2007 年 4 月 21 日

入力デバイスマニアックス:コントローラ『JC-U1008T』



『JC-U1008T』


メーカー:エレコム
URL:「USBゲームパッド – JC-U1008Tシリーズ」
種類:モバイルゲームパッド(8ボタン)
インターフェース:USB
サイズ:小型
電源:USB
連射機能:有り

定価:2,520円
購入日:2007年4月21日
購入店:otto
購入価格:200円
販売形態:ジャンク扱い新品パッケージ品


●安かったので……


最近、秋葉原のパーツ屋でエレコムの旧製品が投げ売りされており本JC-U1008Tもその中の1つであった。
他店が300~400円の価格を付ける中、ottoは200円均一で大放出していた。大変有りがたいことである。


筆者は「餅は餅屋」理論により、ゲームコントローラは家庭用ゲーム機のコントローラをコンバータを介してPCに接続するのが一番だと思っており、現にいくつかのコンバータを所有している。

『PCツナイデント』のようにパラレルポートに接続して(DirectPad)、ラグがほぼゼロな製品から、遅延が問題になりがちなUSBコンバータの中でも良好な応答速度を叩き出す『PSJ-5C PSジョイパッド5』、プロトコル自体がUSBなxboxコントローラ(※要:変換プラグ)等、既に十分すぎるほど環境は整っているので今更サプライメーカーのコントローラを買う必要性は無かった。


しかし、である。


200円なら冒険しようというのがスジである。


そしてどうせ買うならキャッチーで面白い製品である。


そのような経緯でこの何とも小さいゲームコントローラを購入した。




・大きさ比較



●重要度:操作性>>サイズ

フレキシブルケーブルが露出している等、作りが貧弱で激しいコマンド入力が要求されるゲームでは中心から真っ二つになってしまうのではないだろうか?

ボタンの入力のし易さについては察して知るべしとしか言えない。そもそもこのようなゲームメーカー以外のコントローラで良かった試しがない。

USBコネクタは着脱式であるが、コネクタの出っ張りが邪魔である。
細い巻き取りケーブルで内蔵させるべきであった。

さらに、致命的なことに一旦閉めると開けるのが非常に困難で、要の部分であるにも関わらずこのデキに思わず閉口してしまう。


着眼点は面白かったが、技術とセンスが及んでいなかったようである。


Filed under: 入力デバイスマニアックス — monta @ 23:58

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。