2008 年 1 月 11 日

true tears 第01話『私…涙、あげちゃったから』


『true tears』と言えばブロッコリーとサーカスが手を組んで作った全年齢PCゲーですよね。
売上げは芳しくなかったようで発売当時はさして話題にもならず、(ブロコのことだから)当初から目論んでいたであろうアニメ版もひっそりとフェードアウトしていく運命でした。
ちなみに↓のようなキャラデザのゲームです。(※転載)

こんにちは、montaです。


montaもゲームのtrue tearsについては『本編はともかく、佐藤ひろ美姉さんの歌うOP「Tears in snow」(作・編曲はもちろん上松範康氏)は隠れた名曲だなぁ……(;´Д`)』ぐらいしか知りませんでした。

そんなtrue tearsが今になってアニメ化だと言うので、『あんな売れなかったゲームのアニメだなんて、ついにブロッコリー逝ったか……』と皆が思ったことでしょうw

しかし、そこは流石に向こうも「普通にアニメ化しても誰も買わないだろ……」と空気を読んだのか『キャラ、声優、世界観、ストーリー全てアニメオリジナル。原作との共通点は[涙がテーマ]というコンセプトだけ! 』という京アニが聞いたら鬱血してそのまま帰らぬ人になってしまう英断に踏むきりました☆

この手のゲームでオリジナルに走るのは、原作信者様から見放されるので最大の禁忌とされてきましたが、true tearsの場合は『そもそも原作信者が圧倒的少数』だったので何ら問題ないようですね^^; (素直に喜べませんが)


前置きはこの辺にして早速見てみましょう。

OPがeufoniusな時点でmontaの中の5つ星ゲージのうち、1個が点灯です(*´д`*)
BGMもeufoniusの菊地 創氏が担当。この時点で2個目の星が点灯w 菊地氏の劇伴は双恋(ぬるい方)以来ですね。

上田夢人氏のキャラデザも変に媚びすぎていなく好感触。
制作はこれまでProduction I.G.の下請けをやっていたP.A.WORKS。元請けはこれが初ですが、動きやCGの使い方がとても高水準です。

純日本建築の立派な家屋敷です。舞台は富山県だそうです。「地方萌え」アニメがまた1つ誕生ですか。

主人公は同人作家、絵本作家を目指す高校生、仲上 眞一郎。


ヒロインは3人居るようです。

1人目は
訳あって主人公の家で暮らすこととなった、湯浅比呂美たん。声は名塚。
一応幼なじみだが、最初の虚ろな瞳に黒化の兆候あり。
あまりにタイプなので3つめの星が点灯w


2人目は
ニワトリ大好き属性のちょっと電波が入っている、石動乃絵たn。声は高垣彩陽。つまりVVVのるちゃーさん。VVVよりは上手くなってきた。


3人目は
今川焼き屋の看板娘、安藤愛子タソ。声は井口裕香。つまりアニマスの春香。
主人公より1個年上。背が小さいのがコンプレックスだが、目測では一番おっぱいが大きそう。つまりむっちり。
1個年上ってことは先に卒業してしまうわけですよねー。地方なので都心の大学に進学してしまうルートもあったり。主人公は大変だ。



さて、今回のターゲットは家に帰ってきたばかりの主人公、眞一郎。
汗のにおいが気になるのか、向かう先は風呂。
何の躊躇もなく戸を開けた次の瞬間!!!

ナント、そこには風呂に入ろうと脱衣していた比呂美がいるではないか。

しかも『しまぱむ装備』だと言うからもう手に負えない。

monta:「あれには参りました。てっきり高尚な人間ドラマが展開されるアニメだと思っていたら何の前触れもなく縞々が登場したのです。しましまです。するとどうでしょう?私の中の5つ星の全てが一斉に点灯したではないですか!もうこれだけで毎週欠かさずの視聴が決定しましたよ。」

言葉も出ず部屋へと逃げ帰る主人公。悶々とした気持ちをどうするかと思いきや

おもむろにティッシュ箱を取り出すではないか!
これにはテレビの前の視聴者もドン引き。

眞一郎:「仕方なかったのです。高校生の自分にさっきの出来事はあまりに刺激が強すぎたのです。その刺激によってインスピレーションがマックスに達してしまいました……」

そして出来たのがこのニワトリを模したティッシュ箱だというから驚きである。


1話だからなのか過剰なまでのサービスショット。
フロントホックまで投入してくるとは恐れ入りましたw
作品の空気からしたらそこまで媚び売らなくても十分良いと思うのですが、こういうシーンがあるか無いかでやはりDVDの売上げが違ってくるのでしょうね。あまりまじめに作っても売上げが爆死ですからね(´・ω・`)

着替え覗きイベントの翌日の朝食での一コマ。ちょww 制服が透けてる
昨日と同じ縞パンなので主人公の視野だと言うことが判ります。判ります、が、別にこんな露骨な描写をしなくとも……w


茶碗にゴハンをよそってくれるなんて……もう嫁じゃないですか。


EDを歌うのはcolorless windがスマッシュヒットだった結城アイラさん。微妙にネタバレ気味なEDですw
不思議なことに結城アイラさんのプロフィールを含めた情報はランティスの意向なのか全く表に出てこないのですよね。勿体ないです。
一説には「LOVELESS」のOP[月の呪縛(カース)]を歌っていた『翁鈴佳』さんではないか?というウワサもあるようですが真相はいかに。


ということで5つ星ゲージがマックスになったので今期はtrue tears株を全力買い決定です。

このサイトは
Fateは文学
鳥の詩は国歌
CLANNADは人生
ハルヒは哲学
D.C.~ダ・カーポ~は純愛
SchoolDaysは神話
efは旋律
Myself;Yourselfは昼ドラ
true tearsは真実 (New!)
H2Oは格差社会 (New!)

のmontaがお送りしております。


Filed under: アニメ,日記 — monta @ 23:59