2007 年 11 月 19 日

『ORCHESTRAL PIECES FROM LOST ODYSSEY & BLUE DRAGON』レポート




箱○のブルードラゴンとロストオデッセイのオーケストラコンサートに渋谷オーチャードホールまで行ってきました♪

注意:以下のテキストは作曲担当の植松伸夫氏、プロデューサーの坂口博信氏、および植松ラヂヲ、犬耳ラジオについて多少なりとも知識がある人向けに書かれております。

こんにちは、montaです。


S席(5000円)じゃなくて安いA席なのは、実はブルドラをやってなく(360すら持ってないですし)、曲に思い入れがないからです(´・ω・`) (ロスオデはそもそもまだ未発売)

チケットは植松伸夫師匠のファンクラブ(のびよのしっぽ)会員なら先行でS席、A席好きな方を買えたのですが、montaは『ブルドラに大して思い入れのないmontaがS席を陣取ってしまっては、ファンクラブ非会員のブルドラファンにとって申し訳ない』と思ってA席で譲歩しました( ´∀`)

つか、ファンクラブの運営は未だにスクエニなんですよね。
植松さんはスクエニから独立しちゃいましたし(さらにラジオでお馴染みの松下プロまで植松さんの会社に異動)、今回のコンサートもマイクロソフト主催で全くスクエニが関係ないのにファンクラブ会員に優遇とかしていてよろしいのでしょうか?w




PM17:45ごろに渋谷オーチャードホールに到着しました。

コンサート自体の開演は19時からですが、18時からロストオデッセイの完成披露宴が予定されているのです。



ロスオデの体験プレイもできました。



かなりのマスメディアを呼んだのか、ホール内1階ステージ前、サイドバルコニーにはカメラがたくさん並んでいましたよ。

予定より15分ほど遅れて(18時15)にロストオデッセイのイベントが始まりました。
(最終的に)ゲストを含めてステージに上がったのはプロデューサーの坂口博信氏、音楽の植松伸夫氏、シナリオの重松清氏、カイム役の豊川悦司氏、ヤンセン役の豊原功補氏、サラ役の上原多香子氏の計6人です。


最初にPVが流れました。どこかの工業都市が映し出されます。
360クラスになるとプリレンダなのか、リアルタイムレンダ(ハイポリ仕様)なのか解らないですねw (普通にリアルタイムでもHDRが使えてしまいますし)
音楽は哀愁感漂う女性コーラス入りの植松曲です。


次に坂口氏自らがコントローラーを持ってロストオデッセイをプレイ。
どこかの塔を調べようと入り口に進入したところ、背後の崖から軍勢に包囲されてバトルに突入という場面です。
バトルシステムは至って普通のコマンド選択式ターン制で、王道と言えば王道なのですが、『正直、テンポが悪いな……』と思ってしまいました。一々、剣を構えて敵に突っ込んでいくのを何度も見るのは飽きてきます。魔法体系はFFとほぼ同様です。

前回の発表イベントでは全滅してしまったようですが、今回は無事に勝てていました。(難易度は割と高めとどこかで聞いた気がします。)

続いて重松氏と植松氏が登場して開発の経緯等が語られました。
坂口氏は今現在もハワイに住んでいるそうです。(確かスクウェアUSAの設立の際にホノルルに移ったのだと思います。)
重松氏は坂口氏に『ゲームはやったことがないからどう書けばいいか解らない』と伝えたところ、「今までのゲームと違うことをやるんだ!」と返ったきたそうです。



会場では明日発売の『永遠を旅する者』が先行販売されていました。迷った末、見送りましたが……。


植松氏『某社でファイナルファンタジーという作品の曲を作っていた植松です』には会場も笑。あ、もちろん今回も作務衣です。
坂口氏は『違う場面で、以前と同じ曲を使い回すのが嫌』とのことで植松氏にかなりの曲数を注文してくるそうです。(FF9とか凄まじいものがありましたねw) その代わり作風は自由にしてくれるそうです。(『いつもの植松さんの音楽が聴きたい』とのこと)
かなり輝いている40代のおっさん達です。(褒)

その後、サプライズゲストとして豊川氏、豊原氏、上原氏が登場。
率直な感想を言ってしまえば、本職の上手い声優さんを使って欲しかったところです。
もっとも、俳優さん達を使ったからこそ今日の場にこれだけの報道陣がいるわけですが。

最後にフォトセッションをしてロスオデのイベントは終了しました。

出だしが遅れたので、19時20分ぐらいからコンサートの開演となりました。

-プログラム-

■第1部『ブルードラゴン』

01:水辺
02:嘆きの鐘~地鮫が来る!~危機のメドレー
03:大地を進め
04:洞窟
05:笑顔
06:剣聖師団
07:Blue Dragon Main Theme


■第2部『ロストオデッセイ』

01:メインテーマ
02:戦場
03:暗闇の放浪者
04:大航海
05:強敵出現!
06:Eclipse of Time
07:What You Are

アンコール:水辺 ~ピアノとオーケストラのための~
ブルドラで主題歌を歌っていた気がする川澄綾子さんは来ませんでした。
中ボス曲(Eternity)を歌っていたイアン・ギランさんも当然来ませんでした。
演奏中、スクリーンではゲーム中のイベントムービーが流れていました。プレイしたことがない人でも安心です☆
『地鮫が来る!』は確かアニメのブルドラ(早々と切りましたが)でも使われていた気がします。

オケアレンジについては、そもそも原曲を良く知らない曲が圧倒的に多いので言及は避けますね^^;
あと、司会の人の段取りが悪かった気がします。

montaの席は3階だったので双眼鏡かオペラグラスを使わないとステージ上の人の顔は見えないのですが、なんと!第2部の途中で植松さんと松下プロが目前を素通りして行ったのです!
お二人は3階席のセンターの一番上からホール全体を見渡していたように見えました。
今回のコンサート、集客率はどれほどだったのでしょう?
3階席は両サイドの奥がゴッソリ残っていましたし、入り口の受付ではチケットを持って入場する列とは別に、招待状か何かと引き替えていた列もあったので、もしかしなくてもチケットの捌けが悪かったと予想します……。
とは言え、いつものFFコンサート同様、女性層がかなり多かったのは変わりませんでした。やはり植松氏の人柄が温かく良すぎるので女性のファンも多いのでしょうね。


コンサートはだいたい21時ぐらいに終了となりました。
「いつもより何か短いな」と思ったらMCの時間がかなり少なかったのですね。

関連:
マイクロソフト、Xbox 360「ロストオデッセイ」完成披露記者会見。豊川悦司さん、豊原功補さん、上原多香子さんが特別ゲストで登場


このサイトは平日開催なのが気にかかるmontaがお送りしております。
Filed under: GAME,リアルレポート,日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。