬色瞬光」とは株式会社ジグより7月18日に発売されたフルカラー(RGB LED)ペンライトです。
7月18日に秋葉原の「でらなんなん」さんにて1380円で購入しました。(定価1575円)


赤、緑、青LEDの点灯をユーザーが組み合わせることで最大7色(赤、緑、青、紫、黄、水色、白)の表現が可能です。
ただし、使用頻度が高いと思われるピンク色は表現できないのでご注意ください。
RGB各色のLEDを単純にON/OFFして加色法にて光を生成しているため、微妙な色表現ができないのです。この辺りの仕様は安さ故ですね。

■外観■

全長は25.3cmとなっています。何故ここまで作っておいて25cm以内に収めなかったのか疑問です。



重量は電池(LR44x4)込みで45.6g。ネオンスティック並に軽いのは大きな利点ですね。



電池蓋はネジ式なので現場での電池交換はご注意ください。



色の切り替えはR-G-B LEDにそれぞれ対応した3つのボタンを手動で組み合わせます。
赤と青で紫、青と緑で水色、赤と緑で黄色という具合です。
加色法を学べるので小学校の理科の教材に最適かも知れません。
なお、4つめのボタンは点滅モードの切り替えです。ライブ会場で点滅をやられるとチカチカして非常に迷惑なので、全てのペンライトは点滅機能を付けるべきではないと思います。



筒は着脱可能ですが、ターンオンやキングブレードの筒との互換性はありません。



フィルムはターンオンで言うところのキラキラ仕様です。フィルムを取り出そうとしましたが、奥で接着されているのか簡単には取れないようでした。



底面にストラップホールがありますが、ストラップ自体は付属していません。これだったらストラップホールを削って、25cm以内に収めた方が良かったのではないでしょうか?

■基板■

分解は容易でネジを5つ外すだけで出来ます。



価格と色切り替えの仕様からコストがかかっていないだろうなと予想していましたが、本当にシンプルな構成です。
フルカラーLEDとダイオードと電流制限抵抗ぐらいしかありません。



LEDの詳細は不明です。



裏面はスライドスイッチだけでした。

■発色■

色ムラはかなりあり、先端まで光が届いていません。



先端処理は特にされていませんが、光量が絶対的に足りないので光漏れはありませんでした。



また、フルカラーペンライトで心配な色分離はありませんでした。
ただし、瞬色瞬光の白色は青みが強い白です。

色の切り替えは動画を用意しましたので以下を御覧ください。
後半、点滅モードも撮影していますが目に悪いので直視しないでください。


実際の明るさについては、
monta@site » コンサート用ペンライトの照度比較


を御覧ください。


■消費電流■
連続点灯時間の値がパッケージに書かれていなかったので、代わりに各色の消費電流値をテスターで測っておきました。
何かの参考にしてください。
mA
17.5
9.5
6.0
22.5
黄色 19.9
水色 9.4
23.6

■まとめ■
■良い点
・電池込みで45.6gという軽さ
・定価1575円という安価な価格設定(大電光改を複数本買うより安い)
・色の切り替えが直感的(理科の教材に最適!)
・水色(空色)が綺麗

■悪い点
・全長25cmを微妙に超えている
・点滅モードがある
・先端まで色が届いていない
・ピンク色が表現できない
・ストラップが付属しない
悪いところもそれなりにありますが、他のフルカラーペンライト(カラフルビーム、エコブレードSS、キングブレードx10)の半額という価格設定を考慮すれば、アリな製品ではないでしょうか。
単純な構造の分、故障も少なさそうです(予想)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。