2007 年 11 月 12 日

TAMAYOサウンド再び


アニメ『ナイトウィザード The ANIMATION』のエンディング曲を歌うBETTA FLASHに直撃インタビュー!!

≫BETTA FLASHは、ZUNTATAやアルフ・ライラ・ワ・ライラなどに所属しゲームミュージックシーンで著名なTAMAYOと、透き通るような広がりのある歌声が特徴的なCyuaのふたりによるユニット


「レイ」シリーズのTAMAYO(河本圭代)様キタ━━━━━━m9(゚∀゚ )━━━━━━!!!!


こんにちは、montaです。


ナイトウィザードは余りの90年代臭に即行切ってしまったのですが、劇中BGMもTAMAYOさんが手掛けていたとは……(*´Д`)
チェック不足でした。
TAMAYOさんと言えば、元タイトーでZUNTATA随一のメロディメーカーですよね。レイフォース、レイストーム、レイクライシスは余りにも有名です。知らないとか困ります。
個人的には「SLAUGHTER HOUR」、「PENETRATION」、「G」、「ORIGIN」、「GEOMETRIC CITY」あたりが好きなのですが余りにも普通すぎますかね?

さて、そんなTAMAYOさんも落ち目のタイトーを退社してしまい、『一体今は何をしているのだろう?もう音楽は作らないのだろうか?』と思っていたらBETTA FLASHというユニットを組んで新生してくれました。
BETTA FLASHは今のところ、「作詞・作曲・編曲:TAMAYO」という構成で、売り出し方はFictionJunction YUUKAに近いものがありますね。(FJYも作詞作曲全て梶浦さんが担当)

TAMAYOサウンドファンなmontaとしては見逃せません。

ちなみにレンタルマギカは元スクウェアでバウンサーやFFX-2の楽曲の一部を手掛けていた江口貴勅氏が担当しています。


春にイトケン(伊藤賢治氏)が『この青空に約束を』を、サッキー(崎元 仁氏)が『ロミオ×ジュリエット』を手掛けていたのにもビックリしました。

最近は元ゲームコンポーザーのアニメ等への起用が目立ちますね。とても良い傾向だと思います(;´Д`)

思えば菅野よう子女史も元はコーエー(当時は光栄ですね)のコンポーザーですね。


このサイトはアニメのサントラは高くて嫌いなmontaがお送りしておりますw


Filed under: 日記 — monta @ 23:59

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※コメントの反映には2時間ほど時間がかかります。それ以上経過しても反映されない場合、スパムとして振り分けられている可能性がありますのでURLを含まない本文や日本語の名前で再投稿してください。