2007 年 11 月 10 日

アニ明治


アキバ総研-明治大学アニメ・声優研究会主催「ef – a tale of backstage」イベントレポート! minoriの酒井Pらが業界裏話を…!?-[秋葉原総合情報サイト]

この間ちょろっと取り上げた明大の神イベントのレポートです。

今回のイベント「ef – a tale of backstage」は明治大学公認文化系サークル「明治大学アニメ・声優研究会」によって開催されたもので、イベント整理券が朝10時配布開始にもかかわらず、朝8時半の段階で50人ほどの列が出来ていたという盛況っぷりであった。いざ、開場になるとみるみるうちに席は埋まり、最終的に200名近いファンが集まった。


そりゃぁ集まりますわなw


こんにちは、montaです。


何でこんなメジャーなタイトルのイベントが開けるのか気になって色々と明大アニメ・声優研究会さんについて調べてみました。

設立は1999年で、当時は弱小サークルだったのが2005年の時点で100名を超える規模(現在は150人超え)に達したそうです。

『声優やクリエイターのイベントの企画・運営』、コミケで同人誌の頒布、会報誌(その名も『アニメイジ』)の発行等を主な活動としているみたいですね。

2004年にも『東方の夜明け』という、タイトルからして誰がゲストなのか判るイベントを開催しています。

サークル沿革の2002年の時点でますみんや、くぎゅを呼んでいたことから先見の明がある人間がいることが伺えます。(ブロッコリーの社長まで来ていることに驚くw)

なるほど、過去の実績がしっかりとあるのですね。

それと、Webサイトに必要事項が満遍なく記入されているのがいいですね。
ウチの部活のサイトももう少し充実した方がいいと思いますw 連絡先のメールアドレスが2つもあるとかカオスですw(アカウントを引き継いで機能させているのでしょうか?)
あ、そう言えば黒マントさんが今年の4月ぐらいに『HP班を起ち上げようかな』とか言っていた気がするのですがあれから全く音沙汰がありませんね……。

高音質なベイ内蔵「鎌ベイアンプ」発売、改造品のデモも
高音質改造版KAMA BAY AMPがデモ中+1,000円と半田ごて?

6000円という低価格ながら10W x2のデジタルアンプ(YAMAHA YDA138(D-3))がCPUクーラーでお馴染みのサイズさんから発売されました。その名も『鎌ベイアンプ』
結構見た目(ターミナルやボリュームのツマミ)が豪華です。一般のオーディオメーカー製だとどんなに安くてもアンプは1万円超え確定なところ、6000円で出してくるのですからPCパーツメーカーのコストダウン力は図り知れませんw
ちなみにヘッドフォン端子はデジアンじゃない(AB級動作)ので注意です。

BLESSはコンデンサをMUSE FX、FGに換装したみたいですが、≫『聴き比べた結果、違いが思ったより小さかった』とのことで余り効果はないみたいです。
それもそのはず、ここに並んでいる電解コンデンサは全て電源回路のコンデンサでして、『音声信号は全く流れません』
電源部のコンデンサを変えて音質に違いはあるのかどうかと言われれば、そりゃ『ある』のでしょうけど、スピーカーを高級なものに変えた際のレベルを10とするなら、電源部のコンデンサ交換は0.1とかそこら辺のレベルだと思いますよ。

鎌ベイアンプの基板に載っている抵抗も動作モード切り替えに使われているだけでやはり音声信号には関係ありません。

というわけで、『改造して最強音質計画だぜー、ふぁははー!』と思っていた人々は肩すかしを食らった感が否めませんw
唯一変えて効果がありそうなのが、『ボリューム』と『配線』ぐらいだというのが何とも……。

でもそこら辺の安いミニコンポのアンプよりスペースも取らずに音質もマシなことには変わりませんから一台あってもいいかも知れませんね。


このサイトはLS-VH7でデモするBLESSがPCパーツ屋っぽくて好きなmontaがお送りしております。


Filed under: 日記 — monta @ 23:59