2008 年 4 月 13 日

LM4562NA 250円




LM4562NAが秋月にて250円で売っているというので



飛び起きて買ってきました。2つもw


こんにちは、montaです。


「LM4562NA」というのはナショナルセミコンダクターが2006年に発売したオペアンプです。

特徴は何と言ってもTHD+Nが0.00003%という圧倒的な歪みの少なさでしょう。ほぼゼロです。
THD+N(全高調波歪みプラス ノイズ)の定義はググってもらうとして、とりあえず「0.00003%」という数字は今までの普及価格帯のオーディオ用オペアンプよりゼロが一個多いということを知ってもらえれば良いと思います。
バーブラウン等の高級オペアンプでも0.00008%

その高性能ゆえ、今までは若松通商(ボリ松)だと1個600円オーバーしていたのです。
それが最近の円高と秋月の大量仕入れによって1個250円という従来の半額以下の価格が実現!!
これは買うしかありませんw



当然、8本足のよくあるオペアンプです。この中に2回路入ってます。
電源電圧は±2.5V~±17Vまで非常に幅広く対応。




前に作ったヘッドホンアンプ(増幅部の回路は通称:緑本ヘッドホンアンプより流用)に早速組み込みます。
いい加減、空中配線だらけのブレッドボード仮組みをやめてさっさと基板に半田付けした方がいいのですがどうにも億劫でw



本当は金属ケースの方が外部からのノイズを受けにくいらしいのですが、透明のポリカーボネートケースも中身が見えてコレはコレでいいかと。

で、肝心の音は「暖かみのある音というよりも、[乾いた音]」と言った方が適切でしょう。
特別低音か高音かを強調してくれるのではなく、すべての音域を優等生的に綺麗に鳴らしてくれます。リファレンス的な音とも言います。
まぁ、こういうのは結局イメージなのですけどねw 所詮プラシーボ。



せっかくなので手元にあったオペアンプ集合。
個人的にはNE5532の音が好きです。OPA2134より安いのにねw

web拍手レスNA
ミッフィーちゃんの目覚まし時計…朝ですよ。起きてくださーい。起きないと私困っちゃうっていうんですよね

良くご存知でw 勝手に困ってろって感じでいつも耳にチョップしてます。耳にスイッチが無いのが残念w


誕生日おめでとう。でも全然会えないからプレゼント渡せないな嗚呼困った困った


プレゼントは一年中受け付けているのでいつでもおkw


このサイトはたまに工学系っぽいアイテムを載せるmontaがお送りしております。。


Filed under: Audio & Visual,日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。