2008 年 2 月 13 日

一次選考080213


今日は以前話したテクニカルライティング系の会社の一次選考です。要は筆記試験です。


こんにちは、montaです。


「はい、いいえ」で答える性格適性検査が40分。全部で300問以上もありました。言い回しを変えただけの同じ内容の質問が後から後から出てきたり、「私はウソをついたことはこれまで一度もない」というような虚栄心をチェックするテストですね。

次の能力検査は50分とあったので、てっきり「SPI2-Aかな?」(SPI2-Uは能力70分)と思っていたら何やら違うテストのようです。
言語分野なしで数学だけの問題でした。
解答用紙の左上の「MATH」と書いてありましたが、それはテストの名前ではなく単に数学であることを意味しているだけかも?
問題自体はGABとSPIが合わさったような感じです。いじわるなモノは出ません。
ただ、大問ごとに時間制限が設けられています。それぞれの問で測っている能力の領域が違うのでしょうね。

能力検査の次は国語のテスト。確か40分。
国語、特に故事成語の読みが苦手な私はわざわざamazonで

こんな本を中古で取り寄せて勉強していたのに、出た問題は「次の文を一文一意に直せ」、「次の文の句読点の位置として正しいモノはどれか」「次の文章の( )に入る接続詞を選べ」みたいな普通のテキスト力があれば誰でも解けそうなレベルでした。
故事成語なんて出ませんでしたw まぁ、漢字の読み書き問題は少し出ましたが。
面白かったのが「次の文には2通りの意味がとれる。それを書け」

Q:『AはBのように体操しない』


・Bさんが体操しないのと同様にAさんも体操しない。
・Bさんは体操するがAさんは体操しない。
・Aさんは体操はするが、そのやり方(体操法)はBさんと違う

てな感じに3通り書いてしまったのですがw
いささか強引な解釈かもしれませんが、私のように3通り考えてしまう人間も少なからずいるはずです。
皆さんはどう思いますか?


最後に作文がありました。
この企業はエントリーシートの提出が無かったので、恐らくこの作文がエントリーシートの代わりになるであろうと思っていたら実際そうでした。
題目は「これまでに苦労したことと、その解決法について書いてください」
予め散々エントリーシートを書いていればスグに書けますね。自己分析って奴ですか。あまり好きな言葉じゃないのですが。

結果は2週間以内にわかります。


web拍手レス

劾鯵・穫穫(゚@~)


文字化けしてますよw 11日の22時台に送信した人。


Fuyuki Fukikae Ⅱ ‐ニコニコ動画(RC2)

前に紹介した吹き替えの新作。これぐらい本家も面白いといいのですが。


このサイトは往復で電車賃が3000円近くかかるmontaがお送りしております。


Filed under: 日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。