2007 年 9 月 20 日

初代XboxコントローラーをUSB仕様にしてみた。


まぁ、「何を今さら……」な定番の改造ですよね。


こんにちは、montaです。


用意するもの
・Xboxコントローラー
・適当なUSBケーブル
・半田ごて等の工具

これだけです。



とりあえず、イラナイUSBケーブルを切断して4本の信号線とシールドを取り出します。
ついでにコントローラーを分解しておきます。



面倒なのでコントローラー側のケーブルは根本近くからバッサリと切除してしまいます。
黄色いケーブルは使わないのでもっと短くしてしまってもいいですね。



同じ色同士のケーブルを半田付けして絶縁テープで覆って、熱収縮チューブで囲めば完成です。
あ、一番太い黒いケーブルはUSBケーブルのシールドに半田付けしてください☆



ね?簡単でしょ?



ちょっとこの隙間が気になりますね^^;


ドライバーはXGCを利用しています。


このサイトは360のコントローラーが欲しいmontaがお送りしております。


Filed under: GAME,入力デバイスマニアックス,日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。