2007 年 8 月 5 日

ヘルプデスク070805


友人がCore2 QuadでPC一式を組み立てたは良いものの、どうやっても起動しないというのでサポートに行きました。


こんにちは、montaです。


友人のPCのSpec

CPU:Core2Quad Q6600
MB:Asus P5B-Plus Vista Edition
VGA:GeForce 8600GT
Mem.:DDR2 800 1GB x2
HDD:HGSTの500GB x2

「社会人様は金のかけ方が違うなぁ……」と。


とりあえず、どのパーツが癌なのか調べるために、ウチの正常に稼働しているパーツに差し替えて動作検証。

ビデオカードとメモリと電源を差し替えても起動しないことから、少なくともこれらは問題なさそう。


どうやってもビープ音が鳴らない(メモリを抜いて起動させても鳴らない)ので、問題はやはりマザーとCPUのどちらか。

Q6600が初期不良なのかと思い手持ちのE4400に換装するも起動しない。

P5B-Plusの発売は2007年2月なので、4月発売のE4400にも既に対応していてもおかしくないのに起動してくれず、手に負えなくなりました。

部室のP5B Deluxe(2006年夏発売)では初期BIOSにE4400を載せても一応、「CPU μcode loading error 」と出ることは出るがBIOSは起動してくれるので、後になって発売されたP5B-Plusで起動しないわけがないのです。


というわけでP5B-Plusの初期不良という結論に達して、後日ショップ(ツクモ)に持って行くことになりました。



~後日談~
ツクモで検証したところ、P5B-PlusのBIOSのバージョンが終わっていたとのこと。
E4400は別として、始めから対応を謳っているQ6600が起動しないってどんなクソBIOSだよwww


……ん、そう言えばQ6600は7月の価格改定でステッピングがB3からG0に変更されていましたね。

確かステッピングが変更されると古いVerのBIOSでは起動しないことがあったはずです。

ステッピング変更に関して言えば、非常に迷惑な話で新規にプラットフォームを変更して組むユーザーは一端古いCPUを買って(これだとLGA775のCeleronとか)、BIOSのVerを上げてから目当てのCPUに換装しないといけなかったりすることがあるわけです。
ただ、今回の場合はどうやら店員が、「お客さん、この構成なら問題なく動きますよww サーセンwww」と宣っていたため、厳密には初期不良に該当しないBIOSのアップデートも無料でやってくれたみたいです☆


このサイトは次の部室PCにはQ6600とVista64bitを載せようと企んでいるmontaがお送りしております。


Filed under: 日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。