2007 年 12 月 27 日

星の海へ…


何だか一部で流行っているみたいなので


スターオーシャン買ってきたよー( ゚∀゚)ノシ


こんにちは、montaです。


スターオーシャンと言えば『ドラクエのエニックス』が「ドラクエ以外の柱」を探してやっと花咲いたシリーズですね。
花咲くまでの裏には、アクトレイザーとかソウルブレイダーとか天地創造とかガイア幻想記とか俗に言う「クインテット三部作」がありました。どれも名作だと思うのですがややマイナーなのが残念です。

さて、このスターオーシャン、開発にはナムコから発売されたテイルズオブファンタジア(SFC)の主要メンバー(元ウルフチームの人々)が携わっているため、グラフィックの色使いから効果音・サウンドドライバの音色に至るまでファンタジアと非常に似ていました。

また、ゲーム終盤では明らかに意味ありげながら何のイベントも起きないオブジェクト(主に氷付けの翼人とかw)が多数見受けられ、『あぁコレは設定に挙げたイベントを全て作っている時間が無かったんだなぁ……』と思えることこの上無しの展開となっておりますので難産ゲーマニアにもオススメします。(しかしながら、ちゃんと隠しダンジョン(七星の遺跡だっけ?)が用意されているのもポイントw)

で、何で今になってスターオーシャンなのでしょう???(´・ω・`)


【2ch】ニュー速クオリティ:最近のフランス書院ってラノベ風官能小説出してるらしい

美少女文庫は最近じゃねーだろww 4年以上前に発刊開始であります( ´∀`)

美少女文庫は二次元ドリームノベルズ・二次元ドリーム文庫に比べて圧倒的にライトなので二次元系に食傷気味な御仁に需要があるのでしょう。
揃っている作家さんもハードなモノはまだまだ書けないみたいですし。
 例 R25:「フランス書院」新人賞をなんと16歳高校生が受賞!
そう言えば「ゼロの使い魔」で印税生活を送れそうなヤマグチノボル氏も山口昇一名義でいくつか書いていた気がします。

とりあえず↑の朝日の記事で紹介されている同人誌「フランス書院美少女文庫総解説」 は手に入れたいと思います。(公式での通販を利用する形になりそうですが。)


このサイトは中古PSP(良く判りませんが「CFW」って書いてあるモノがあるらしいですね。注意しないと!!!11)の落札価格の下落推移を見守るmontaがお送りしております。


Filed under: GAME,日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。