2007 年 7 月 24 日

脱北は一筋縄ではいかない。


今日は部室へマザーボードとE4400を持ち込んで何がエラーの原因か検証してきました。


こんにちは、montaです。


正常に動く環境があるのはいいことです。




かなり際どい感じに検証中♪


それはそうと、部室のC2DなPCのヒートシンクを外したら思わず絶句w



海原雄山先生曰く、「このグリスを塗ったのは誰だぁぁ!!!」
こんなに大量のグリスを汚く塗りたくるなんて……
これを組んだ先輩はグリスの塗り方を知らなかったのですかね?
グリスは薄く塗るものです。


グリスの件は置いておいて、とりあえず部室のP5B DELUXEにE4400を取り付けたら普通に起動してくれました。一安心。


続いて、マザー側の検証。

今度は逆に私のNFORCE 570 SLIT-Aに部室PCのE6600を取り付け。



起動確認!


というわけで、結論が出ました。

マザーボードのBIOSが古かったのです。

このマザーは中古で買ったのですが、BIOSは去年の9月のままだったようです。
最新版は今年の3月付けで出ていたのですから、前オーナーはアップデートをしてくれていても良かったのでは。

※E4300は2007年1月、E4400は4月に発売。
それ以前に発売されたマザーボードでもだいたいデフォで対応できているはずなのですが、一部でBIOSの更新が必須なものがあったようです。



BIOSをアップデートしたら無事に起動することができました☆





ついでに部室のE6600、GeForce7900GTの環境でゆめりあベンチを回す。回すったら回す。
最終的にスコアが5万超えしていて格の違いに愕然とするw


まだテストが終わっていないので、今日は検証だけやっただけでした。


このサイトは故障じゃなくて心底安堵しているmontaがお送りしております。
Filed under: PC,日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。