2009 年 6 月 27 日

マリンちゃん(;´Д`)’`ァ’`ァ




montaの2009年夏アニメ1発目は『うみものがたり~あなたがいてくれたコト』でした。

原作は玉入れ遊具の海物語。
でも、原作からキャラ名だけを頂戴した、ほとんどオリジナルの作品みたいです。
監督はカレイドスター、ふたご姫、ARIAなどで有名なサトジュンこと佐藤順一氏。(ハルフィルムって今どうなってるの?)


SDキャラも可愛くて問題なし。
どこかのキャベツアニメや今やってる錬金術アニメのような○○みたいなSDキャラはホント勘弁ですよw

妹(ウリン)のカットは明らかに性的すぎるだろ……
CV:由子だけあって汚れキャラだったらイヤだなぁ。


尻の描写は良くわかっていらっしゃる。
で、ついついこういうところばっかりに目が行ってしまうのですが、肝心の内容はというと、

「ちょっと良くわからない……」
です。
サトジュンにしてはテンポが悪いです。第1話から前後編って掴みが悪すぎます。
あと、占い師のあのキャラもやたら怒っていたり、沈んでいたりするネガティブな描写が多くて、見ていて気持ちの良いものではないですね。
天真爛漫、無垢なマリンとの対比として置いておいたのでしょうけど。

2話、3話を見てもこのような感じであればピンナップだけ見るアニメになるかなぁ……。





ソフで「セットで買うと1500円引き!」というフレーズにまんまと乗せられて買ってきた、センチュリーの外付けHDDケース「シンプルBOX」とHGSTの1TBHDD「HDT721010SLA360」。
セットで8280円。

正直、HDT721010SLA360ならよくツクモのタイムセールで6980円で出ていることもあったり、外付けHDDケースもノーブランド品でよければ探せばイオシスに1200円ぐらいからあったりするので、得したのかどうか判りませんw
まさか半年も1TBHDDの価格が横ばいになるとは思いもしなかったです。
2月に買ったWD10EADSの「特価6480円」という価格が今でも十分、アキバでの特価価格として通用するって凄い話です。




ケース自体の質感は悪くありません。
どこかのケースように「HDDを包むフレームがプラスチックで全く熱伝導が考慮されていない」ということもないです。
ただ、通気口はあるもののファンは付いていないので夏場は上にCPUヒートシンクを気休めで置くなどの対策はしたほうがいいです。




ACアダプタも小型で好印象。
電源回路をケース内部に組みこんでいる製品もバッファロー等で結構ありますが、電源回路はそれ自体がかなり発熱するので、HDDケースのようにただでさえ熱が籠もりがちなものには不向きかも知れませんね。まぁどちらの方式も一長一短です。



インタフェースはSATA←→USBのみ。シンプルBOXというコンセプトなのでeSATAのように小洒落たモノは無し。
ちなみにPC側の電源と連動してケース側の電源もON・OFFしてくれるようです。

まぁ普通に使える製品だと思います。
Filed under: アニメ,日記 — monta @ 14:51

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。