2007 年 4 月 15 日

雑記070415


web拍手レス
≫montaさん、今期はアニメのインプレをしないんですか??


こんにちは、montaです。


スミマセン、時間が無くて全部チェックできていません。

とりあえず見ようと思っている作品を稚拙な短文でインプレしておきました。


LINEで送る

Filed under: 日記 — monta @ 23:59
Comments (0)

2007年春期アニメ ファーストインプレッション


の、はずが、誠に申し訳ありません。

流石にTO DOリストが一杯で全ての新番に目を通せておりません。

過去のインプレッション
monta@site:2006年秋期アニメ ファーストインプレッションmonta@site:2006年春期アニメ ファーストインプレッション


過去2回はS A B C Dのランク付けをしていたのですが、これまでの経験上BやCへランク付けした作品はmontaが多忙のためもの凄い勢いでDランクへ移行してしまい完全放置になっていました。

見ない作品について、とやかく言うべきでは無いと思うので「継続して見る」と決めた作品にだけ言及することにしました。

「単に時間が無いからでしょ」とか無粋なツッコミはお手柔らかに。



魔法少女リリカルなのはStrikerS

3作目まで来ればコレがどういう作品かは説明不要ですよね( ´∀`)

「努力・友情・勝利」という、今のジャンプが忘れてしまった要素が全て詰まっている経典です。

OPの「SECRET AMBITION」は曲単体で最初聴いた時、「前2作よりも微妙かなぁ?」と思ったのですがOPアニメと併せて見ると評価が一変します。
相変わらずなのはのOPアニメは1分45秒もあり(通常は1分30秒)、最初と最後にタイトルロゴを計2回出す仕様なのですが、今回も戦闘シーンが動く動く。
特に今回は「魔法少女?何すかそれww」な感じ吹っ切れているらしく、仁王立ちのなのはさん等、どう見ても戦隊アニメです。
それにしても、スバル嬢のヘソと太ももに性欲を激しく持て余します。
草川監督のインタビューによれば、動かすところは驚くほど動かすそうなので少女同士のガチバトルがより白熱しそうで今から楽しみです。



天元突破グレンラガン

ガイナックスが凄い頑張っています。
画面から空気感が伝わってくるOVA、劇場版クオリティですよ(*´Д`)ハァハァ

ストーリーもテンポよく進み、「ドリル」によってこの上無いぐらい燃える展開へと昇華させるのはお見事。
日曜8時半から「おっぱい分」も飽和するぐらい堪能できますYO

何でも、1話は半年前の時点で完成していたとか。このまま勢いを維持できれば間違いなく今期最高クラス

OPテーマがまた良く、「一体誰が歌っているんだろう?」と確認したところ、なんと!「しょこたん」こと中川翔子さんが歌っているんですねぇ。こんなに上手いとは思いませんでした。失礼。



ながされて藍蘭島

スターチャイルド枠

shuffle!の監督もした細田直人氏が描くキャラのかわいいこと可愛いこと(;´Д`)ハァハァ
これもスケジュールに余裕があったらしくアフレコの段階で色が付いていたとか、去年のウチに1話が出来ていたとかでとりあえずは安心できますね。




ハヤテのごとく!

日曜朝10時からKOTOKOにMELLに、くぎゅですか。
分類上は土曜深夜34時なんですかねw

ただ、お話的にはそれほど面白くないんですね。
回りくどいと言うか、テンポが悪いです。

若本さんの安売りも飽きました。若本さんはここぞと言う重要キャラで使ってこそ映えるんですよ。



エル・カザド

ビクター枠
真下監督アニメ。それ以下でもそれ以上でも無いです( ´∀`)
ただ、今作はこれまでのNOIRやMADLAXよりも画面の色があっさりというか、クリアすぎる気がします。

OPはsavage、EDはFJYです。
どちらのファンでもあるから言いますが、savageと梶浦さん作曲の組み合わせは微妙だと思います。



らき☆すた

京アニ×角川枠

良くも悪くも京アニだと思いました。

OPについては他の多くのサイトで手厚く紹介されていると思いますので特に私から言うことはないでしょう。

お話は同じ話題を引っ張りすぎて時間の流れが遅く感じてしまうことも。
「萌え化させたあたしンち」とは中々的を射ていると思います。

ちなみに原作者の美水かがみさんは我が埼玉県にある春日部共栄高等学校の卒業生です。



アイドルマスター XENOGLASSIA


これはまだ見ると決めたわけでは無いんですけどね。

サンライズでロボットの描写も凝っているので気にはなりますよ。

……でも別にこんなにたくさんオンナノコ要らなくね?



sola

久弥直樹原案、七尾奈留キャラデザの当初からテレビアニメ化を前提として発表されたメディアミックス作品

能登ボイスとキャラの性格が微妙に不一致ではないでしょうか。能登ボイスで自販機を蹴られもw

音楽はElementsGardenの藤間 仁さんなんですね。

この手の作品は複線を意識しておかないと後の展開で把握できなくなりそうなので、時間があればじっくりと見たいところなのですがね。




神曲奏界ポリフォニカ

OPにeufonius、EDにkukui(シモツキン)を使っておきながらコレですか……。

原作を読んだほうが美麗な原作絵も楽しめて一石二鳥なんじゃないですか。

何気にOPアニメが止め絵中心で、エフェクトで頑張って動いている「ように」見せているのが涙ぐましいです。


Filed under: アニメ — monta @ 23:58
Comments (0)