2008 年 1 月 30 日

会社説明会080130


今日は横浜のちょっと先にある某社(※某総合電機メーカーの系列会社)に行ってきました。


こんにちは、montaです。


その会社は「テクニカルライティング」をメインに据え、某総合電機メーカーのグループ各社が製造するハードウェア・ソフトウェアのマニュアル制作、ドキュメント整備、Webサイト構築、翻訳等を一手に引き受ける業務をしておりまして、正直、私としては最も行きたい会社の1つだったりします。

この際、言ってしまいますと私は某ITニュースサイトの「編集・制作」も希望しているのですがそちらは毎日が充実し過ぎて終電まで帰れない気がするのです……。(受かってもいないのにこんな話をするのもアレですが)

その点では先の会社はプロジェクトのピーク時にはそりゃぁ残業がありますが(残業が無い会社は無いだろw)、基本的には堅実なプロジェクトスケジュールを組んでいる会社ですので酷いことにはなりません。(親会社の規模からして潰れることもないでしょうし。)
何でそんなに忙しさに凝るかと言うと、私としましては就職しても自分の時間が欲しいのです。まだまだこのmonta@siteも続けたいですし、人様に売れるようなクオリティのコンテンツを作ることも諦めたわけではありません。人間誰しも、「自分の名前を売る」ことを夢見ると思いますが、実は密かにそのような野心が大きかったりする人間です。いわゆる名誉欲ですか。

だからと言って仕事の方を疎かにするのではなく、難しいことですが趣味と仕事の両立を目指したいのですよ。
社会人で同人活動をしておられる方々はたくさんいますが本当に尊敬しています。イニシャルGやTAMの中の人はどうやってあれだけの創作物を作れる時間を捻出しているでしょうかね?

そもそも別に同人活動に凝らなくとも先の「編集・制作」職で経験を積んでライターとして自立できれば自分の名前が様々な誌面・サイト上に残るわけですので、時間は掛かるにせよ夢を果たせないこともないのですね。

青臭いことですが、これからの人生の指針ですから良く考えておきたいです。


さて最初に「横浜のちょっと先にある~」と言いましたが、さいたまから横浜だと数回の乗り換えを経て2時間ぐらい通勤にかかるのでちょっと考えてしまうところです。
……です、が!なんと2009年横須賀線・武蔵小杉駅が開業するらしいのです。
さいたまから都心に出るルートは、大宮駅をターミナルとすると京浜東北線、埼京線、湘南新宿ラインが知られていますが、実はもう一本あるのですよ。(いや、つくばエクスプレスじゃないですw)
それは埼玉の辺境にある「さいたまスタジアム」最寄り駅である「浦和美園駅」から伸びる、『埼玉高速鉄道線』です。
埼玉高速鉄道の路線範囲だけでは赤羽岩淵という東京の最北端にしか届きませんが、そこから東京メトロ・南北線に切り替わって(直通運転)、王子→駒込→後楽園→永田町→六本木→目黒 というように東京を縦断するルートを通るのです!

そしてさらにここからが本題。南北線を経て目黒駅から先は東急目黒線として直通運転をし、田園調布駅や多摩川駅を経て、最終的には神奈川県の『武蔵小杉駅』に到達するのですよ。
何気に埼玉←→東京←→神奈川を結ぶ素晴らしいルートなんですよ?皆さん知っていましたか?端から端まで1時間20分かかりますけどね!

結論から言うと、武蔵小杉駅に横須賀線が通ることにより乗り換えは1回で済むことになるのですよ。(※その某社は横須賀線沿線にある)
しかも埼玉側の始発駅近くで乗れば毎日1時間ちょっとを座って通勤できます。帰りの武蔵小杉駅も始発駅なのでやはり座れますw
座れれば睡眠時間の確保だろうと、ZERO3でテキストのチェックだろうと何だって出来ますからね。決して無駄な時間にはなりません。

丸で私に合わせたかのように丁度2009年に開業することからコレは何か運命的なモノを感じてしまいます(*´д`*)


このサイトは湘南新宿ラインがややこしくて嫌いなmontaがお送りしております。


Filed under: 日記 — monta @ 23:59